アソシエーションの考え方/has_many & belongs_to

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,459

PartyKids

score 63

GW中ありがとうございます。
rails tutorialや本を何度読み返したり、図にしたりしても日本語が分からず、理解できないので助けてください。

疑問

外部キーの意味が良くわからないため、詰まっています。
has_many や belongs_to は、テーブル間の関係性を表すもので、実際にテーブル間を繋げるのは外部キーによってである。っという考え方をしていました。が、その考え方だと、詰まってしまうので、助けてください。

###user.rb
has_many :microposts, dependent: :destroy
has_many :active_relationships, class_name: "Relationship",
           foreign_key: "follower_id",
           dependent: :destroy

###microposts.rb
belongs_to :user

###relationships.rb
belongs_to :follower, class_name: "User"
belongs_to :followed, class_name: "User"
###schema.rb
create_table "users", force: :cascade do |t|
    t.string "name"
    t.string "email"
    t.datetime "created_at", null: false
    t.datetime "updated_at", null: false
    t.string "password_digest"
    t.string "remember_digest"
    t.boolean "admin", default: false
    t.string "activation_digest"
    t.boolean "activated", default: false
    t.datetime "activated_at"
    t.string "reset_digest"
    t.datetime "reset_sent_at"
    t.index ["email"], name: "index_users_on_email", unique: true, using: :btree
  end

create_table "microposts", force: :cascade do |t|
    t.text     "content"
    t.integer  "user_id"
    t.datetime "created_at", null: false
    t.datetime "updated_at", null: false
    t.string   "picture"
    t.index ["user_id", "created_at"], name: "index_microposts_on_user_id_and_created_at", using: :btree
    t.index ["user_id"], name: "index_microposts_on_user_id", using: :btree
  end

create_table "relationships", force: :cascade do |t|
    t.integer  "follower_id"
    t.integer  "followed_id"
    t.datetime "created_at",  null: false
    t.datetime "updated_at",  null: false
    t.index ["followed_id"], name: "index_relationships_on_followed_id", using: :btree
    t.index ["follower_id", "followed_id"], name: "index_relationships_on_follower_id_and_followed_id", unique: true, using: :btree
    t.index ["follower_id"], name: "index_relationships_on_follower_id", using: :btree
  end

私の考え

user と micropostの関係性
userは複数の呟き(micropost)をする事が出来るので、user.rbにhas_manyと書く。逆に一つの呟きは必ず一人のユーザーによってなされるため、belongs_toを書く。

user と micropostの外部キー

Railsはデフォルトでは外部キーの名前を<class>_idといったパターンとして理解
ここから、よく意味が分からなくなりました。。。

user.rb に has_many :micropostsっと書けるのは、micropostsテーブルにuser_idカラムがあるから?

逆に、microposts.rb に belongs_to :user と書いているが、usersテーブルにmicroposts_idカラムなんてないけど。。。。

質問するにあたって、まとめて整理してみましたが、やっぱり意味が分からず、支離滅裂な質問文になってしまいましたが、よろしくお願いいたします。

追記

モデルAとモデルBがあり、テーブルAの情報をテーブルBに組み込みたいと仮定する(1対多)。
この時の主キーは、テーブルAのID(一意)であり、モデルBにあるa_idが外部キーとなる。

###a.rb
has_many :b


###b.rb
belongs_to :a


a,bは、モデル自身が見るべきモデルクラスを示唆しているだけで、外部キーや主キーの情報ではない。
a.rbは、has_many: b の b から、model class B を見て、自身のモデルクラス_IDがあることを知り、a→bのモデルが結合する。

逆に、b.rbは、belongs_to :a の a から、model class a を見て、自身のモデルクラス_IDがないため、aの主キーをベースに、b→aのモデルが結合する。

って事ですか?

has_many :active_relationships, class_name:  "Relationship",
                                  foreign_key: "follower_id",
                                  dependent:   :destroy

上記のコードで、『foreign_key: "follower_id"』っと記載しているのは、これを書かなかったら、active_relationshipsテーブルの主キーを外部IDと認識してしまうため、書いているのですか?

長文で申し訳ないですが、よろしくお願いいたします。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

has_many や belongs_to は、テーブル間の関係性を表すもので、実際にテーブル間を繋げるのは外部キーによってである。

「モデル間の関係性を定義するもの」と考えたほうが適切な気がします。

user.rb に has_many :micropostsっと書けるのは、micropostsテーブルにuser_idカラムがあるから?
逆に、microposts.rb に belongs_to :user と書いているが、usersテーブルにmicroposts_idカラムなんてないけど。。。。

has_many、belongs_to は関連モデルにアクセスするメソッドを定義するための記述と考えればよいです。

  • user.rb に has_many ⇒ user.micropostsのメソッドを使用できるようにする
  • microposts.rb に belongs_to ⇒ micropost.userのメソッドを使用できるようにする

どちらもテーブルからデータを取得する際にはどちらも micropostsテーブルのuser_idカラムを使用します。

【補足】

外部キーについてはとりあえず以下の解釈でよいと思います。

  • テーブルは「主キー」を持つ
  • 関連する他のテーブルの主キーを指す列を「外部キー」と呼ぶ

ソースコードとデータベースの関係については以下のようになっています。

  • db:migrationでマイグレーションファイルからDBテーブル、インデックスを生成する
  • プログラム実行時にDBテーブルの列定義からモデルのフィールド定義を生成する

上の通りの関係なので、モデルに記述したhas_many や belongs_toはDBテーブルには影響を与えません。
※初めてrailsプログラム作成した頃は、db:migrationでテーブル作成する際にモデルに記述したhas_many や belongs_toがテーブルの関連に影響するものと勘違いしていました。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/05/04 04:47

    主キーと外部キーを意識して、本を読み込んでみましたが、いまいち理解が出来なかったので、追記いたしました。
    よろしくお願いいたします!

    キャンセル

  • 2017/05/04 23:15

    「外部キー」という単語に脳内ストーリーを盛りまくって悩んでいるように感じられます。具体的な問題が何か整理して一つづつ片づけていってはどうでしょう。

    キャンセル

  • 2017/05/05 15:42

    >「外部キー」という単語に脳内ストーリーを盛りまくって悩んでいるように感じられます。

    仰る通りです(恥ずかしい。。。)
    GW中にrails tutrorialを終わらせたくって焦っていました。
    少し回り道をして、考えたいと思います。
    GW中に回答して頂き、誠にありがとうございました!
    良い週末をお過ごしください

    今回も助けて頂き、誠にありがとうございました!

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.22%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る