質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.99%

Ansibleでどうしても"skipping"じゃなくて"ok"を出したい(MacにRubyインストール時)

解決済

回答 3

投稿

  • 評価
  • クリップ 2
  • VIEW 4,252

ikuwow

score 453

Macの環境設定をAnsibleで行っているのですが、どうしても"skipping"を"ok"にしたい部分があります。(単に個人的なこだわりで、これを解決したからといってあまり価値は生まれないのですが・・・(^^;;))

playbook(一部)は以下のようにしています。現在インストールされているRubyのバージョンを確認して、目的のバージョンをrbenv installするという流れです。

---
- hosts: localhost # hostname
  sudo: no
  gather_facts: no
  vars:
      ruby_version: "2.1.5"

  tasks:
    - name: Install Rubys
      homebrew: name={{item}}
      with_items: 
          - ruby-build
          - rbenv

    # Install Ruby
    - name: Check installed Ruby version
      shell: "rbenv versions | grep {{ruby_version}} > /dev/null ; echo $?"
      ignore_errors: true
      register: ruby_is_installed 
      changed_when: ruby_is_installed.stdout != '0'

    - name: Install Ruby
      shell: "rbenv install {{ruby_version}}"
      when: ruby_is_installed.stdout != '0'

    # Switch Ruby version
    - name: Check Ruby version
      shell: "ruby -v | grep {{ruby_version}} > /dev/null ; echo $?"
      register: is_correct_version
      changed_when: is_correct_version.stdout != '0'

    - name: Switch Ruby version
      shell: "rbenv global {{ruby_version}} && rbenv rehash"
      when: is_correct_version.stdout != '0'


これを実行すると以下のようになります。(出力の一部)

$ ansible-playbook base.yml

PLAY [localhost] **************************************************************
ASK: [Install Rubys] *********************************************************
ok: [localhost] => (item=ruby-build)
ok: [localhost] => (item=rbenv)

TASK: [Check installed Ruby version] ******************************************
ok: [localhost]

TASK: [Install Ruby] **********************************************************
skipping: [localhost]

TASK: [Check Ruby version] ****************************************************
ok: [localhost]

TASK: [Switch Ruby version] ***************************************************
skipping: [localhost]

この、"Install Ruby"と"Switch Ruby version"の部分をOKにしたいなと考えています。現状が望む状態だったというのはよいことなのに、"ok"と表示されずに"skipping"とただ特に理由も示されずに飛ばされてしまうのがやや気持ち悪いのです。あと青が交じるよりオールグリーンのほうが気持ちいいかなと。ほんとつまらないこだわり以上の何者でもありませんw

"ok"を実現できる何か違う書き方があるんでしょうか?
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 3

checkベストアンサー

+2

when ではなく creates を使うように書き換えられれば簡単でしょうが・・・

    # Install Ruby
    - name: Install Ruby
      shell: "rbenv install {{ruby_version}}"
      args:
        creates: ~/.rbenv/versions/{{ruby_version}}/bin/ruby

Switch Ruby version の方のケースなんかはこの方法ではフォローできないと思います。

次のように when を使わずに無理やりスキップするようにすれば ok と表示させることもできなくはないと思います(トリッキーな感じがするのでオススメできませんが)。

    # Install Ruby
    - name: Check installed Ruby version
      shell: "rbenv versions | grep {{ruby_version}} > /dev/null ; echo $?"
      ignore_errors: true
      register: ruby_is_installed
      changed_when: ruby_is_installed.stdout != '0'

    - name: Install Ruby
      shell: >
        {% if ruby_is_installed.stdout != '0' %}
          rbenv install {{ruby_version}}
        {% else %}
          :
        {% endif %}
      changed_when: ruby_is_installed.stdout != '0'

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2015/05/10 17:52

    恥ずかしながらcreatesというオプションを知りませんでした。Install Rubyの方は一旦createsを使うことでokを出すことが出来ました。ありがとうございました!

    キャンセル

+1

Check Ruby version と Switch Ruby version を一緒にやってしまえばいいのでは?
- name: Check and switch Ruby version
  shell: >-
    is_correct_version=$(ruby -v | grep {{ruby_version}} > /dev/null ; echo $?)
    if [ $is_correct_version != 0 ]; then
     rbenv global {{ruby_version}} && rbenv rehash
    fi
# シェルスクリプトは動作未確認。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2015/05/10 17:54

    なるほど、シェルスクリプトを練って動作が保証できればうまくいきそうですね。ありがとうございます!

    キャンセル

-3

git clone https://github.com/ansible/ansible.git -b stable-1.9 --depth 1 から

ソースコード検索ツールptでskipping を検索してみました

該当したファイル(とその行)を書き換えれば、希望の動作になるかもしれませんね

bin/ansible-galaxy:
860:                        print '- dependency %s is already installed, skipping.' % dep["name"]
884:            print '- %s is not installed, skipping.' % role

lib/ansible/callbacks.py:
556:                msg = "skipping: [%s] => (item=%s)" % (host, item)
558:                msg = "skipping: [%s]" % host
606:        display("skipping: no hosts matched", color='cyan')

plugins/inventory/collins.py:
317:                self.log.warning("No IP addresses found for asset '%s', skipping",
322:                    "No IP address found at index %s for asset '%s', skipping",

v2/ansible/executor/task_executor.py:
184:            debug("when evaulation failed, skipping this task")

lib/ansible/runner/lookup_plugins/first_found.py:
76:# example skipping if no matched files

v2/ansible/plugins/callback/default.py:
72:        msg = "skipping: [%s]" % result._host.get_name()
103:        self._display.display("skipping: no hosts matched", color='cyan')

v2/ansible/plugins/lookup/first_found.py:
75:# example skipping if no matched files

test/integration/roles/test_conditionals/tasks/main.yml:
283:- name: test a with_items loop skipping a single item

## Links

ansible/ansible - GitHub
Installation — Ansible Documentation
monochromegane/the_platinum_searcher - GitHub

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2015/05/10 17:37

    なるほど、結構強引な方法ですね。ただソースを見るという発想はありませんでした。ありがとうございます!

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.99%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる