質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.32%

Vagrantfile作成後、ローカル内にあるはずの~/.ssh/configが存在しない

受付中

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 657

roronoazoro

score 67

vagrantについて質問です。現在、schooのvagrantの授業を参考に仮想環境を整えています。
OSはubuntu/trusty64(virtualbox, 20170613.0.0)をしようしております。

作業手順

  1. vagrant box add ubuntu/trusty64 URL
  2. vagrant init 
  3. vim ~/.ssh/config  

3を試すが.sshファイルはあるものの、configは見当たらない。
先生の方では、存在し、vimで編集を行えます。

他に何を設定すればいいのかわからず、自己解決できそうにありません。
アドバイス頂けるとありがたいです。
下記にVagrantfileを乗せておきます。
よろしくお願いします。

Vagrantfile

# -*- mode: ruby -*-
# vi: set ft=ruby :

# All Vagrant configuration is done below. The "2" in Vagrant.configure
# configures the configuration version (we support older styles for
# backwards compatibility). Please don't change it unless you know what
# you're doing.
Vagrant.configure("2") do |config|
  # The most common configuration options are documented and commented below.
  # For a complete reference, please see the online documentation at
  # https://docs.vagrantup.com.

  # Every Vagrant development environment requires a box. You can search for
  # boxes at https://atlas.hashicorp.com/search.
  config.vm.box = "ubuntu/trusty64"

  # The url from where the 'config.vm.box' box will be fetched if it
  # doesn't already exist on the user's system.
  config.vm.box_url = "20170613.0.0"

  # Create a forwarded port mapping which allows access to a specific port
  # within the machine from a port on the host machine. In the example below,
  # accessing "localhost:8080" will access port 80 on the guest machine.
  # NOTE: This will enable public access to the opened port
  # config.vm.network "forwarded_port", guest: 80, host: 8080

  # Create a forwarded port mapping which allows access to a specific port
  # within the machine from a port on the host machine and only allow access
  # via 127.0.0.1 to disable public access
  # config.vm.network "forwarded_port", guest: 80, host: 8080, host_ip: "127.0.0.1"

  # Create a private network, which allows host-only access to the machine
  # using a specific IP.
  # config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"

  # Create a public network, which generally matched to bridged network.
  # Bridged networks make the machine appear as another physical device on
  # your network.
  # config.vm.network "public_network"

  # Share an additional folder to the guest VM. The first argument is
  # the path on the host to the actual folder. The second argument is
  # the path on the guest to mount the folder. And the optional third
  # argument is a set of non-required options.
  # config.vm.synced_folder "../data", "/vagrant_data"

  # Provider-specific configuration so you can fine-tune various
  # backing providers for Vagrant. These expose provider-specific options.
  # Example for VirtualBox:
  #
  # config.vm.provider "virtualbox" do |vb|
  #   # Display the VirtualBox GUI when booting the machine
  #   vb.gui = true
  #
  #   # Customize the amount of memory on the VM:
  #   vb.memory = "1024"
  # end
  #
  # View the documentation for the provider you are using for more
  # information on available options.

  # Define a Vagrant Push strategy for pushing to Atlas. Other push strategies
  # such as FTP and Heroku are also available. See the documentation at
  # https://docs.vagrantup.com/v2/push/atlas.html for more information.
  # config.push.define "atlas" do |push|
  #   push.app = "YOUR_ATLAS_USERNAME/YOUR_APPLICATION_NAME"
  # end

  # Enable provisioning with a shell script. Additional provisioners such as
  # Puppet, Chef, Ansible, Salt, and Docker are also available. Please see the
  # documentation for more information about their specific syntax and use.
  # config.vm.provision "shell", inline: <<-SHELL
  #   apt-get update
  #   apt-get install -y apache2
  # SHELL
end
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • yoorwm

    2017/06/18 17:19

    vagrantを使用するのに.ssh/configを自分でいじる必要はなかったと思うのですが、何をテキストに実習を進めているのでしょうか?(というか、先生がついているのなら先生に質問するべきかと思います。)

    キャンセル

  • roronoazoro

    2017/06/18 17:43 編集

    実用度は低いみたいですね。録画授業を参考に進めております。configを設定すれば、どのディレクトリからでも、「ssh 任意の名前」でログインできるようです。録画授業だったため、こちらで質問させていただきました。

    キャンセル

  • yoorwm

    2017/06/18 19:49

    「録画授業」では、あなたが一体、何を吹き込まれて妙な事をしようとしているのか?が分からないと思います。「「ssh 任意の名前」でログインできるようです。」という内容自体恐らく間違えていますが、要はvagrantで建てたゲストOSの方にSSHでログインする方法を知りたいという事なのではないかと思いますがどうでしょうか?

    キャンセル

  • roronoazoro

    2017/06/18 20:09 編集

    vagrantを勉強し始めたばかりなので認識不足な面は多々あります。
    やりたいことは、vagrantで建てたゲストOSにホスト名をつけてログインすることで、それを行うためには.ssh/configをいじる必要があるみたいなのですが、configが見当たらなかったので質問してみました。

    キャンセル

回答 1

+1

vagrant がssh の設定を知っているので、それを訊いてみるといいとおもいます

cd my_vagrant_directory
vagrant up
vagrant ssh-config

設定情報は、標準出力に表示されるので、それをそのまま設定ファイルに追記しても良いかもしれません

# 一連の設定情報を myHost というID でファイルに追記
vagrant ssh-config --host myHost >> ~/.ssh/config
ssh myHost # myHost に接続

簡単に調べてみましたが、何か参考になれば幸いです

 Links

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.32%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る