質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.10%

[Vue.js]リストページで得たID要素(params)を、詳細ページのAPIに組み込んで実行する方法

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 807

uhiyamabumi

score 16

Vue.jsで資格の過去問題解説アプリを作成したいと考えています。
リストの問題がクリックされたとき、個別の詳細ページに遷移するシンプルなものです。

リストページから詳細ページへの遷移は完了

リスト&検索用と詳細用2つのローカルDynamoDBテーブルを用意し、serverlessフレームワークのofflineプラグインを使って、localhost:3000にリスト用と詳細用の2つのAPIエンドポイントを実行しています。

例えば、「http://localhost:3000/questions/2012」とすると、2012年の全ての問題データが取得できます。「http://localhost:3000/question/2012q001」とすると、2012年の1問目のデータが取得できます。Postmanで上記のAPIが適切に動作することを確認しています。

プロジェクト構造

先日は、リスト化された問題データから、詳細ページへの遷移ができないことを「[Vue.js]リストページのID要素を頼りに個別ページへ遷移させる方法」で質問して、ページを遷移させることができました。

(route.js)

{ path: '/question/:q_id', component: QuestionDetail, name: 'detail'},

(QuestionList.vue)

<template>
  <div class="list">
    <h1>QuestionList page.</h1>
    <div v-for="question in questions">
      <router-link :to="{ name: 'detail', params: { q_id: question.q_id }}">
        <h2>{{ question.q_title }}</h2>
      </router-link>
    </div>
  </div>
</template>

<script>
  export default {
    name: 'QuestionList',
    props: ['questions']
  }
</script>

詳細情報を取得するためのAPIに、q_idが組み込めない

ページ遷移こそ成功しましたが、肝心の詳細情報が取得できずにいます。
リストページで取得したq_idを、詳細用APIの「http://localhost:3000/question/{q_id}」に埋め込んで実行するのに苦戦しています。

やりたいことは下記のようなイメージです。
イメージ説明

Vue devtoolを見ると、詳細ページはdataの$routeの中に確かに「question/2012q001」というparamsを含んでいます。前回の質問では、this.$route.params.q_idを使えば良いのではと、下記のようなコードを記述しますが、やはり動作しませんでした。

<template>
  <div class="detail">
    <div v-if="question != null">
      <h2>{{ question.q_body }}</h2>
    </div>

    <div v-else>
      <p>No Page.</p>
    </div>
  </div>
</template>

<script>
  import axios from 'axios';

  export default {
    name: 'detail',
    data() {
        return {
          question: null
        }
    },
    mounted() {
      this.getQuestion(this.q_id).then(question => this.question = question);
    },
    beforeRouteUpdate(to, from ,next) {
      this.getQuestion(to.params.q_id).then(question => this.question = question);
      next();
    },
    methods: {
      getQuestion(q_id) {
        return axios.get("http://localhost:3000/question/", {
          params: {
            q_id: this.$route.params.q_id
          }
        })
          .then(function (response) {
            question = response.data
          })
          .then(function (error) {
            console.log("http request denied");
          });
      }
    }
  }
</script>


※まだ使い方をよく理解してはいませんが、beforeRouteUpdateがwatchと同じような働きをするとのことなので、参考にしたサイトに習ってそのまま取り入れています。

一応上記のコードを実行するとコンソールに

GET http://localhost:3000/question/?q_id=h28s002 404 (Not Found)

と表示されるので、「惜しいのかな?」とも考えています。
Axiosのドキュメントを参考にしたparamsの指定では、APIのURLと違ってしまうので、この点を上手く修正すれば、とりあえずAPIを上手く発火できそうな気がします。(もっとシンプルな方法がある気がしてならないけど…)

コードからもわかるとおり混乱中です。修正を続けていますが、具体的な修正案などがあればありがたいです。「リストから取得したq_idを、詳細情報取得用のAPIに組み込んで、その内容を表示する」ということがしたいです。
よろしくお願いします。

詳細用APIの発火に成功!

aro10さんの指摘に沿って、コードを下記のように変更したところ、詳細用APIを無事動作させることができました。ローカルDynamodbのコンソールからもAPIの発火を確認し、Vue devtool側でもdataのquestionの中に詳細情報が格納されているのが確認できました。

<template>
  <div class="detail">
    <div v-if="question != null">
      <div>succeed</div>
      {{ question }}

    </div>

    <div v-else>
      <p>No Page.</p>
    </div>
  </div>
</template>

<script>
  import axios from 'axios';

  export default {
    name: 'detail',
    data() {
        return {
          question: null
        }
    },
    mounted() {
      this.getQuestion(this.q_id).then(question => this.question = question);
    },
    beforeRouteUpdate(to, from ,next) {
      this.getQuestion(to.params.q_id).then(question => this.question = question);
      next();
    },
    methods: {
      getQuestion(q_id) {
        return axios.get(`http://localhost:3000/question/${this.$route.params.q_id}`, {})
      }
    }
  }
</script>

あと一歩!画面に各要素を表示させたい

ここまで質問して「いまさら?」と思われるかも知れませんが、詳細ページで取得したデータをどう画面に出力するかで少し悩んでいます。ちなみに詳細用のJSON構造は下記な感じです。

(questionDetail.json)

{
      "q_id" : "2012q001",
      "q_body" : "QUESTION_BODY",
      "q_desc" : "QUESTION_DESCRIPTON",
      "image_url" : "",
      "image_alt" : ""
    },
    {
      "q_id" : "2012q002",
      "q_body" : "QUESTION_BODY",
      "q_desc" : "QUESTION_DESCRIPTION",
      "image_url" : "",
      "image_alt" : ""
    },


questionにデータがあるから、q_bodyを表示するときは、{{question.q_body}}で良かったんだっけ?と入力するも表示されず。とりあえず{{question}}とだけ入力し、JSON文字列がそのまま画面に出力されたのを確認したところで「あとどうするんだっけ」と悩んでいる現在です。

リストページで普通に使ってはいたものの、未だに混乱するポイントなので、有用そうなソースなど紹介して頂ければ幸いです。自己解決できるよう修正頑張ってみます。

表示できた!

Vue devtoolの構造を見ながら表示部分を下記のように指定したところ、無事指定要素を画面に表示することができました。

<template>
  <div class="detail">
    <div v-if="question != null">
      <div>succeed</div>
      <h2>問題本文</h2>
      {{ question.data.Item.q_body }}
      <h2>問題解説</h2>
      {{ question.data.Item.q_desc }}
    </div>

    <div v-else>
      <p>No Page.</p>
    </div>
  </div>
</template>


{{question.data.Item.q_body}}という記述を短くする工夫などについては、どこかで見た記憶があるので、また継続的に修正を加えていきたいと思います。とりあえず、APIから各ページのデータを取得することができたので満足です。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

コードの以下の部分のメソッド引数のq_idとparamesのプロパティ名のq_idが競合しているかもしれません
(またgetQuestionを呼び出しているコードで引数に指定しているthis.q_idは、記載コードのビューモデル定義のdataやpropsにはないようです)

 getQuestion(q_id) {
        return axios.get("http://localhost:3000/question/", {
          params: {
            q_id: this.$route.params.q_id
          }
        })


動かしてないので違うかもしれませんが、ひとまず以下で試してみてください

return axios.get(`http://localhost:3000/question?q_id=${this.$route.params.q_id}`,{})

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/08/21 01:23

    引き続きアドバイスありがとうございます。メソッドを御指摘いただいたコードに変更したところ、詳細用ページで適切にAPIを発火することができました!
    あとはとても初歩的なことかと思いますが、取得したデータの各要素を表示するのに時間を要しています。<div>{question.q_id}</div>ではどうにも動かないようなので、とりあえず{question}とだけしてJSON文字列がそのまま画面に表示されるのを確認しています。

    恐らく自己解決できるとは思うのですが、またコードの提案などして頂けるとありがたいです。おかげさまであと一歩まで来ました。現状を追記しておきます。

    キャンセル

  • 2017/08/21 01:43

    自己解決しました。前回の質問に引き続き、アドバイスありがとうございました!

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.10%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる