質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.51%

  • Python

    11702questions

    Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

pythonでcoreNLPを使いたいが…

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 901

kohekoh

score 122

pythonというかanacondaで使いたいとおもっています

がしかし…

Traceback (most recent call last):
  File "corenlp_example.py", line 99, in <module>
    vocaburary()
  File "corenlp_example.py", line 38, in vocaburary
    parser = corenlp.StanfordCoreNLP(corenlp_path=corenlp_dir, properties=properties_file)
  File "C:\Users\AppData\Local\conda\conda\envs\anaconda\lib\site-packages\corenlp\corenlp.py", line 435, in __init__
    self._spawn_corenlp()
  File "C:\Users\AppData\Local\conda\conda\envs\anaconda\lib\site-packages\corenlp\corenlp.py", line 404, in _spawn_corenlp
    self.corenlp = pexpect.spawn(self.start_corenlp, timeout=60, maxread=8192, searchwindowsize=80)
AttributeError: module 'pexpect' has no attribute 'spawn'
Exception ignored in: <bound method StanfordCoreNLP.__del__ of <corenlp.corenlp.StanfordCoreNLP object at 0x0000022E446BDC50>>
Traceback (most recent call last):
  File "C:\Users\AppData\Local\conda\conda\envs\anaconda\lib\site-packages\corenlp\corenlp.py", line 445, in __del__
    if self.isalive():
  File "C:\Users\AppData\Local\conda\conda\envs\anaconda\lib\site-packages\corenlp\corenlp.py", line 441, in isalive
    return self.corenlp.isalive()
AttributeError: 'StanfordCoreNLP' object has no attribute 'corenlp'

このようなエラーがでます
いまいちanacondaでのインストール等がわかっていないので
そこらへんの問題のような気がします

どうすればよいでしょうか

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

https://pexpect.readthedocs.io/en/stable/overview.html#pexpect-on-windows

pexpect.spawn and pexpect.run() are not available on Windows

Windowsでは動かないですね。

CoreNLPを別のプロセスで動かしてプロセス間通信で制御するようになっているのですけど、そういうことはWindowsではできないのです。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/07/03 13:44

    英語の文章を名詞と形容詞に形態素解析するなら、
    どの方法がおすすめですか?ライブラリとかがあれば助かります

    キャンセル

  • 2017/07/03 14:49

    形態素解析だけですか?

    用意された文章を解析すればいいだけでかつ精度が大事なら、CoreNLPを普通にコマンドして動かして結果のXMLをPythonで取り扱うとかでもいいかもしれません。
    そうでないなら、NLTK の WordPunctTokenizer と pos_tag を使ってもそれなりには解析できるかと。
    NLTKだと簡単に済みますよ。

    http://www.nltk.org/api/nltk.tag.html#nltk.tag.pos_tag

    pip install nltk
    python
    import nltk
    nltk.download('averaged_perceptron_tagger')
    nltk.download('punkt')
    from nltk.tag import pos_tag
    from nltk.tokenize import word_tokenize
    pos_tag(word_tokenize("John's big idea isn't all that bad."))

    キャンセル

  • 2017/07/03 16:26

    形態素解析だけです
    英語の文章を名詞と形容詞の単語リストにして
    TFIDFをする予定です

    キャンセル

  • 2017/07/03 18:05

    ちなみに、
    import nltk
    from nltk.tag import pos_tag
    from nltk.tokenize import word_tokenize

    このように入力して、実行すると
    ModuleNotFoundError: No module named 'nltk.tag'; 'nltk' is not a package

    このようになります
    nltkはpipでインストールしました
    なぜでしょうか
    anacondaを用いているからとかも関係あるのでしょうか

    キャンセル

  • 2017/07/03 18:26

    ちなみに
    import nltk
    nltk.download('averaged_perceptron_tagger')
    nltk.download('punkt')
    from nltk.tag import pos_tag
    from nltk.tokenize import word_tokenize

    このように入力して、実行すると
    AttributeError: module 'nltk' has no attribute 'download'

    このようになります

    キャンセル

  • 2017/07/03 18:50

    実行ディレクトリに nltk.py という名前のファイルで保存してないですか?

    キャンセル

  • 2017/07/03 18:57

    保存してます
    nltk.pyで保存して、実行しています

    ちなみに名前を変えて(nltk_exa.py)、実行しましたが
    次はドライブにディスクがありませんとかなんとか言われて
    結局キャンセルして終わりです

    キャンセル

  • 2017/07/03 19:03

    また、downloadの2文を入力して、実行すると
    2つがダウンロードされ、アンジップされました
    しかし、ドライブにディスクがありませんは相変わらず出てきて
    特に実行されずに終わります

    キャンセル

  • 2017/07/03 19:17

    インタプリタではできました
    相変わらず注意は出てきます
    ちなみに.pyで実行して、実行結果を表示するには
    どうすればよいですか??

    キャンセル

  • 2017/07/03 19:20

    式の返り値をprint関数に渡せばいいかと思いますが。

    ドライブにディスクがありません、はわからないですね。WindowsでPythonの環境を整えるのは、なにかの苦行にチャレンジしていたいからだろうと私は思ってます。

    キャンセル

  • 2017/07/03 19:44

    ありがとうございます
    できました

    キャンセル

  • 2017/07/03 20:03

    ドライブにディスクがありません、は nltk.data.path の中にムーバブルディスクが入ってみたいですね。なんかC:\nltk_data D:\nltk_data E:\nltk_data を追加するらしいです…… (これはひどい)

    キャンセル

  • 2017/07/03 21:35

    ということはnltk.data.pathの中のD,Eを削除すればよいということですか?
    どういう風に改善すればよいのでしょうか

    キャンセル

  • 2017/07/03 21:54

    中身を確認して del nltk.data.path[インデクス値] とかすればいいと思いますよ。

    キャンセル

  • 2017/07/03 22:01

    いまいちnltk.data.pathがよくわからないのですが
    どこに存在するのですか?

    キャンセル

  • 2017/07/03 22:09

    nltk.data.path はPythonのコードでした。
    なのでPythonのメモリ上に存在するデータです。
    プログラムで print(nltk.data.path) するとその環境での状況が確認できます。

    キャンセル

  • 2017/07/03 22:17

    削除をしたのですが結局でてきます…

    キャンセル

  • 2017/07/03 22:24

    読みこむ場所を追加するにはnltk.data.pathに追加するといい、というのは出てくるんですけど、削除するには、という情報はないんですよね。どうしても気になるならソースを見てみたらいいと思いますよ。

    キャンセル

  • 2017/07/03 22:32

    毎回出てくるし、なかなかの量がでてくるので
    めんどくさいので出てこないようにできればうれしいです
    もし、方法がわかったら教えていただければありがたいです

    キャンセル

同じタグがついた質問を見る

  • Python

    11702questions

    Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。