質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.33%

  • C#

    7717questions

    C#はマルチパラダイムプログラミング言語の1つで、命令形・宣言型・関数型・ジェネリック型・コンポーネント指向・オブジェクティブ指向のプログラミング開発すべてに対応しています。

  • Unity

    4433questions

    Unityは、ユニティテクノロジーが開発したゲームエンジンです。 主にモバイルやブラウザ向けのゲーム製作に利用されていましたが、3Dの重力付きゲームが簡単に作成できることから需要が増え、現在はマルチプラットフォームに対応しています。 言語はC言語/C++で書かれていますが、C#、JavaScript、Booで書かれたコードにも対応しています。

  • Unity2D

    976questions

Unityでさめがめ系ゲームを作りたいのですがブロックが下まで降りません

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 559

sitappa1981

score 50

すみませんが質問させてください。
現在Unityでさめがめ系ゲームの制作を練習で作っているところです。
そこでクリックした所のブロックを消して、上にブロックが残っている時にはブロックを降ろしてくる所の処理で躓いています。

実装したい内容としましては・・・
・カーソルをブロックに合わせると、カーソルを合わせたブロックと同じ色のブロックをまとめ選択される(今回は黒になっています)
・クリックすると黒になっているブロックをまとめて消す(実際には透明化しています)
・消えたブロックの上にブロックがある場合は、下に降ろす
という形で進行しているのですが、消えたブロックが縦に複数あった場合、完全に下まで折りきらずに止まってしまいます。

初期値がこのようになっていて、真ん中の方にあります赤にカーソルを合わせるとします
![イメージ説明

カーソルが合わさって赤色がまとめて選択状態(黒)になります、そこをクリックしますと
イメージ説明

左から4列目、下から3,4列目は空白のままですが、上からブロックが降りません。
イメージ説明

恐らくは「DownAction」の所でうまく処理できていないと思うのですが、何度書き換えてもうまく最後までブロックを降ろすことができません。
申し訳ありませんがどなたかご助力お願いできませんでしょうか?

実装したい内容 
http://www.afsgames.com/samegame.htm 

使用環境:Unity5.5.1、Visual Studio 2015 

該当のソースコード

    //カードをクリックした時
    public void ClickCheck() {
        for (int idy = 0; idy < 8; idy++) {
            for (int idx = 0; idx < 10; idx++) {
                //チェックフラグが立っている所を選択
                if (checkTBL[idx, idy] == 1) {
                    //チェックフラグを外す
                    checkTBL[idx, idy] = 0;
                    //オブジェクト生成の配列の方の該当の場所を0にする
                    boxTBL[idx, idy] = 0;
                    //オブジェクト名を登録する
                    objname = "Card_x" + idx + "_y" + idy;
                    //登録したオブジェクト名のオブジェクトを探す
                    GameObject obj = GameObject.Find(objname);
                    //クリックされたカードと、それに隣接している同じ色のカードの色を透明にする(オブジェクトを消したわけではない)
                    obj.GetComponent<Renderer>().material.color = new Color(0.0f, 0.0f, 0.0f, 0.0f);
                }
            }
        }
        clickcheck = false;
        GameData.ClickCheck = false;
        downaction = true;
    }

    //クリックして消えたカードの上のカードを降ろしてくる
    public void DownAction() {
        //配列を逆から順番に検索を行う。(画面的には下から)
        for (int idy = 7; idy > 0; idy--) {
            for (int idx = 9; idx > -1; idx--) {
                //透明化されたカードの場所であれば
                if (boxTBL[idx,idy] == 0) {
                    for (int i = idy; i > 0; i--) {
                        //配列の上の列のカードを下にコピーする
                        boxTBL[idx, i] = boxTBL[idx, i - 1];
                    }
                    //配列の一番上のカードの配列番号を透明(0)にする
                    boxTBL[idx, 0] = 0;
                }
            }
        }
        for (int idy = 0; idy < 8; idy++) {
            for (int idx = 0; idx < 10; idx++) {
                    //オブジェクト名を登録する
                    objname = "Card_x" + idx + "_y" + idy;
                    //登録したオブジェクト名のオブジェクトを探す
                    GameObject obj = GameObject.Find(objname);
                    //色を設定する
                    switch (boxTBL[idx, idy]) {
                        case 0:
                            obj.GetComponent<Renderer>().material.color = new Color(0.0f, 0.0f, 0.0f, 0.0f);    //色を透明にする
                            break;
                        case 1:
                            obj.GetComponent<Renderer>().material.color = Color.blue;        //色を青に設定
                            break;
                        case 2:
                            obj.GetComponent<Renderer>().material.color = Color.green;      //色を緑に設定
                            break;
                        case 3:
                            obj.GetComponent<Renderer>().material.color = Color.red;        //色を緑に設定
                            break;
                        case 4:
                            obj.GetComponent<Renderer>().material.color = Color.yellow;      //色を緑に設定
                            break;
                        case 5:
                            obj.GetComponent<Renderer>().material.color = Color.cyan;        //色を緑に設定
                            break;
                    }
             }
         }
        downaction = false;
    }
}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

check解決した方法

0

すみません、自己解決しました。
DownActionの項目を複数回実行することで無事下まで降りました。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.33%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る

  • C#

    7717questions

    C#はマルチパラダイムプログラミング言語の1つで、命令形・宣言型・関数型・ジェネリック型・コンポーネント指向・オブジェクティブ指向のプログラミング開発すべてに対応しています。

  • Unity

    4433questions

    Unityは、ユニティテクノロジーが開発したゲームエンジンです。 主にモバイルやブラウザ向けのゲーム製作に利用されていましたが、3Dの重力付きゲームが簡単に作成できることから需要が増え、現在はマルチプラットフォームに対応しています。 言語はC言語/C++で書かれていますが、C#、JavaScript、Booで書かれたコードにも対応しています。

  • Unity2D

    976questions