質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.11%

FirebaseのGoogle認証を行ったあと、Gmailのメールを取得したい。

受付中

回答 0

投稿

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 1,085

FeeRiot

score 6

前提・実現したいこと

FirebaseでGmailのメールを取得するWebアプリを作ろうと考えています。
今現在、FirebaseのGoogle認証とGmailのApiによる情報の取得を別々にできるところまで理解しました(それぞれのサンプルプログラムを動かした程度です)

ただ、アプリ上でそれらをつなげると、FirebaseのGoogle認証を行ったあと、さらにGmailの認証を行わなければならないので、できれば1回で済ませたいです。

FirebaseのGoogle認証後にgoogleのアクセストークンとユーザー情報が発行されますが、その情報をもとにGmailを引っ張ってこれるものなのでしょうか?
試したGmail API QuickstartのプログラムにはクライアントID以外は変更する箇所がなかったので、根本的に見当違いなことをしているのかもしれません。

できる場合、該当のドキュメントなどでも教えて戴けると助かります。
よろしくお願い致します。

該当のソースコード

Google認証によるログイン

参照 https://developers.google.com/gmail/api/quickstart/js

<button class="authBtn" disabled></button>
<span class="userId"></span>

<script>
var AuthUI = {
  init: function(){
    AuthUI.provider = new firebase.auth.GoogleAuthProvider();
    AuthUI.elAuthBtn = document.querySelector('.authBtn');
    AuthUI.elUserId = document.querySelector('.userId');
    AuthUI.draw();
    AuthUI.elAuthBtn.addEventListener('click', function(){
      AuthUI.doAuth();
    });
    firebase.auth().getRedirectResult().then(function(result) {
      AuthUI.elAuthBtn.disabled = false;
      if (result.credential) {
        // This gives you a Google Access Token. You can use it to access the Google API.
        var token = result.credential.accessToken;
      }
      if(result.user){
        AuthUI.data.authed = true;
        AuthUI.data.userId = result.user.email;
        AuthUI.draw();
      }
    }).catch(function(error) {
      // Handle Errors here.
      var errorCode = error.code;
      var errorMessage = error.message;
      // The email of the user's account used.
      var email = error.email;
      // The firebase.auth.AuthCredential type that was used.
      var credential = error.credential;
      // ...
    });
  },
  data: {
    authed: false,
    userId: '',
    info: ''
  },
  draw: function(){
    AuthUI.elAuthBtn.textContent = AuthUI.data.authed ? 'LOGOUT' : 'LOGIN';
    AuthUI.elUserId.textContent = AuthUI.data.userId;
  },
  doAuth: function(){
    if(AuthUI.data.authed){
      firebase.auth().signOut().then(function() {
        AuthUI.data.authed = false;
        AuthUI.data.userId = '';
        AuthUI.draw();
      }, function(error) {
        // An error happened.
      });
    }
    else {
      firebase.auth().signInWithRedirect(AuthUI.provider);
    }
  }
};
AuthUI.init();
</script>
Gmailの情報を取得

参照 http://qiita.com/cyokodog@github/items/eeedc5c94477602ec9f3

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <title>Gmail API Quickstart</title>
    <meta charset='utf-8' />
  </head>
  <body>
    <p>Gmail API Quickstart</p>

    <!--Add buttons to initiate auth sequence and sign out-->
    <button id="authorize-button" style="display: none;">Authorize</button>
    <button id="signout-button" style="display: none;">Sign Out</button>

    <pre id="content"></pre>

    <script type="text/javascript">
      // Client ID and API key from the Developer Console
      var CLIENT_ID = '<YOUR_CLIENT_ID>';

      // Array of API discovery doc URLs for APIs used by the quickstart
      var DISCOVERY_DOCS = ["https://www.googleapis.com/discovery/v1/apis/gmail/v1/rest"];

      // Authorization scopes required by the API; multiple scopes can be
      // included, separated by spaces.
      var SCOPES = 'https://www.googleapis.com/auth/gmail.readonly';

      var authorizeButton = document.getElementById('authorize-button');
      var signoutButton = document.getElementById('signout-button');

      /**
       *  On load, called to load the auth2 library and API client library.
       */
      function handleClientLoad() {
        gapi.load('client:auth2', initClient);
      }

      /**
       *  Initializes the API client library and sets up sign-in state
       *  listeners.
       */
      function initClient() {
        gapi.client.init({
          discoveryDocs: DISCOVERY_DOCS,
          clientId: CLIENT_ID,
          scope: SCOPES
        }).then(function () {
          // Listen for sign-in state changes.
          gapi.auth2.getAuthInstance().isSignedIn.listen(updateSigninStatus);

          // Handle the initial sign-in state.
          updateSigninStatus(gapi.auth2.getAuthInstance().isSignedIn.get());
          authorizeButton.onclick = handleAuthClick;
          signoutButton.onclick = handleSignoutClick;
        });
      }

      /**
       *  Called when the signed in status changes, to update the UI
       *  appropriately. After a sign-in, the API is called.
       */
      function updateSigninStatus(isSignedIn) {
        if (isSignedIn) {
          authorizeButton.style.display = 'none';
          signoutButton.style.display = 'block';
          listLabels();
        } else {
          authorizeButton.style.display = 'block';
          signoutButton.style.display = 'none';
        }
      }

      /**
       *  Sign in the user upon button click.
       */
      function handleAuthClick(event) {
        gapi.auth2.getAuthInstance().signIn();
      }

      /**
       *  Sign out the user upon button click.
       */
      function handleSignoutClick(event) {
        gapi.auth2.getAuthInstance().signOut();
      }

      /**
       * Append a pre element to the body containing the given message
       * as its text node. Used to display the results of the API call.
       *
       * @param {string} message Text to be placed in pre element.
       */
      function appendPre(message) {
        var pre = document.getElementById('content');
        var textContent = document.createTextNode(message + '\n');
        pre.appendChild(textContent);
      }

      /**
       * Print all Labels in the authorized user's inbox. If no labels
       * are found an appropriate message is printed.
       */
      function listLabels() {
        gapi.client.gmail.users.labels.list({
          'userId': 'me'
        }).then(function(response) {
          var labels = response.result.labels;
          appendPre('Labels:');

          if (labels && labels.length > 0) {
            for (i = 0; i < labels.length; i++) {
              var label = labels[i];
              appendPre(label.name)
            }
          } else {
            appendPre('No Labels found.');
          }
        });
      }

    </script>

    <script async defer src="https://apis.google.com/js/api.js"
      onload="this.onload=function(){};handleClientLoad()"
      onreadystatechange="if (this.readyState === 'complete') this.onload()">
    </script>
  </body>
</html>
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

まだ回答がついていません

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.11%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る