質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.49%

GPLv2のお作法について

受付中

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,384

score 160

Wordpressのプラグイン(Simple Membership)をカスタマイズしたのですが、
このプラグインのライセンスは

License: GPLv2 or later


と書かれていました。

このGPLv2、カスタマイズも再配布も可能なのは分かるのですが、
「著作権の表示が必須」という部分が具体的にどう表示したら良いのか?
私がカスタマイズしたものはサーバーサイドに存在するのみで公開していないのですが、その点は問題はないのか?
という2点が分かりません。

まず、著作権の表示に関して、
このプラグインの場合、冒頭に

/*
Plugin Name: Simple WordPress Membership
Version: 3.4.5
Plugin URI: https://simple-membership-plugin.com/
Author: smp7, wp.insider
Author URI: https://simple-membership-plugin.com/
Description: A flexible, well-supported, and easy-to-use WordPress membership plugin for offering free and premium content from your WordPress site.
*/


という記述があります。

著作権の表示、とは
元の作成者の情報(上記全部?)と再配布者(私)についての表示なのかなと思っているのですが、
具体的にどのように表示するのがお作法なのでしょうか?

次に、公開してないということはただのGPLだと問題になるようなのですが、
GPLv2の場合は大丈夫なのでしょうか?

参考にしたサイトは以下の3つですが、リンク先の英文などは読んでいません。
https://www.gnu.org/licenses/old-licenses/gpl-2.0-faq.ja.html
http://coliss.com/articles/build-websites/operation/work/choose-a-license-by-github.html
https://www.slideshare.net/YutakaKachi/ss-8616029?next_slideshow=1

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

0

カスタマイズしたプラグインを自分で使うだけであれば、「複製や頒布、改変以外の活動はこの契約書ではカバーされない。それらはこの契約書の対象外である。」ということで、WordPressで動かす分にはコードを送信するわけではないので、特に制約はかかりません。

また、改造したプラグインを再配布する場合も、PHPである以上ソースコードとして公開することとなるので、(難読化とか特殊なことをしていなければ)ソースコードへのライセンス表記で要件を満たせます。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.49%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る