質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.75%

  • Ruby

    7003questions

    Rubyはプログラミング言語のひとつで、オープンソース、オブジェクト指向のプログラミング開発に対応しています。

RubyのEnumerator#Lazyの遅延評価とは?

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 251

dongw

score 110

サンプルコード

odd_numbers = (0..Float::INFINITY).lazy.map{ |n| n.succ }.select{ |n| n.odd? }.take(3)
p odd_numbers.force


lazyがない場合、mapで要素の数だけ無限に繰り返され、処理が終わらないという所まで分かりました。
lazyがある場合、遅延評価により3つ値が取り出せます。
しかしここでの遅延評価とはどういう手順を踏んでいるのでしょうか?
評価を遅延しても結局は無限の数からmaps処理を行うことは変わらないはずです。

それともlazyがある場合、ここの

odd_numbers = (0..Float::INFINITY).lazy.map{ |n| n.succ }.select{ |n| n.odd? }.take(3)


一行だけ最後までとりあえず読み込む。
そして後ろから読み込み、take(3)で3つ値が入った配列を取得する。
という所から順に読み込んでいかないとEnumeratorインスタンスが無限に発生することになるような気がします。

lazyが読み込まれたあとはどうった順番で処理が行われているのでしょうか?

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

ごく大雑把に言えば、Enumeratorは、「.nextメソッドを呼ぶと、内部のルールに従って値を返してくるオブジェクト」なのです。そして、Enumerator::Lazyは、一部の操作について配列ではなくEnumerator::Lazyを返すようになっています(るりま)。

例のコードをたどってみましょう。

  • (0..Float::INFINITY).lazy.nextを呼ぶたびに、0から順に整数を返していくEnumerator::Lazy
  • lazy.map{ |n| n.succ }→自身の.nextが呼ばれるたびにlazy.nextを呼び出して、得られた値の次の値を返すEnumerator::Lazy
  • lazy.select{ |n| n.odd? }→自身の.nextが呼ばれるたびに、奇数が得られるまでlazy.nextを呼び出して、その奇数を返すEnumerator::Lazy
  • lazy.take(3)lazy.nextを3回呼び出して、その結果を返すEnumerator::Lazy
    ということで、takeまで呼んだ時点でもまだ結果は得られません.to_aなどで結果を取得する必要があります。
irb(main):001:0> (0..Float::INFINITY).lazy.map{ |n| n.succ }.select{ |n| n.odd? }.take(3)
=> #<Enumerator::Lazy: #<Enumerator::Lazy: #<Enumerator::Lazy: #<Enumerator::Lazy: 0..Infinity>:map>:select>:take(3)>

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/10/13 12:09

    回答ありがとうございます。
    takeまで呼んでもEnumerator::Lazyが返ってくるということですね。
    (0..Float::INFINITY).lazy.mapをすると
    ○○をするEnumerator::Lazyインスタンス?が出来上がるということでしょうか?
    これがlazyなしの場合だと○○を実際にその時点で行ってしまう。
    lazyありだと○○をする、ということだけ決めといてその実行は後回し、ということでしょうか?

    キャンセル

  • 2017/10/13 12:59

    LazyでないEnumeratorをmapすると、その時点で配列を生成します(もちろん無限個あれば終わりません)。

    キャンセル

  • 2017/10/13 13:30

    lazyあり
    [2] pry(main)> (0..Float::INFINITY).lazy.map{ |n| n.succ }
    => #<Enumerator::Lazy: ...>
    lazyなし
    [5] pry(main)> p (0..Float::INFINITY).map{ |n| n.succ }
    #処理終わらず

    lazyありの場合、
    #<Enumerator::Lazy: ...>がtake(3)までメソッドチェーンしても変わらないのがポイントなのですね
    ...は範囲オブジェクトを示しているのでしょうか?ここはちょっと分かりません。

    最終的にto_aで結果を返すということですが、その場合、結果を返す処理は記述の右側(take)から実行されていくのでしょうか?
    to_aで遅延していたものを「評価しろ」と命令を下すわけですよね?
    左側から普通に呼んでいくと、単に「処理の終わらない後回しにしていたmap」をto_aであとで呼んだだけになってしまうような気がしてならないです。

    キャンセル

  • 2017/10/13 13:37

    はい、そのとおりです。自分の書いた実行結果でも、いちばん外側のEnumrator::Lazyが「take(3)」となっていて、内側に「select」「map」「0..Infinity」となっています。ということで、実際の実行は外側から行われていきます。

    キャンセル

  • 2017/10/13 13:42

    なるほど、そういう意味であれば納得しました。
    疑問が解決してスッキリしました!
    ありがとうございました!

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.75%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • Ruby

    7003questions

    Rubyはプログラミング言語のひとつで、オープンソース、オブジェクト指向のプログラミング開発に対応しています。