質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.51%

  • JavaScript

    16419questions

    JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

JavaScript スクロールについて

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 380
退会済みユーザー

退会済みユーザー

すでにfanctionを組み込んだボタンにもう一つ機能を付けて画面のスクロールを動かしたいです。
人物紹介のような形で、指定した人のボタンを押すと画像の切り替えおよび、その人の詳細が書かれているスクロールを動かしたいのですが、どのようにしたらよいでしょうか??お願いします。
以下コードです

<!doctype html>
<html lang="ja">
  <head>
    <meta charset="UTF-8" />
    <title>HTML課題</title>
    <link rel="stylesheet" type="text/css" href="style.css" />
  </head>
  <body>
  <div class="all">
    <header>
      <div style="float: left">HTML課題</div>
      <div style="text-align: right">ログイン:h</div>
    </header>
    <div class="index">
    <h1><a name="目次">目次</a></h1>
      <ul>
        <li><a href="#目次">目次</a></li>
        <li><a href="#自己紹介">自己紹介</a></li>
        <li><a href="#社員一覧">社員一覧</a></li>
      </ul>
    </div>
    <div class="self">
    <h2><a name="introduction">自己紹介</a></h2>
    <div class="scr">/このクラスがスクロール部分です/
      <div>
          <p>名前 a</p>
          <p>カナ a</p>
          <p>生年月日</p>
          <p>一言</p>
      </div>
      <div>
          <p>名前 b</p>
          <p>カナ b</p>
          <p>生年月日</p>
          <p>一言</p>
      </div>
      <div>
          <p>名前 c</p>
          <p>カナ c</p>
          <p>生年月日</p>
          <p>一言</p>
      </div>
      <div>
          <p>名前 d</p>
          <p>カナ d</p>
          <p>生年月日</p>
          <p>一言</p>
      </div>
      <div>
          <p>名前 e</p>
          <p>カナ e</p>
          <p>生年月日</p>
          <p>一言</p>
      </div>
      <div>
          <p>名前 f</p>
          <p>カナ f</p>
          <p>生年月日</p>
          <p>一言</p>
      </div>
    </div>
    <div class="picture">
       <img  id="neko" src="neko0.jpg" alt="neko" name="area1">
    </div>
    </div>
  <div class="employee">
  <h2><a name="社員一覧">社員一覧</a></h2>
  <table>
    <tr>
      <th>NO</th>
      <th>名前</th>
      <th>役職</th>
      <th>詳細</th>
    </tr>
    <tr>
      <td>1</td>
      <td>a</td>
      <td>執行役員</td>
      <td>
      <input type="button" onclick='foo(0);' value="ボタン">
      </td>
    </tr>
    <tr>
      <td>2</td>
      <td>b</td>
      <td>課長</td>
      <td>
      <input type="button" onclick='foo(1);' value="ボタン">
      </td>
    </tr>
    <tr>
      <td>3</td>
      <td>c</td>
      <td>課長</td>
      <td><input type="button" onclick='foo(2);' value="ボタン"></td>
    </tr>
    <tr>
      <td>4</td>
      <td>d</td>
      <td></td>
      <td><input type="button" onclick='foo(3);' value="ボタン"></td>
    </tr>
    <tr>
      <td>5</td>
      <td>e</td>
      <td></td>
      <td><input type="button" onclick='foo(4);'value="ボタン"></td>
    </tr>
    <tr>
      <td>6</td>
      <td>f</td>
      <td></td>
      <td><input type="button" onclick='foo(5);'value="ボタン"></td>
    </tr>
    <tr>
      <td>7</td>
      <td></td>
      <td></td>
      <td></td>
    </tr>
    <tr>
      <td>8</td>
      <td></td>
      <td></td>
      <td></td>
    </tr>
    <tr>
      <td>9</td>
      <td></td>
      <td></td>
      <td></td>
    </tr>
    <tr>
      <td>10</td>
      <td></td>
      <td></td>
      <td></td>
    </tr>
  </table>
  </div>
  </div>
  <script src="kadai.js"></script>
   </body>
</html>

外部スクリプト
function foo(i) {
  var images = [ "neko0.jpg", "neko1.jpg", "neko2.jpg","neko3.jpg","neko4.jpg","neko5.jpg"];
  document.area1.src = images[i];
}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • kei344

    2017/04/11 23:44

    質問文のコードはそれぞれコードブロックで囲んでいただけませんか? ```(バッククオート3つ)で囲み、前後に改行をいれるか、コードを選択して「<code>」ボタンを押すとコードブロックになります。

    キャンセル

  • 退会済みユーザー

    退会済みユーザー

    2017/04/11 23:54

    ありがとうございます。修正いたしました。

    キャンセル

回答 1

checkベストアンサー

+2

ページ内リンクということであれば、以下のように行えると思いますが、いかがでしょうか?

<!doctype html>
<html lang="ja">
<head>
    <meta charset="UTF-8"/>
    <title>HTML課題</title>
    <link rel="stylesheet" type="text/css" href="style.css"/>
</head>
<body>
<div class="all">
    <header>
        <div style="float: left">HTML課題</div>
        <div style="text-align: right">ログイン:h</div>
    </header>
    <div class="index">
        <h1><a name="目次">目次</a></h1>
        <ul>
            <li><a href="#目次">目次</a></li>
            <li><a href="#自己紹介">自己紹介</a></li>
            <li><a href="#社員一覧">社員一覧</a></li>
        </ul>
    </div>
    <div class="self">
        <h2><a name="introduction">自己紹介</a></h2>
        <div class="scr">/このクラスがスクロール部分です/
            <div id="0">
                <p>名前 a</p>
                <p>カナ a</p>
                <p>生年月日</p>
                <p>一言</p>
            </div>
            <div id="1">
                <p>名前 b</p>
                <p>カナ b</p>
                <p>生年月日</p>
                <p>一言</p>
            </div>
            <div id="2">
                <p>名前 c</p>
                <p>カナ c</p>
                <p>生年月日</p>
                <p>一言</p>
            </div>
            <div id="3">
                <p>名前 d</p>
                <p>カナ d</p>
                <p>生年月日</p>
                <p>一言</p>
            </div>
            <div id="4">
                <p>名前 e</p>
                <p>カナ e</p>
                <p>生年月日</p>
                <p>一言</p>
            </div>
            <div id="5">
                <p>名前 f</p>
                <p>カナ f</p>
                <p>生年月日</p>
                <p>一言</p>
            </div>
        </div>
        <div class="picture">
            <img id="neko" src="neko0.jpg" alt="neko" name="area1">
        </div>
    </div>
    <div class="employee">
        <h2><a name="社員一覧">社員一覧</a></h2>
        <table>
            <tr>
                <th>NO</th>
                <th>名前</th>
                <th>役職</th>
                <th>詳細</th>
            </tr>
            <tr>
                <td>1</td>
                <td>a</td>
                <td>執行役員</td>
                <td>
                    <input type="button" onclick='foo(0);' value="ボタン">
                </td>
            </tr>
            <tr>
                <td>2</td>
                <td>b</td>
                <td>課長</td>
                <td>
                    <input type="button" onclick='foo(1);' value="ボタン">
                </td>
            </tr>
            <tr>
                <td>3</td>
                <td>c</td>
                <td>課長</td>
                <td><input type="button" onclick='foo(2);' value="ボタン"></td>
            </tr>
            <tr>
                <td>4</td>
                <td>d</td>
                <td></td>
                <td><input type="button" onclick='foo(3);' value="ボタン"></td>
            </tr>
            <tr>
                <td>5</td>
                <td>e</td>
                <td></td>
                <td><input type="button" onclick='foo(4);' value="ボタン"></td>
            </tr>
            <tr>
                <td>6</td>
                <td>f</td>
                <td></td>
                <td><input type="button" onclick='foo(5);' value="ボタン"></td>
            </tr>
            <tr>
                <td>7</td>
                <td></td>
                <td></td>
                <td></td>
            </tr>
            <tr>
                <td>8</td>
                <td></td>
                <td></td>
                <td></td>
            </tr>
            <tr>
                <td>9</td>
                <td></td>
                <td></td>
                <td></td>
            </tr>
            <tr>
                <td>10</td>
                <td></td>
                <td></td>
                <td></td>
            </tr>
        </table>
    </div>
</div>
<script>
    function foo(i) {
        var images = ["neko0.jpg", "neko1.jpg", "neko2.jpg", "neko3.jpg", "neko4.jpg", "neko5.jpg"];
        document.area1.src = images[i];
        location.href = location.href.split('#')[0] + "#" + i;
    }
</script>
</body>
</html>

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/04/11 23:24

    それぞれにidふって関数の中に入れてみたのですけど、スクロール画面は動かないですね・・・
    自分でもいろいろ考えて見ます!

    キャンセル

  • 2017/04/11 23:35

    動作確認が不十分でした。失礼しました。回答文のコードを修正しましたので、もう一度確認してみていただけませんか?

    キャンセル

  • 2017/04/11 23:56

    ありがとうございました。動きました!
    split('#')[0] + "#" + i;の理解があいまいです。
    id要素に引数を文字列で関連付けるといった意味合いでしょうか??

    キャンセル

  • 2017/04/12 00:01

    そのような解釈で間違いないかと思います。ページ内リンクについてはこちら(http://www.tagindex.com/html_tag/link/a_id.html)を読むとより理解できると思います。

    キャンセル

  • 2017/04/12 00:08

    ありがとうございます!拝見いたします。

    キャンセル

  • 2017/04/12 21:30

    昨日はありがとうございました。
    仮に
    // 要素の位置を取得する
    var element = document.getElementById() ;
    var rect = element.getBoundingClientRect();
    var positionX = rect.left + window.pageXOffset ; // 要素のX座標
    var positionY = rect.top + window.pageYOffset ; // 要素のY座標

    // 要素の位置にスクロールさせる
    window.scrollTo( positionX, positionY ) ;
    と書きたい場合どのようにすればいいのでしょうか?

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.51%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • JavaScript

    16419questions

    JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。