質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.21%

webpackでhtmlを出力する方法

受付中

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,575
退会済みユーザー

退会済みユーザー

webpackをつかって、html,css,jsを複数出力したいのですが、
html-loaderを使ってhtmlを出力すると、下記のコメントのようなものが出力されてしまいます。

/******/ (function(modules) { // webpackBootstrap
/******/     // The module cache
/******/     var installedModules = {};
/******/
/******/     // The require function
/******/     function __webpack_require__(moduleId) {
/******/
/******/         // Check if module is in cache
/******/         if(installedModules[moduleId]) {
/******/             return installedModules[moduleId].exports;
/******/         }
/******/         // Create a new module (and put it into the cache)
/******/         var module = installedModules[moduleId] = {
/******/             i: moduleId,
/******/             l: false,
/******/             exports: {}
.
.
.

html-loaderの代わりに、
file-loaderを使ってみたのですが、795dx8ew..htmlのような名称で別ファイルとして出力されてしまいました。
圧縮のあるなしに関わらず、下記のような形式でそのままindex.htmlとして出力したいのですが、どのようにすればできるのでしょうか?

<!DOCTYPE html>
<html lang="en">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <title>Document</title>
</head>
<body>
  <div>hogehoge</div>
  <div>hogehoge</div>
  <div>hogehoge</div>
</body>
</html>

下記がwebpack.config.jsになります。

require('babel-polyfill');
var path = require('path');
var webpack = require('webpack');
var ExtractTextPlugin = require('extract-text-webpack-plugin');
var HtmlWebpackPlugin = require('html-webpack-plugin');
var autoprefixer = require('autoprefixer');
var path = require('path');
var glob = require('glob');


const all_entries = {}; // 全出力ファイルリスト


// html
const html_BasePath = path.resolve(__dirname, '../src/');
const html_targets = glob.sync(`${html_BasePath}/**/index.html`);
const html_entries = {};
html_targets.forEach(value => {
  const html_re = new RegExp(`${html_BasePath}/`);
  const html_key = value.replace(html_re, '');
  // html_entries[html_key] = value;
  all_entries[html_key] = value;
});
console.log(html_entries);


// js
const js_BasePath = path.resolve(__dirname, '../src/');
const js_targets = glob.sync(`${js_BasePath}/**/index.js`);
// const js_entries = {};
js_targets.forEach(value => {
  const js_re = new RegExp(`${js_BasePath}/`);
  const js_key = value.replace(js_re, '');
  // js_entries[js_key] = value;
  all_entries[js_key] = value;
});

// css
const css_BasePath = path.resolve(__dirname, '../src/');
const css_targets = glob.sync(`${css_BasePath}/**/index.scss`);
// const css_entries = {};
css_targets.forEach(value => {
  const css_re = new RegExp(`${css_BasePath}/`);
  const css_key = value.replace(css_re, '');
  const scss_extension = new RegExp('.scss');
  const css_extension = css_key.replace(scss_extension, '.css');
  all_entries[css_extension] = value;
});



module.exports = [{
  devtool: 'inline-source-map',
  context: __dirname,
  entry: all_entries,
  output: {
    path:  path.join(__dirname, '../dist'),
    filename: '[name]'
  },
  devServer: {
    contentBase: 'dist',
    port: 3333
  },
  module: {
    rules: [
      {
        test: /\.html$/,
        use: 'html-loader' <== ここをfile-loaderにすると別ファイルになる
      },
      {
        test: /\.js$/,
        exclude: /node_modules/,
        use: 'babel-loader'
      },
      {
        test: /\.(scss|css)$/,
        use: ExtractTextPlugin.extract({
          fallback: 'style-loader',
          use: [
            'css-loader',
            'sass-loader'
          ]
        })
      },
      {
        test: /\.(jpg|png|gif)$/,
        exclude: /node_modules/,
        use: [
          'file-loader',
          'url-loader'
        ]
      }
    ]
  },
  resolve: {
    extensions: ['*', '.html', '.js', '.css', '.scss']
  },
  plugins: [
    new webpack.optimize.UglifyJsPlugin(),
    new ExtractTextPlugin({
      filename: '[name]',
      ignoreOrder: true,
      allChunks: true
    }),
    new webpack.LoaderOptionsPlugin({
      options: {
        postcss: [autoprefixer({ browsers: ['> 1%'] })],
      }
    })
  ]
}]
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

0

参考になる
https://ema-hiro.hatenablog.com/entry/2017/10/12/015748

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.21%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる