質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.48%

ASP.NET C# ページに最後にアクセスした日時をApplicationUser毎に記録したい

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 2,448

score 246

前提・実現したいこと

identity2.0のフォーム認証(個人 ユーザー アカウント)にて、
IdentityUserを継承したApplicationUserに最終アクセス日時「LastAccessDate」のフィールドを追加し、
ページにアクセスする度にLastAccessDateのフィールドをサーバマシンの現在時刻で更新したいと考えております。

プロジェクト構成

  • Visual Studio Professional 2017
  • ASP.NET MVC5.2.3
  • .NET Framework 4.6.1
  • EntityFramework 6.1.3
  • ASP.NET Identity 2.2.1
  • IIS10

アドバイスいただきたいこと

現在は、以下のコードにて、ログイン時のみ更新を実現しています。
全てのページにおいてLastAccessDateを更新するための方法がありましたら、
ご教示いただきたいと考えております。

        // POST: /Account/Login
        [HttpPost]
        [AllowAnonymous]
        [ValidateAntiForgeryToken]
        public async Task<ActionResult> Login(LoginViewModel model, string returnUrl)
        {
            if (!ModelState.IsValid)
            {
                return View(model);
            }

            // これは、アカウント ロックアウトの基準となるログイン失敗回数を数えません。
            // パスワード入力失敗回数に基づいてアカウントがロックアウトされるように設定するには、shouldLockout: true に変更してください。
            var result = await SignInManager.PasswordSignInAsync(model.Email, model.Password, model.RememberMe, shouldLockout: false);
            switch (result)
            {
                case SignInStatus.Success:

                    using(var context = new ApplicationDbContext())
                    {
                        context.Users.Single(u => u.Id == User.Identity.GetUserId()).LastAccessDate == DateTime.Now();
                        await context.SaveChangesAsync();
                    }
                    return RedirectToLocal(returnUrl);
                case SignInStatus.LockedOut:
                    return View("Lockout");
                case SignInStatus.RequiresVerification:
                    return RedirectToAction("SendCode", new { ReturnUrl = returnUrl, RememberMe = model.RememberMe });
                case SignInStatus.Failure:
                default:
                    ModelState.AddModelError("", "無効なログイン試行です。");
                    return View(model);
            }
        }
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • SurferOnWww

    2017/05/23 19:15

    「ページにアクセスする度」ということですと結構負荷が高くて問題ありそうな気がしますがそこは検討済みなのでしょうか? 回答した後やっぱりやめたということになると悲しいのでお聞きしてます。アクションフィルターの利用は検討されたでしょうか? 検討したけどダメだったということであればそのことを書いていただけませんか。

    キャンセル

  • monagano

    2017/05/24 10:11

    お恥ずかしながら、アクションフィルター機能について存じ上げておりませんでした。アクションフィルターを使用すれば、目的を達せられそうなので、ひとまず着手してみようと思います。アクセス負荷については、200pv/day程度なので、恐らく問題ないと考えております。

    キャンセル

回答 1

checkベストアンサー

+2

「アクションフィルターの利用は検討されたでしょうか?」とか言っておいて、もしできなかったら何なので、自分の環境(Windows 10 64-bit, VS2015 Community Update 3, MVC5, ASP.NET Identity 2, IIS Express 10)で検証してみました。

アクションフィルターで目的は果たせると思います。

ご参考までに、以下の検証に使ったコードをアップしておきます。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Web;
using System.Web.Mvc;
using Mvc5App.Models;

namespace Mvc5App.Extensions
{
    public class AccessLogAttribute : ActionFilterAttribute
    {
        public override void OnResultExecuted(ResultExecutedContext filterContext)
        {
            if (filterContext == null)
            {
                throw new ArgumentNullException("OnResultExecuted メソッドの引数が null");
            }

            HttpContextBase context = filterContext.HttpContext;

            if (context.User.Identity.IsAuthenticated)
            {
                using (var db = new ApplicationDbContext())
                {
                    // User.Identity.Name はデフォルトで email と同じになりかつユニーク
                    string userName = context.User.Identity.Name;
                    ApplicationUser user = db.Users.FirstOrDefault(u => u.UserName == userName);
                    // アクセス日時の DB への登録
                }
            }            
        }
    }
}

* 2017/5/24 17:23 追記 *

私の 2017/05/24 17:06 のコメントで、「View に渡すならアクションフィルターで OnActionExecuting のタイミングで ViewData にその時点での日時を格納して渡すことができるはずです。検証してから回答欄に書いておきます」と書きました。

すでに解決したとのことですが、コメントに書いた通り当方でも検証してみましたので、検証に使ったコードをご参考までに以下にアップしておきます。

上に書いたコードでは OnResultExecuted のタイミングで処理してますが、その時点で ViewData に追加しても遅すぎで View では取得できないので、OnActionExecuting のタイミングに変えました。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Web;
using System.Web.Mvc;
using Mvc5App.Models;

namespace Mvc5App.Extensions
{
    public class AccessLogAttribute : ActionFilterAttribute
    {
        public override void OnActionExecuting(ActionExecutingContext filterContext)
        {
            if (filterContext == null)
            {
                throw new ArgumentNullException("ActionExecutingContext が null");
            }

            HttpContextBase context = filterContext.HttpContext;

            if (context.User.Identity.IsAuthenticated)
            {
                using (var db = new ApplicationDbContext())
                {
                    // User.Identity.Name はデフォルトで email と同じになりかつユニーク
                    string userName = context.User.Identity.Name;
                    ApplicationUser user = db.Users.FirstOrDefault(u => u.UserName == userName);
                    // アクセス日時の DB への登録

                    // ViewData に最新アクセス日時を設定
                    ViewDataDictionary dic = filterContext.Controller.ViewData;
                    dic["LastAccessDateTime"] = DateTime.Now.ToString();
                }
            }

            base.OnActionExecuting(filterContext);
        }
    }
}

View 側では @ViewData["LastAccessDateTime"] で取得できます。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/05/24 14:45

    以下のAction FilterをGlobalFiltersに追加することで、全てのページに目的の処理を追加できました。
    ただ、別問題なのですが、DBが更新されても、HttpContext.Userに反映されないため、
    View側からUser.Identity.GetLastAccessDate()で最新の値を参照することができずに悩んでおります。

    ```C#
    /// <summary>
    /// 自作フィルタ(最終アクセス日時)
    /// </summary>
    public class AddLastAccessAttribute : ActionFilterAttribute, IDisposable
    {
    private bool disposed = false;
    private ApplicationUserManager _userManager;
    public ApplicationUserManager UserManager
    {
    get
    {
    return _userManager ?? HttpContext.Current.GetOwinContext().GetUserManager<ApplicationUserManager>();
    }
    private set
    {
    _userManager = value;
    }
    }

    ~AddLastAccessAttribute()
    {
    this.Dispose(false);
    }

    public override void OnResultExecuted(ResultExecutedContext filterContext)
    {
    if (filterContext.HttpContext.User.Identity.IsAuthenticated)
    {
    var id = filterContext.HttpContext.User.Identity.GetUserId();
    var user = UserManager.FindById(id);
    user.LastAccessDate = DateTime.Now;
    UserManager.Update(user);

    }
    }

    public void Dispose()
    {
    this.Dispose(true);
    GC.SuppressFinalize(this);
    }

    protected virtual void Dispose(bool isDisposing)
    {
    if (!disposed)
    {
    if (isDisposing)
    {
    if (_userManager != null)
    {
    _userManager.Dispose();
    _userManager = null;
    }
    }
    disposed = true;
    }
    }
    }
    ```

    キャンセル

  • 2017/05/24 17:06

    > View側からUser.Identity.GetLastAccessDate()で最新の値を参照することができずに悩んでおります。

    View に渡すならアクションフィルターで OnActionExecuting のタイミングで ViewData にその時点での日時を格納して渡すことができるはずです。検証してから回答欄に書いておきます。

    キャンセル

  • 2017/05/24 17:16

    フォローありがとうございます。まさにその方法で実装し、実現しました。
    助かりました。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.48%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る