質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.53%

  • PHP

    20250questions

    PHPは、Webサイト構築に特化して開発されたプログラミング言語です。大きな特徴のひとつは、HTMLに直接プログラムを埋め込むことができるという点です。PHPを用いることで、HTMLを動的コンテンツとして出力できます。HTMLがそのままブラウザに表示されるのに対し、PHPプログラムはサーバ側で実行された結果がブラウザに表示されるため、PHPスクリプトは「サーバサイドスクリプト」と呼ばれています。

  • MySQL

    5830questions

    MySQL(マイエスキューエル)は、TCX DataKonsultAB社などが開発するRDBMS(リレーショナルデータベースの管理システム)です。世界で最も人気の高いシステムで、オープンソースで開発されています。MySQLデータベースサーバは、高速性と信頼性があり、Linux、UNIX、Windowsなどの複数のプラットフォームで動作することができます。

  • Laravel 5

    1871questions

    Laravel 5は、PHPフレームワークLaravelの最新バージョンで、2014年11月に発表予定です。ディレクトリ構造がが現行版より大幅に変更されるほか、メソッドインジェクションやFormRequestの利用が可能になります。

Laravel5.4でフォームからDBへデータを追加したい。

解決済

回答 2

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 875
退会済みユーザー

退会済みユーザー

初めまして。

Laravel 5.4でDB連携を試しているのですが、SELECTとDELETEは出来るのですがINSERTとUPDATEができないので、できるようにしたいです。

DBはMySQLです。

エラーは以下の通りです。

ReflectionException in RouteSignatureParameters.php line 25:
Class App\Http\Controllers\ArticleRequest does not exist

この階層にArticleRequestは存在しませんが、
App\Http\Request\の中にあるArticleRequestを上記の階層に移してもエラーは出ました。

ArticleController.phpのソースコードは以下の通りです。

<?php

namespace App\Http\Controllers;

use Illuminate\Http\Requests;
use App\Article;

class ArticleController extends Controller
{
    /**
     * Display a listing of the resource.
     *
     * @return \Illuminate\Http\Response
     */
    public function index()
    {
      //一覧表示
      $data = Article::latest('created_at')->paginate(10);
      return view('article.index')->with('message','ユーザーリスト')->with('data',$data);
    }

    /**
     * Show the form for creating a new resource.
     *
     * @return \Illuminate\Http\Response
     */
    public function create()
    {
      //新規作成
      return view('article.create')->with('message','登録するユーザーを入力してください。');
    }

    /**
     * Store a newly created resource in storage.
     *
     * @param  \Illuminate\Http\Request  $request
     * @return \Illuminate\Http\Response
     */
    public function store(ArticleRequest $request)
    {
      //新規保存
      $article = new Article();
      $article->name = $request->name;
      $article->age = $request->age;
      $article->save();

      // View表示
      $res = $request->input('name').'さんを追加しました。';
      $data = Article::latest('created_at')->paginate(10);
      return redirect('/article/')->with('message',$res)->with('data',$data)->with('status','新規保存の処理完了!');
    }

    /**
     * Display the specified resource.
     *
     * @param  int  $id
     * @return \Illuminate\Http\Response
     */
    public function show($id)
    {
      //詳細表示
      $user = Article::findOrFail($id);
      return view('article.show')->with('user', $user);
    }

    /**
     * Show the form for editing the specified resource.
     *
     * @param  int  $id
     * @return \Illuminate\Http\Response
     */
    public function edit($id)
    {
      //編集
      $data = Article::findOrFail($id);
      return view('article.edit')->with('message','編集フォーム')->with('data',$data);
    }

    /**
     * Update the specified resource in storage.
     *
     * @param  \Illuminate\Http\Request  $request
     * @param  int  $id
     * @return \Illuminate\Http\Response
     */
    public function update(ArticleRequest $request, $id)
    {
      //更新
      $article = Article::findOrFail($id);
      $article->name = $request->name;
      $article->age = $request->age;
      $article->save();

      // View表示
      $res = $request->input('name')."さんを更新しました。";
      $data = Article::latest('created_at')->paginate(10);
      return redirect('/article/')->with('message',$res)->with('data',$data)->with('status','更新処理完了!');
    }

    /**
     * Remove the specified resource from storage.
     *
     * @param  int  $id
     * @return \Illuminate\Http\Response
     */
    public function destroy($id)
    {
      //削除
      $article = Article::findOrFail($id);
      $article->delete();

      // 削除処理
      $data = Article::latest('created_at')->get();
      return redirect('/article/')->with('status', '削除処理完了!')->with('data',$data);
    }
}

また、web.phpのソースコードは以下の通りです。

Route::resource('article','ArticleController');

原因を教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

新規作成のviewです。

@extends('layouts.default')
@section('title', '新規作成')
@section('content')

@if (session('status'))
<div class="alert alert-success" role="alert" onclick="this.classList.add('hidden')">{{ session('status') }}</div>
@endif

<p>{{$message}}</p>
<form class="form-horizontal" role="form" method="post" action="{{url('/article')}}">
<input type="hidden" name="_token" value="{{csrf_token()}}">

  <!--↓↓名前↓↓-->
  <div class="form-group">
  <label for="name" class="control-label col-sm-2">名前:</label>
  <div class="col-sm-10">
  <input type="text" name="name" id="name" value="{{ old('name') }}" class="form-control" placeholder="名前を文字を入力してください" autofocus>
  @if($errors->has('name'))
  <p class="text-danger" style="margin-bottom: 30px;">{{ $errors->first('name') }}</p>
  @endif
  <!--/.col-sm-10--></div>
  <!--/.form-group--></div>
  <!--↑↑名前↑↑-->

  <!--↓↓年齢↓↓-->
  <div class="form-group">
  <label for="age" class="control-label col-sm-2">年齢:</label>
  <div class="col-sm-10">
  <input type="number" name="age" id="age" value="{{ old('age') }}" class="form-control" placeholder="年齢を入力してください" autofocus>
  @if($errors->has('age'))
  <p class="text-danger" style="margin-bottom: 30px;">{{ $errors->first('age') }}</p>
  @endif
  <!--/.col-sm-10--></div>
  <!--/.form-group--></div>
  <!--↑↑年齢↑↑-->

<button class="btn btn-lg btn-primary btn-block" type="submit">送信</button>
</form>
@endsection

更新のviewです。

@extends('layouts.default')
@section('title', '編集ページ')
@section('content')

<p>{{$message}}</p>
<form class="form-horizontal" role="form" method="post" action="{{url('/article',$data->id)}}">
<input type="hidden" name="_token" value="{{csrf_token()}}">
{{-- 隠しフィールド --}}
<input type="hidden" name="_method" value="PATCH">

  <!--↓↓名前↓↓-->
  <div class="form-group">
  <label for="name" class="control-label col-sm-2">名前:</label>
  <div class="col-sm-10">
  <input type="text" name="name" value="{{ old('name', $data->name) }}" id="name" class="form-control" placeholder="名前を文字を入力してください" autofocus>
  @if($errors->has('name'))
  <p class="text-danger" style="margin-bottom: 30px;">{{ $errors->first('name') }}</p>
  @endif
  <!--/.col-sm-10--></div>
  <!--/.form-group--></div>
  <!--↑↑名前↑↑-->

  <!--↓↓年齢↓↓-->
  <div class="form-group">
  <label for="age" class="control-label col-sm-2">年齢:</label>
  <div class="col-sm-10">
  <input type="number" name="age" id="age" value="{{ old('age', $data->age) }}" class="form-control" placeholder="年齢を入力してください" autofocus>
  @if($errors->has('age'))
  <p class="text-danger" style="margin-bottom: 30px;">{{ $errors->first('age') }}</p>
  @endif
  <!--/.col-sm-10--></div>
  <!--/.form-group--></div>
  <!--↑↑年齢↑↑-->

<button class="btn btn-lg btn-primary btn-block" type="submit">送信</button>
</form>
@endsection
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

checkベストアンサー

0

まず最初に前回の回答が少し間違えていました。
public function update($request)
ではなく
public function update(Request $request)
ですね、でRoute::resourceについても、少し調べました。
1行のRouteで複数のマッピングを実施してくれる便利そうな機能ですね。
というところで、Postの情報をArticleRequestというオブジェクト?に詰め直してくれるのかと思ったのですが、違うようなので、上記の変更とArticleRequestクラスは不要なので削除していただければ、動作するのではないでしょうか?
また、よく見ると各メソッドのコメントにRequestとはあるもののArticleRequestというのは指定されていないので、何かのタイミングで間違って作ってしまったものなのではないでしょうか?

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/03/19 17:09

    回答ありがとうございます。
    Requestクラスが見つからないとのエラーが出るだけで何も変わりませんでした。
    http://laraweb.net/category/tutorial/
    上記のサイトを参考に作っていったものでもしよろしければ参考にお願いします。

    キャンセル

  • 2017/03/19 19:28

    お疲れ様です。こんなチュートリアルがあったんですね、こちらも勉強になります。
    ArticleRequestはRequestをextendsしたクラスなんですね、であれば、
    use Illuminate\Http\Requests;
    use App\Article;
    の下にでも
    use App\Http\Request\ArticleRequest;
    を追加すれば、行けそうな気がしますが、実際のArticleRequest.phpはどこにいますか?
    {ProjectRoot}/app/Http/Request/ArticleRequest.php
    にいなければ、上記のuseはエラーになります。
    作成された、ArticleRequest.phpの場所を調べて、その場所を指定します。namespaceという規則?を使っているので、それとの整合性も保てば、いけるんじゃないかな?と思います。

    キャンセル

  • 2017/03/19 22:56

    コメントありがとうございます。
    use App\Http\Requests\ArticleRequest;を追加することで目的通りに動きました。
    最初の回答の時にRequestsの最後のsが抜けていたのでエラーになってしまっていたようです。
    ありがとうございました。

    キャンセル

0

ArticleRequestというクラスが見つからないということなので、
ArticleRequestの所在を以下のように宣言するか、

use (クラスまでのパッケージみたいなもの)\ArticleRequest;

で解決するか、もしくは、
以下のメソッドの引数がRequestでいいような気がします。

public function update(ArticleRequest $request, $id)

public function update($request)

insertも同様でしょうか?

また、
Route::resource
というRouteを使ったことがないので、Requestの情報がどうパラメータとして入ってくるのか、わからないで回答しているのですが、このRouteに入る際のURLはどんな形になっていますか?
GETなのかPOSTなのか、その他なのかでも変わってきますが、GETパラメータであれば、そのパラメータの情報、POSTの場合は、Requestの中身が気になります。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/03/19 10:52

    回答ありがとうございます。
    use App\Http\Request\ArticleRequest;を追加しても結果は変わりませんでした。
    また、ArticleRequestを消すと「Internal error: Failed to retrieve the default value」というエラーになります。$idに関しましては、更新するレコードをidで指定しているので今のやり方では消すことができません。
    insertも同様です。
    Routeに入る際のURLに関してですが、私の勉強不足のせいで何を指しているのかが分からない状態です。
    Route::resourceは、新規追加の場合、POSTで「/article/」にアクセスするとstore関数を呼び出します。更新の場合、PUTまたはPATCHで「/article/{$id}」にアクセスするとupdate関数を呼び出します。
    質問欄に新規追加と更新のviewのコードを載せますので、そちらも見て頂けたらと思います。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.53%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • PHP

    20250questions

    PHPは、Webサイト構築に特化して開発されたプログラミング言語です。大きな特徴のひとつは、HTMLに直接プログラムを埋め込むことができるという点です。PHPを用いることで、HTMLを動的コンテンツとして出力できます。HTMLがそのままブラウザに表示されるのに対し、PHPプログラムはサーバ側で実行された結果がブラウザに表示されるため、PHPスクリプトは「サーバサイドスクリプト」と呼ばれています。

  • MySQL

    5830questions

    MySQL(マイエスキューエル)は、TCX DataKonsultAB社などが開発するRDBMS(リレーショナルデータベースの管理システム)です。世界で最も人気の高いシステムで、オープンソースで開発されています。MySQLデータベースサーバは、高速性と信頼性があり、Linux、UNIX、Windowsなどの複数のプラットフォームで動作することができます。

  • Laravel 5

    1871questions

    Laravel 5は、PHPフレームワークLaravelの最新バージョンで、2014年11月に発表予定です。ディレクトリ構造がが現行版より大幅に変更されるほか、メソッドインジェクションやFormRequestの利用が可能になります。