質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.51%

  • Swift

    8741questions

    Swiftは、アップルのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語で、Objective-CやObjective-C++と共存することが意図されています

  • Xcode

    4916questions

    Xcodeはソフトウェア開発のための、Appleの統合開発環境です。Mac OSXに付随するかたちで配布されています。

ストップウォッチを再スタートさせるには

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 564

enohpi

score 34

前提・実現したいこと

Xcode 8.3.2 、Swift初心者です。

<http://mory.weblike.jp/wordpress/?p=64>
<https://teratail.com/questions/66101>

上の2つ、他のサイトを参照にストップウォッチアプリを作ってみています。

現在、このコードだと「スタート」ボタン、「ストップ」ボタンを押した後に、もう一度「スタート」ボタンを押すと再び0秒からのスタートになってしまいます。

もう一度「スタート」ボタンを押したときに、iPhoneの時計アプリのように、「ストップ」ボタンを押したときのタイムからのカウントにしたいです。

試したこと

<http://d.hatena.jp/yamekodev/20120918/1347972548>

上のサイトを参照してみましたが、今年Swiftデビューしたばかりなので、型の保持などがイマイチよくわかりませんでした。
もし、初心者の自分でもわかるように説明していただけたら幸いです。

ソースコード

import UIKit

class ViewController: UIViewController, UITableViewDataSource, UITableViewDelegate {

  @IBOutlet weak var timeLabel: UILabel!
  @IBOutlet weak var startstopButton: UIButton!
  @IBOutlet weak var resetButton: UIButton!

  var startTime: TimeInterval? = nil
  var timer: Timer?

  override func viewDidLoad() {
      super.viewDidLoad()

        // Do any additional setup after loading the view.
      setButtonEnabled(startstop: true, reset: false)
    }

  func update(){
    if let t = self.startTime {
      let time:Double = NSDate.timeIntervalSinceReferenceDate - t
      let sec: Int = Int(time)
      let msec: Int = Int((time - Double(sec))*100.0)
      if sec < 3600 {
        if sec < 0 {
          self.timeLabel.text = "00:00.0"
        } else {
          self.timeLabel.text = NSString(format: "%02d:%02d.%01d", sec/60, sec%60, msec/10) as String
        }
      } else {
        self.timeLabel.text = NSString(format: "%02d:%02d:%02d.%01d", sec/3600, sec/60, sec%60, msec/10) as String
      }
    }
  }

  func setButtonEnabled(startstop: Bool, reset: Bool) {
    self.startstopButton.isEnabled = startstop
    self.resetButton.isEnabled = reset
  }

  var counter = 0
  var amari = 0

  @IBAction func startstopTimer(_ sender: UIButton) {
    counter = counter + 1
    amari = counter % 2

    if amari > 0 {
      setButtonEnabled(startstop: true, reset: false)
      startstopButton.setTitle("ストップ", for: .normal)
      self.startTime = NSDate.timeIntervalSinceReferenceDate
      self.timer = Timer.scheduledTimer(timeInterval: 0.01, target: self, selector: #selector(ViewController.update), userInfo: nil, repeats: true)
    } else {
      setButtonEnabled(startstop: true, reset: true)
      startstopButton.setTitle("スタート", for: .normal)
      self.timer?.invalidate()
      self.timer = nil
    }
  }

  @IBAction func resetTimer(_ sender: UIButton) {
    setButtonEnabled(startstop: true, reset: false)
    self.startTime = nil
    self.timeLabel.text = "00:00.0"
  }

  override func didReceiveMemoryWarning() {
    super.didReceiveMemoryWarning()
    // Dispose of any resources that can be recreated.
  }

}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

インスタンス変数としてたとえば initialTimeみたいなものを用意しておいて(var initialTime:TimeInterval = 0)、それを使ってupdate関数のところで

let time:Double = initialTime + NSDate.timeIntervalSinceReferenceDate - t


とかしてあげれば良いのではないかと。

ストップしたときにinitialTimeに止めた時の時刻を入れてあげれば続きからカウントできるかと思います。リセットは単にinitialTimeを0にするだけですね。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/08/24 21:15

    ご返答ありがとうございます。

    リセットの時の処理は
    self.initialTime = 0
    で大丈夫でしょうか。

    「ストップしたときにinitialTimeに止めた時の時刻を入れてあげれば」の部分について、どのようなコードにすれば良いでしょうか。

    いまいち理解できていなくて申し訳ありません。
    お手数おかけいたしますが、ご返答よろしくお願いいたします。

    キャンセル

  • 2017/08/24 21:38

    リセットは self.initialTime = 0 で大丈夫と思います。
    停止時の時刻を控えておくのは

    } else {
    setButtonEnabled(startstop: true, reset: true)
    startstopButton.setTitle("スタート", for: .normal)
    self.timer?.invalidate()
    self.timer = nil

    let currentTime = NSDate.timeIntervalSinceReferenceDate
    self.initialTime = currentTime - self.startTime
    }

    ですかね。

    キャンセル

  • 2017/08/24 23:00

    ありがとうございます。

    self.initialTime = currentTime - self.startTime!
    だと、2回目にスタートを押した時はうまくいきましたが、3回目以降にスタートを押した時に、

    n回目にスタートを押した瞬間に表示される時刻
    =「(n-1)回目にスタートを押した時間から(n-1)回目にストップを押した時間までの期間」

    このような結果となりました。
    よって、3回目以降も正しい値を出すためには、その直前までの全てのinitialTimeを合計する必要があると考えます。
    しかし、どうすれば良いかわかりません。

    何度も申し訳ありませんが、ご返答よろしくお願いいたします。

    キャンセル

  • 2017/08/24 23:21

    このように考えてみてください。
    ・この機構を実現するには、次の2つの情報を保持しておく必要があります。 (1)スタートボタンを押した時のストップウォッチ上の時刻 (2)スタートボタンを押した時の実世界上での時刻
    ・ストップウォッチが走行中の間に表示すべき値は、上記(1)に、同(2)からの経過時刻を足したものです。

    キャンセル

  • 2017/08/25 13:05

    self.initialTime = initialTime + currentTime - self.starttime!

    こちらでうまくいきました!
    initialTimeを用意する方法など、ものすごく参考になりました。

    本当にありがとうございました。

    キャンセル

  • 2017/08/25 18:41

    よかったです!

    キャンセル

同じタグがついた質問を見る

  • Swift

    8741questions

    Swiftは、アップルのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語で、Objective-CやObjective-C++と共存することが意図されています

  • Xcode

    4916questions

    Xcodeはソフトウェア開発のための、Appleの統合開発環境です。Mac OSXに付随するかたちで配布されています。