質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.37%

  • C

    4832questions

    C言語は、1972年にAT&Tベル研究所の、デニス・リッチーが主体となって作成したプログラミング言語です。 B言語の後継言語として開発されたことからC言語と命名。そのため、表記法などはB言語やALGOLに近いとされています。 Cの拡張版であるC++言語とともに、現在世界中でもっとも普及されているプログラミング言語です。

ffproxyで生じる文字化け?について

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 611

tekondo

score 20

ffproxyで指定した文字を新しい単語に置き換えるプログラムを作成しているのですが切り出した文字を出力すると0と1で表現されたしたの図のような文字が出力されます。この文字は何かご存知の方はいらっしゃいますか?

イメージ説明

下にread関数とwrite関数の間に新しく加えたコードを載せます。

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <string.h>

typedef struct list{
  char origin[2048];
  char change[2048];
  struct list *next;
}chlist;
chlist *head;

int makelist();                                        //線形リスト作成
int searchlist(char *);                            //リストから文字列検索
char *chword(char *, char *, chlist *);                //ヒットした文字列を置き換え
size_t replace(void *, size_t);                        //これをコピペしてrequst.cに埋め込む
int freelist();                                        //これもコピペしてrequest.cに埋め込む=headは大域変数で定義


int main()                                            //動作確認用
{
    int len;
    char buf[2048] = "あいうえおabcde12345";        //例

    printf("orginal string: %s\n", buf);            //元の文

    len = replace(buf, 2048);                        //置き換え

    printf("buf length: %d\n",len);                    //置き換えた後の長さ
    printf("changed string: %s\n", buf);            //置き換えた後の文

    freelist();                                        //線形リストの解放

    return 0;
}

size_t replace(void *buf, size_t len){
  int num;

  num = makelist();

  if (num != -1) {
      len = searchlist(buf);                        //対応表のファイルが開ければここに来る
  }
  else {
      len = num;                                    //開けなければここに来る(len=-1)
  }

  return(len);                                        //返り値はうまくいけばbufの長さ,ダメだと-1
                                                    //size_t型で-1を返すのはやばいかもしれないので0にすべきかもだけど0だとバグるかも
}

int makelist(){
  head = (chlist *)malloc(sizeof(chlist));            //線形リストの先頭

  FILE *corrtab;
  if((corrtab = fopen("corrtab.csv", "r")) == NULL){
    fprintf(stderr,"corrtab.csv don't find.\n");
    return -1;
  }                                                    //対応表correspondence table 拡張子.csv

  int num = 0;
  char tmp[2048];
  chlist *curr;

  curr = head;
  while(fgets(tmp, 2048, corrtab)!=NULL){
    strcpy(curr->origin, strtok(tmp,",\n"));        //カンマ区切りで変更元の単語を読み込み
    strcpy(curr->change, strtok(NULL,",\n"));        //カンマ区切りで変更後の単語を読み込み
    curr->next = (chlist *)malloc(sizeof(chlist));    //次のデータを読み込むための場所を作る
    curr = curr->next;
    num++;
  }
  curr = NULL;
  fclose(corrtab);
  return(num);                                        //一応対応表のデータの個数を返り値にしている
}

int searchlist(char *buf){
    chlist *curr;
    char *bp;
  char str1[2048];
    curr = head;

    while (curr -> next != NULL) {                            //対応表のデータがあればループ
    bp = buf;
    strcpy(str1, curr -> origin);                                    //bpはbuf[]を前から見ていって単語を探す奴
        while (bp != NULL) {                        //bpがbufの一番後ろじゃなければループ
            bp = strstr(bp, str1);
            if (bp != NULL) {                        //bpがbufの一番後ろじゃなければ検索
                bp = chword(buf, bp, curr);
            }
        }
        curr = curr->next;                            //対応表の次のデータで検索を始める
    }
    return(strlen(buf));                            //返り値は変更後のbufの長さ
}

char *chword(char *buf, char *bp, chlist *curr){
    char cpbuf[2048], *p, *cp;
    p = bp;                                            //pが指すとこから元の文をコピーしたら文字数変わってもいけるようになるやつ
    strcpy(cpbuf, buf);                                //pのとこからコピーするためにコピーして保存しとく
    size_t ori = strlen(curr->origin);
    size_t cha = strlen(curr->change);
    p = p+cha;
    cp = cpbuf + (bp - buf) + ori;                    //帳尻を合わせるためにpとcpをいじる

    strcpy(p, cp);                                    //文字数変わってもいけるようにコピー
    strncpy(bp, curr->change, cha);                    //bpが指してるとこに変換後の単語を入れるとすべてがうまくいく

    printf("\"%s\" was replaced by \"%s\"\n", curr->origin, curr->change);    //うざかったらコメントアウト

    bp += cha;

    return(bp);
}

int freelist(){                                        //mallocで場所取ったら開放しないといけないらしいので解放するための関数
    chlist *curr, *prev;
    curr = head;
    prev = curr;
    curr = curr->next;
    while (curr != NULL) {
        free(prev);
        prev = curr;
        curr = curr->next;
    }
    free(prev);
    return 0;
}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

切り出した文字が、正しい文字コードでないため0と1などで表示されます。
実行ファイルなどのバイナリファイルをcatコマンドで表示させてみると、非文字の部分が0と1で表示されるのがわかると思います。

適当な、corrtab.csvを作成して、掲題のコードを実行してみましたが、問題なく文字が置き換えられて表示されています。
csvファイルが正しいかどうか、確認してみてください。特に文字コードはソースコードのものと同じでしょうか。

また、mallocは割り付けたメモリを0クリアしません。
このため、chlistには、値が設定されない限り不定な値が入ってしまいます。
特にリスト最後のnextには、値を設定していないようなので、値は不定です。
割り付けたメモリを0クリアするか、mallocの代わりにcallcを使用した方が良いと思います。

xxx = (chlist *)malloc(sizeof(chlist));
memset(xxx, 0, sizeof(chlist));  /* メモリクリア */


※確認した環境では、問題なく動作しているようなので、たまたま0クリアされている?

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/08/09 16:02

    ご回答ありがとうございました。どうやらプロキシで通信しているデータを表示しようとしていたらしくこのような暗号化されたデータが出力されていたようです。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.37%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る

  • C

    4832questions

    C言語は、1972年にAT&Tベル研究所の、デニス・リッチーが主体となって作成したプログラミング言語です。 B言語の後継言語として開発されたことからC言語と命名。そのため、表記法などはB言語やALGOLに近いとされています。 Cの拡張版であるC++言語とともに、現在世界中でもっとも普及されているプログラミング言語です。