質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.23%

try/catchの使い方

解決済

回答 2

投稿

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 880

uer03108

score 115

try/catchの使い方なのですが。

下記はファイルをコピーペーストする関数になります。
処理が正常に行われたかを判断するためにtry/catchを使用したのですが、行数が倍くらいになりました。
処理結果が判断できて、かつ行数の少ない記述を考えています。

下記の様な行数の減らし方は思いつきました。
・部分的にtry/catchを使用する。
・void型にして関数の呼び出し元でtry/catchを使用する。
・この関数に限って言えば、try/catchなしの関数を使用して、下記を追記する。

if(!new File(pathTo).exists()){処理}

2番目が妥当でしょうか。
それとも可読性よりは機能性を優先した方が良いでしょうか。


try/catchなし

    //ファイルコピー・貼り付け(try/chatchなし)
    private boolean CopyPaste(String pathFrom, String pathTo) throws IOException {

        //コピー元
        FileInputStream fileIn   = new FileInputStream(pathFrom);

        //コピー先
        FileOutputStream fileOut = new FileOutputStream(pathTo);

        // byte型の配列を宣言
        byte[] buf = new byte[256];
        int len;

        // ファイルの終わりまで読み込む
        while((len = fileIn.read(buf)) != -1){
            fileOut.write(buf,0,len);
        }

        //ファイルに内容を書き込む
        fileOut.flush();

        //ファイルの終了処理
        fileOut.close();
        fileIn.close();

        return true;
    }

try/catchあり

    //ファイルコピー・貼り付け(try/catchあり)
    private boolean CopyPaste(String pathFrom, String pathTo) {

        boolean bl = false;

        FileInputStream fileIn   = null;
        FileOutputStream fileOut = null;

        //コピー元
        try {
            fileIn = new FileInputStream(pathFrom);
        } catch (FileNotFoundException e) {
            e.printStackTrace();
            return bl;
        }

        //コピー先
        try {
            fileOut = new FileOutputStream(pathTo);
        } catch (FileNotFoundException e) {
            e.printStackTrace();
            return bl;
        }

        // byte型の配列を宣言
        byte[] buf = new byte[256];
        int len;

        // ファイルの終わりまで読み込む
        try {
            while((len = fileIn.read(buf)) != -1){
                try {
                    fileOut.write(buf,0,len);
                } catch (IOException e) {
                    e.printStackTrace();
                    return bl;
                }
            }
        } catch (IOException e) {
            e.printStackTrace();
            return bl;
        }

        //ファイルに内容を書き込む
        try {
            fileOut.flush();
        } catch (IOException e) {
            e.printStackTrace();
            return bl;
        }

        //ファイルの終了処理
        try {
            fileOut.close();
        } catch (IOException e) {
            e.printStackTrace();
            return bl;
        }
        try {
            fileIn.close();
        } catch (IOException e) {
            e.printStackTrace();
            return bl;
        }

        return true;
    }
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • swordone

    2017/10/31 01:37

    コピー先のファイルがコピー前に存在している必要があるのはいいのでしょうか…。

    キャンセル

回答 2

+2

ご質問のプログラムについていえばtry/catch(詳しく言うとtry-with-resource)は必須と思います。なぜなら資源の解放が必要だからです。throws句をおいたとすると

// メソッド名をキャメルケースに変更
private void copyPaste(String pathFrom, String pathTo) throws IOException {
  try (FileInputStream fileIn = new FileInputStream(...);
       FileOutputStream fileOut = new FileOutputStream(...)) {
    ...なにかする...
  } // catch/finallyなどでcloseを一々書く必要はない。tryから抜けるときに自動的にcloseされる
}

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/10/29 15:57

    maisumakunさんがtry/catchの複雑さの軽減について回答されてますので、参考にしただきたいと思います。ただtry-catchを完全に省略するとファイルのクローズ漏れ(資源解放漏れ)となるため、その点のみtry-with-resourceが必要であることに留意していただきたいと思いました。

    キャンセル

  • 2017/10/31 12:56

    有難うございました。
    返事が遅れまして申し訳ありません。
    リソースを解放することが目的であれば、tryのみの記述で良いという意味でしょうか。
    細かな点ですが重要ですね。
    大量のファイルを呼び出す場合や、定期的にファイル呼び出しを行う場合でも処理落ちしにくい設計ということでしょうか。

    キャンセル

  • 2017/10/31 13:56

    > リソースを解放することが目的であれば、tryのみの記述で良いという意味でしょうか。

    そうですね。catch/finallyを必要とするのはアプリケーション固有のなんらかの後処理をしたい場合と考えた方がよい気がします。

    一方AutoClosableなオブジェクト(java.io.*の多くのクラスがそうです)の資源漏れを確実に排除するにはtry-with-resourceが常とう手段だと思います。というかtry-with-resource意外の方法でcloseするのはNGと言われるレベルかも知れません。というのは、catch/finallyでcloseを保証するコードは第三者(あるいは自分)が見たときにバグがないかどうかすぐには把握しづらいからです。

    > 細かな点ですが重要ですね。

    重要であることは同意します。ただ、個人的な意見としては「細かな点」とは考えない方がよいと思っています。

    > 大量のファイルを呼び出す場合や、定期的にファイル呼び出しを行う場合でも処理落ちしにくい設計

    たとえ1つしかファイルを処理しないようなアプリケーションでも普段からtry-with-resourceを使うことは大切だと思います。そういう習慣をつけておかないといざ「長期間安定して動作するアプリケーションを作ろう」としても、きちんと配慮した設計をやりそこねてしまう危険が高くなるでしょうから。

    キャンセル

checkベストアンサー

+1

元のメソッドがthrows IOExceptionとなっている以上は、内部で後始末が必要でもなければtry-catchをせず、呼んだ側に処理を任せるのが正解と考えます(なお、FileNotFoundExceptionIOExceptionのサブクラスなので、別途宣言する必要はありません)。

throws IOExceptionを外して「失敗すればfalseを返す」メソッドとして実装したい場合も、例外の起きた場所によって挙動を変えるのでなければ、まとめてtry-catchでかまいません。

private boolean someMethod()
{
  try{
    // 本筋の処理
  }catch (IOException e) {
    e.printStackTrace();
    return false;
  }
}

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/10/31 12:45

    >まとめてtry-catchでかまいません。
    勉強になりましたm(_ _)m
    まとめて書けるのですね。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.23%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる