質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.45%

  • Unity

    5683questions

    Unityは、ユニティテクノロジーが開発したゲームエンジンです。 主にモバイルやブラウザ向けのゲーム製作に利用されていましたが、3Dの重力付きゲームが簡単に作成できることから需要が増え、現在はマルチプラットフォームに対応しています。 言語はC言語/C++で書かれていますが、C#、JavaScript、Booで書かれたコードにも対応しています。

オブジェクトが奥の位置になるに連れ、Bloomによる滲みが弱くなってしまう。手前と均一にできないか?

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,285

Ray_pub

score 6

自作のゲームの中で、直線(四角ポリゴン)を使って部屋の中を表現しています。
Bloom And Flaresを使用して、直線を滲ませてみました。
しかし、画像をみていただけるとおわかりになると思いますが、
手前から奥に行くにつれ、滲みが弱くなってしまいます。
奥の方ではもはや滲みがみられません。
しっかり奥の方でも滲みが出るように、滲みを均一にするにはどうしたら良いのでしょうか。
Bloomの設定の問題でしょうか?
お分かりになる方がいらっしゃいましたら、アドバイスをいただけると幸いです。
以下の画像はそれぞれ、
・現在のゲーム画面
・直線に設定しているマテリアル
・カメラに設定しているBloom and Flaresの設定
です。よろしくお願いいたします。
イメージ説明
イメージ説明
イメージ説明

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

ちょっと見た感じ、Bloom And Flares側の設定ではだめかもしれませんね...
おそらくBloom And Flaresは「レンダリングされた画像の高輝度部分を抽出」→「高輝度部分画像をぼかす」→「元の画像と合成する」といった手順を取っているかと思いますので、遠くの線は画面内に占める面積が小さくて、光彩の出方も小さくなっているものと思われます。

そこで、「カメラから遠くにあるピクセルほどEmissionが増幅されるサーフェイスシェーダー」を作って、線のマテリアルのShaderをStandardの代わりにそれに差し替えてみる、というのはどうでしょう。これなら遠くの線はより強く発光し、光彩のサイズも大きくなるかと思います。

例えばこんな感じでいかがでしょう?

Shader "Custom/EnhanceEmission" { // 名前はお好みのものを付けてください
    Properties {
        _Color ("Color", Color) = (1,1,1,1)
        _MainTex ("Albedo (RGB)", 2D) = "white" {}
        _Glossiness ("Smoothness", Range(0,1)) = 0.5
        _Metallic ("Metallic", Range(0,1)) = 0.0
        [HDR] _EmissionColor ("Emission Color", Color) = (0,0,0) // 追加
        _EmissionMap ("Emission", 2D) = "white" {} // 追加
        _EmissionExponent ("Emission Exponent", Float) = 1.0 // 追加
    }
    SubShader {
        Tags { "RenderType"="Opaque" }
        LOD 200

        CGPROGRAM
        // Physically based Standard lighting model, and enable shadows on all light types
        #pragma surface surf Standard fullforwardshadows

        // Use shader model 3.0 target, to get nicer looking lighting
        #pragma target 3.0

        sampler2D _MainTex;
        sampler2D _EmissionMap; // 追加

        struct Input {
            float2 uv_MainTex;
            float4 screenPos; // 追加
        };

        half _Glossiness;
        half _Metallic;
        fixed4 _Color;
        half4 _EmissionColor; // 追加
        float _EmissionExponent; // 追加

        // Add instancing support for this shader. You need to check 'Enable Instancing' on materials that use the shader.
        // See https://docs.unity3d.com/Manual/GPUInstancing.html for more information about instancing.
        // #pragma instancing_options assumeuniformscaling
        UNITY_INSTANCING_CBUFFER_START(Props)
            // put more per-instance properties here
        UNITY_INSTANCING_CBUFFER_END

        void surf (Input IN, inout SurfaceOutputStandard o) {
            // Albedo comes from a texture tinted by color
            fixed4 c = tex2D (_MainTex, IN.uv_MainTex) * _Color;
            half3 e = tex2D (_EmissionMap, IN.uv_MainTex).rgb * _EmissionColor.rgb; // 追加
            o.Albedo = c.rgb;
            // Metallic and smoothness come from slider variables
            o.Metallic = _Metallic;
            o.Smoothness = _Glossiness;
            o.Alpha = c.a;
            o.Emission = e * pow (max (IN.screenPos.w, 1.0), _EmissionExponent); // 追加...screenPos.wには縮尺率、つまりカメラ座標系でのz成分が入っているはずなので、これをかけてみる
                                                                               // 一応、maxを使って1倍未満にならないようにしています
                                                                               // さらに係数を_EmissionExponent乗するようにして、距離による増幅の効き方をいくらか調節できるようにしてみました
        }
        ENDCG
    }
    FallBack "Diffuse"
}

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/08/29 00:32

    御返事が遅くなって申し訳ありません。
    ありがとうございます。遠くの線もはっきり見えるようになりました。
    少しぼかしが強すぎるので、調整する方法を教えていただけないでしょうか。
    シェーダーに関して全くの素人なので、愚問かもしれません。申し訳ないのですが、よろしくお願いします。

    キャンセル

  • 2017/08/29 06:01

    いえいえ、おかまいなく。
    今回試作したものの場合だと、「Emission Exponent」を大きくするほど遠くのものの発光が強まります。例えば0で増幅なし、0.5で距離の平方根に比例、1で距離に比例、2で距離の2乗に比例...といった具合です。初期値を1にしましたが、遠くのものが光りすぎているようでしたら、0.75〜0.25ぐらいに下げてみてください。また、Emissionが増幅される都合上、元々の「Emission Color」の輝度をすこし下げるとバランスが取れるかもしれません。
    ぼかし幅自体の調節はBloom And Flares側の「Blur spread」をいじることで全体的に調整することになるでしょう。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.45%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る

  • Unity

    5683questions

    Unityは、ユニティテクノロジーが開発したゲームエンジンです。 主にモバイルやブラウザ向けのゲーム製作に利用されていましたが、3Dの重力付きゲームが簡単に作成できることから需要が増え、現在はマルチプラットフォームに対応しています。 言語はC言語/C++で書かれていますが、C#、JavaScript、Booで書かれたコードにも対応しています。

  • トップ
  • Unityに関する質問
  • オブジェクトが奥の位置になるに連れ、Bloomによる滲みが弱くなってしまう。手前と均一にできないか?