質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
Apache

Apacheは、Apache HTTP Serverの略で、最も人気の高いWebサーバソフトウェアの一つです。安定性が高いオープンソースソフトウェアとして商用サイトから自宅サーバまで、多くのプラットフォーム向けに開発・配布されています。サーバーソフトウェアの不具合(NCSA httpd)を修正するパッチ(a patch)を集積、一つ独立したソフトウェアとして開発されました。

Linux

Linuxは、Unixをベースにして開発されたオペレーティングシステムです。日本では「リナックス」と呼ばれています。 主にWebサーバやDNSサーバ、イントラネットなどのサーバ用OSとして利用されています。 上位500のスーパーコンピュータの90%以上はLinuxを使用しています。 携帯端末用のプラットフォームAndroidは、Linuxカーネル上に構築されています。

Red Hat Enterprise

Red Hat Enterpriseは、レッドハット社により開発・サポートが行われている業務向けLinuxディストリビューションです。オープンソースで無償で利用することができ、バイナリ版の入手・サポートは有償です。商用ディストリビューションとして人気が高く、代表的なLinuxの選択肢の一つです。

解決済

apacheでBASIC認証をかけれない

p0214
p0214

総合スコア13

Apache

Apacheは、Apache HTTP Serverの略で、最も人気の高いWebサーバソフトウェアの一つです。安定性が高いオープンソースソフトウェアとして商用サイトから自宅サーバまで、多くのプラットフォーム向けに開発・配布されています。サーバーソフトウェアの不具合(NCSA httpd)を修正するパッチ(a patch)を集積、一つ独立したソフトウェアとして開発されました。

Linux

Linuxは、Unixをベースにして開発されたオペレーティングシステムです。日本では「リナックス」と呼ばれています。 主にWebサーバやDNSサーバ、イントラネットなどのサーバ用OSとして利用されています。 上位500のスーパーコンピュータの90%以上はLinuxを使用しています。 携帯端末用のプラットフォームAndroidは、Linuxカーネル上に構築されています。

Red Hat Enterprise

Red Hat Enterpriseは、レッドハット社により開発・サポートが行われている業務向けLinuxディストリビューションです。オープンソースで無償で利用することができ、バイナリ版の入手・サポートは有償です。商用ディストリビューションとして人気が高く、代表的なLinuxの選択肢の一つです。

1回答

0評価

0クリップ

16179閲覧

投稿2017/07/11 12:40

apacheの設定でBASIC認証を設定しようと思い、以下の記述を/etc/httpd/conf/httpd.confに行ったのですが、ID/パスワードを入力するダイアログが表示されません。

<Directory "/home/www/html/">
AuthUserFile /home/www/html/.htpasswd
AuthGroupFile /dev/null
AuthName "Basic Auth"
AuthType Basic
Require valid-user
</Directory>

上記設定後はhttpdを再起動しています。

何か他に設定が必要なのでしょうか。
説明不足かもしれませんので、/etc/httpd/conf/httpd.confのファイルの内容を以下に記載いたします。

どのような点を確認すればよいか教えていただけないでしょうか。

/home/www/htmlに設置したHTMLはブラウザ上で動作を確認しております。

よろしくお願いいたします

<Directory "/home/www/html"> # # Possible values for the Options directive are "None", "All", # or any combination of: # Indexes Includes FollowSymLinks SymLinksifOwnerMatch ExecCGI MultiViews # # Note that "MultiViews" must be named *explicitly* --- "Options All" # doesn't give it to you. # # The Options directive is both complicated and important. Please see # http://httpd.apache.org/docs/2.4/mod/core.html#options # for more information. # Options Indexes FollowSymLinks ExecCGI # # AllowOverride controls what directives may be placed in .htaccess files. # It can be "All", "None", or any combination of the keywords: # Options FileInfo AuthConfig Limit # AllowOverride All # # Controls who can get stuff from this server. # Require all granted AuthUserFile /home/www/html/.htpasswd AuthGroupFile /dev/null AuthName "Basic Auth" AuthType Basic Require valid-user </Directory> # # DirectoryIndex: sets the file that Apache will serve if a directory # is requested. # <IfModule dir_module> DirectoryIndex index.html index.htm index.php </IfModule> # # The following lines prevent .htaccess and .htpasswd files from being # viewed by Web clients. # AccessFileName .htaccess <Files ".ht*"> Require all denied </Files> # # ErrorLog: The location of the error log file. # If you do not specify an ErrorLog directive within a <VirtualHost> # container, error messages relating to that virtual host will be # logged here. If you *do* define an error logfile for a <VirtualHost> # container, that host's errors will be logged there and not here. # ErrorLog "logs/error_log" # # LogLevel: Control the number of messages logged to the error_log. # Possible values include: debug, info, notice, warn, error, crit, # alert, emerg. # LogLevel warn <IfModule log_config_module> # # The following directives define some format nicknames for use with # a CustomLog directive (see below). # LogFormat "%h %l %u %t \"%r\" %>s %b \"%{Referer}i\" \"%{User-Agent}i\"" combined LogFormat "%h %l %u %t \"%r\" %>s %b" common LogFormat "%{Referer}i -> %U" referer LogFormat "%{User-agent}i" agent #<IfModule logio_module> # You need to enable mod_logio.c to use %I and %O # LogFormat "%h %l %u %t \"%r\" %>s %b \"%{Referer}i\" \"%{User-Agent}i\" %I %O" combinedio #</IfModule> # # The location and format of the access logfile (Common Logfile Format). # If you do not define any access logfiles within a <VirtualHost> # container, they will be logged here. Contrariwise, if you *do* # define per-<VirtualHost> access logfiles, transactions will be # logged therein and *not* in this file. # #CustomLog "logs/access_log" common # # If you prefer a logfile with access, agent, and referer information # (Combined Logfile Format) you can use the following directive. # CustomLog "logs/access_log" combined </IfModule> <IfModule alias_module> # # Redirect: Allows you to tell clients about documents that used to # exist in your server's namespace, but do not anymore. The client # will make a new request for the document at its new location. # Example: # Redirect permanent /foo http://www.example.com/bar # # Alias: Maps web paths into filesystem paths and is used to # access content that does not live under the DocumentRoot. # Example: # Alias /webpath /full/filesystem/path # # If you include a trailing / on /webpath then the server will # require it to be present in the URL. You will also likely # need to provide a <Directory> section to allow access to # the filesystem path. # # ScriptAlias: This controls which directories contain server scripts. # ScriptAliases are essentially the same as Aliases, except that # documents in the target directory are treated as applications and # run by the server when requested rather than as documents sent to the # client. The same rules about trailing "/" apply to ScriptAlias # directives as to Alias. # # ScriptAlias /cgi-bin/ "/var/www/cgi-bin/" # ScriptAlias /cgi-bin/ "/home/www/cgi-bin/" </IfModule> # # "/var/www/cgi-bin" should be changed to whatever your ScriptAliased # CGI directory exists, if you have that configured. # #<Directory "/var/www/cgi-bin"> # AllowOverride None # Options None # Require all granted #</Directory> # <Directory "/home/www/cgi-bin"> AllowOverride None Options None Require all granted </Directory> <IfModule mime_module> # # TypesConfig points to the file containing the list of mappings from # filename extension to MIME-type. # TypesConfig /etc/mime.types # # AddType allows you to add to or override the MIME configuration # file specified in TypesConfig for specific file types. # #AddType application/x-gzip .tgz # # AddEncoding allows you to have certain browsers uncompress # information on the fly. Note: Not all browsers support this. # #AddEncoding x-compress .Z #AddEncoding x-gzip .gz .tgz # # If the AddEncoding directives above are commented-out, then you # probably should define those extensions to indicate media types: # AddType application/x-compress .Z AddType application/x-gzip .gz .tgz # # AddHandler allows you to map certain file extensions to "handlers": # actions unrelated to filetype. These can be either built into the server # or added with the Action directive (see below) # # To use CGI scripts outside of ScriptAliased directories: # (You will also need to add "ExecCGI" to the "Options" directive.) # AddHandler cgi-script .cgi .pl # For type maps (negotiated resources): AddHandler type-map var # # Filters allow you to process content before it is sent to the client. # # To parse .shtml files for server-side includes (SSI): # (You will also need to add "Includes" to the "Options" directive.) # AddType text/html .shtml .html .htm .php AddOutputFilter INCLUDES .shtml .html .htm .php </IfModule> # # Specify a default charset for all content served; this enables # interpretation of all content as UTF-8 by default. To use the # default browser choice (ISO-8859-1), or to allow the META tags # in HTML content to override this choice, comment out this # directive: # AddDefaultCharset UTF-8 <IfModule mime_magic_module> # # The mod_mime_magic module allows the server to use various hints from the # contents of the file itself to determine its type. The MIMEMagicFile # directive tells the module where the hint definitions are located. # MIMEMagicFile conf/magic </IfModule> # # Customizable error responses come in three flavors: # 1) plain text 2) local redirects 3) external redirects # # Some examples: #ErrorDocument 500 "The server made a boo boo." #ErrorDocument 404 /missing.html #ErrorDocument 404 "/cgi-bin/missing_handler.pl" #ErrorDocument 402 http://www.example.com/subscription_info.html # # # EnableMMAP and EnableSendfile: On systems that support it, # memory-mapping or the sendfile syscall may be used to deliver # files. This usually improves server performance, but must # be turned off when serving from networked-mounted # filesystems or if support for these functions is otherwise # broken on your system. # Defaults if commented: EnableMMAP On, EnableSendfile Off # #EnableMMAP off EnableSendfile on # Supplemental configuration # # Load config files in the "/etc/httpd/conf.d" directory, if any. # IncludeOptional conf.d/*.conf #IncludeOptional conf.d/*.conf/phpMyAdmin.conf #NameVirtualHost *:80 <VirtualHost *:80> ServerName ********.com ServerAdmin webmaster@hogehoge.com DocumentRoot /home/www/html ScriptAlias /cgi-bin /home/www/cgi-bin CustomLog /home/www/logs/access_log common ErrorLog /home/www/logs/error_log </VirtualHost>

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

Apache

Apacheは、Apache HTTP Serverの略で、最も人気の高いWebサーバソフトウェアの一つです。安定性が高いオープンソースソフトウェアとして商用サイトから自宅サーバまで、多くのプラットフォーム向けに開発・配布されています。サーバーソフトウェアの不具合(NCSA httpd)を修正するパッチ(a patch)を集積、一つ独立したソフトウェアとして開発されました。

Linux

Linuxは、Unixをベースにして開発されたオペレーティングシステムです。日本では「リナックス」と呼ばれています。 主にWebサーバやDNSサーバ、イントラネットなどのサーバ用OSとして利用されています。 上位500のスーパーコンピュータの90%以上はLinuxを使用しています。 携帯端末用のプラットフォームAndroidは、Linuxカーネル上に構築されています。

Red Hat Enterprise

Red Hat Enterpriseは、レッドハット社により開発・サポートが行われている業務向けLinuxディストリビューションです。オープンソースで無償で利用することができ、バイナリ版の入手・サポートは有償です。商用ディストリビューションとして人気が高く、代表的なLinuxの選択肢の一つです。