質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
86.02%
Windows 10

Windows 10は、マイクロソフト社がリリースしたOSです。Modern UIを標準画面にした8.1から、10では再びデスクトップ主体に戻され、UIも変更されています。PCやスマホ、タブレットなど様々なデバイスに幅広く対応していることが特徴です。

IPv6

IPv6は、インターネットプロトコルの一つ。主流となっているIPv4に変わるものとして設計されました。IPアドレスの需要の増大を予見して開発されたもので、従来よりも多くのIPアドレスの作成が可能です。

IPv4

IPv4(Internet Protocol version 4)は、インターネットプロトコルの一つ。インターネットに繋がったコンピューターや機器を識別するためのIPアドレスを32ビット表記で表わします。しかしIPv4は、限界があるため、IPv6が次世代プロトコルとして注目されています。

Next.js

Next.jsは、Reactを用いたサーバサイドレンダリングなどを行う軽量なフレームワークです。Zeit社が開発しており、nextコマンドでプロジェクトを作成することにより、開発環境整備が整った環境が即時に作成できます。

Q&A

受付中

WSL2上で起動した開発サーバにWindows側からホスト名:ポート番号で接続できません

miya-38
miya-38

総合スコア0

Windows 10

Windows 10は、マイクロソフト社がリリースしたOSです。Modern UIを標準画面にした8.1から、10では再びデスクトップ主体に戻され、UIも変更されています。PCやスマホ、タブレットなど様々なデバイスに幅広く対応していることが特徴です。

IPv6

IPv6は、インターネットプロトコルの一つ。主流となっているIPv4に変わるものとして設計されました。IPアドレスの需要の増大を予見して開発されたもので、従来よりも多くのIPアドレスの作成が可能です。

IPv4

IPv4(Internet Protocol version 4)は、インターネットプロトコルの一つ。インターネットに繋がったコンピューターや機器を識別するためのIPアドレスを32ビット表記で表わします。しかしIPv4は、限界があるため、IPv6が次世代プロトコルとして注目されています。

Next.js

Next.jsは、Reactを用いたサーバサイドレンダリングなどを行う軽量なフレームワークです。Zeit社が開発しており、nextコマンドでプロジェクトを作成することにより、開発環境整備が整った環境が即時に作成できます。

0回答

0グッド

1クリップ

222閲覧

投稿2022/09/12 15:15

前提

WSL2上で起動したNext.jsの開発サーバにWindows側ブラウザからホスト名で接続したい。

npm run dev

のコマンドでWSL2上でNext.jsの開発サーバを起動し、

ready - started server on 0.0.0.0:3000, url: http://localhost:3000

と表示されている。

Windows側のHostsに

127.0.0.1 local.test.jp

を追加し、http://local.test.jp:3000にアクセスすると
「このサイトにアクセスできません local.test.jp で接続が拒否されました。」
と表示される。
しかし、http://localhost:3000 にアクセスすると正しく表示される。

PowerShellで

Test-NetConnection local.test.jp

を叩くと

ComputerName : local.test.jp RemoteAddress : 127.0.0.1 InterfaceAlias : Loopback Pseudo-Interface 1 SourceAddress : 127.0.0.1 PingSucceeded : True PingReplyDetails (RTT) : 0 ms

が表示され接続できるが、

Test-NetConnection local.test.jp -port 3000

とすると

警告: TCP connect to (127.0.0.1 : 3000) failed ComputerName : local.test.jp RemoteAddress : 127.0.0.1 RemotePort : 3000 InterfaceAlias : Loopback Pseudo-Interface 1 SourceAddress : 127.0.0.1 PingSucceeded : True PingReplyDetails (RTT) : 0 ms TcpTestSucceeded : False

と表示されTCP接続に失敗する。

実現したいこと

開発サーバにWindows側ブラウザからhttp://ホスト名:ポート番号 で接続したい

発生している問題・エラーメッセージ

上記のとおりです。

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

WSL2 Ubuntu 22.04
Windows10

ひょっとしたらIPv6関係なのかな?と思っています。

何卒お力添えいただきたく思います。
不足している情報があればお手数ですが聞いていただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

以下のような質問にはグッドを送りましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

グッドが多くついた質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

下記のような質問は推奨されていません。

  • 間違っている
  • 質問になっていない投稿
  • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

適切な質問に修正を依頼しましょう。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

アカウントをお持ちの方は

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
86.02%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

Windows 10

Windows 10は、マイクロソフト社がリリースしたOSです。Modern UIを標準画面にした8.1から、10では再びデスクトップ主体に戻され、UIも変更されています。PCやスマホ、タブレットなど様々なデバイスに幅広く対応していることが特徴です。

IPv6

IPv6は、インターネットプロトコルの一つ。主流となっているIPv4に変わるものとして設計されました。IPアドレスの需要の増大を予見して開発されたもので、従来よりも多くのIPアドレスの作成が可能です。

IPv4

IPv4(Internet Protocol version 4)は、インターネットプロトコルの一つ。インターネットに繋がったコンピューターや機器を識別するためのIPアドレスを32ビット表記で表わします。しかしIPv4は、限界があるため、IPv6が次世代プロトコルとして注目されています。

Next.js

Next.jsは、Reactを用いたサーバサイドレンダリングなどを行う軽量なフレームワークです。Zeit社が開発しており、nextコマンドでプロジェクトを作成することにより、開発環境整備が整った環境が即時に作成できます。