質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.50%

  • C

    3692questions

    C言語は、1972年にAT&Tベル研究所の、デニス・リッチーが主体となって作成したプログラミング言語です。 B言語の後継言語として開発されたことからC言語と命名。そのため、表記法などはB言語やALGOLに近いとされています。 Cの拡張版であるC++言語とともに、現在世界中でもっとも普及されているプログラミング言語です。

  • Arduino

    539questions

    Arduinoは、AVRマイコン、単純なI/O(入出力)ポートを備えた基板、C言語を元としたArduinoのプログラム言語と、それを実装した統合開発環境から構成されたシステムです。

  • Milkcocoa

    101questions

    Milkcocoaとは、バックエンド機能を提供するBaaSサービスの一つです。サーバを準備することなく、フロントエンドのコーディングだけでデータの保存・更新・取得、またPub/Sub通信行うことが可能です。

ArduinoUno,ESP-WROOM-02でmilkcocoaにデータを送信 ーライブラリについてー

解決済

回答 2

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,003

bobby2128

score 33

前提・実現したいこと

ArduinoUno,ESP-WROOM-02でmilkcocoaにデータを送信したいです。

http://blog.mlkcca.com/iot/save-sensor-values-by-half-hour-2/

上記のサイトを参考に、サンプルプログラムをArduinoIDE 1.8.0にてコンパイルしようとすると、まずは「ESP8266WiFi.hが無い」とコンパイルエラーとなりました。そこで、ESP8266WiFi.h、ESP8266WiFi.cppをそれぞれ以下のサイトから入手し、ESP8266WiFiというフォルダを作ってzip化しIDEにインクルードしました。

●ESP8266WiFi.h
https://github.com/esp8266/Arduino/blob/master/libraries/ESP8266WiFi/src/ESP8266WiFi.h

●ESP8266WiFi.cpp
https://github.com/esp8266/Arduino/blob/master/libraries/ESP8266WiFi/src/ESP8266WiFi.cpp

次に、以下のようなエラーメッセージが発生したのですが、
今度はESP8266WiFi.hの25行目で宣言されている

「#include "include/wl_definitions.h"」
のinclude/wl_definitions.hをどのようにIDEにインクルードすれば良いかわかりません。

wl_definitions.hは以下のように入手できるのですが、wl_definitions.cppについては検索してもヒットせず、どうすれば良いか困っています。

https://github.com/esp8266/Arduino/blob/master/libraries/ESP8266WiFi/src/include/wl_definitions.h

アイデアやアドバイスなどございましたら、お教えいただけますと幸甚に存じます。
(※別のプログラム、手段によるArduinoUno,ESP-WROOM-02でmilkcocoaにデータを送信する方法でもお教えいただけますと嬉しいです。)

発生している問題・エラーメッセージ

In file included from C:\Users\y.y\Documents\Arduino\_2017.3.1MilkcocoaTRY\_2017.3.1MilkcocoaTRY.ino:1:0:

C:\Users\y.y\Documents\Arduino\libraries\ESP8266WiFi/ESP8266WiFi.h:25:36: fatal error: include/wl_definitions.h: No such file or directory

 #include "include/wl_definitions.h"

compilation terminated.

exit status 1
???Arduino/Genuino Uno??????????????????????

該当のソースコード

#include <ESP8266WiFi.h>
#include <Milkcocoa.h>

/************************* WiFi Access Point *********************************/

#define WLAN_SSID       "Daim"
#define WLAN_PASS       "e9799"


/************************* Your Milkcocoa Setup *********************************/

#define MILKCOCOA_APP_ID      "readi"
#define MILKCOCOA_DATASTORE   "Machi"

/************* Milkcocoa Setup (you don't need to change this!) ******************/

#define MILKCOCOA_SERVERPORT  1883

/************ Global State (you don't need to change this!) ******************/

// Create an ESP8266 WiFiClient class to connect to the MQTT server.
WiFiClient client;

const char MQTT_SERVER[] PROGMEM    = MILKCOCOA_APP_ID ".mlkcca.com";
const char MQTT_CLIENTID[] PROGMEM  = __TIME__ MILKCOCOA_APP_ID;

Milkcocoa milkcocoa = Milkcocoa(&client, MQTT_SERVER, MILKCOCOA_SERVERPORT, MILKCOCOA_APP_ID, MQTT_CLIENTID);

void onpush(DataElement *elem) {
  Serial.println("onpush");
  Serial.println(elem->getInt("v"));
};

void setupWiFi() {
  Serial.println(); Serial.println();
  Serial.print("Connecting to ");
  Serial.println(WLAN_SSID);

  WiFi.begin(WLAN_SSID, WLAN_PASS);
  while (WiFi.status() != WL_CONNECTED) {
    delay(500);
    Serial.print(".");
  }
  Serial.println();

  Serial.println("WiFi connected");
  Serial.println("IP address: ");
  Serial.println(WiFi.localIP());
}

void setup() {
  Serial.begin(115200);
  delay(10);
  Serial.println(F("Milkcocoa SDK demo"));

  setupWiFi();

  Serial.println( milkcocoa.on(MILKCOCOA_DATASTORE, "push", onpush) );
};

void loop() {
  milkcocoa.loop();

  DataElement elem = DataElement();
  elem.setValue("v", 1);

  milkcocoa.push(MILKCOCOA_DATASTORE, &elem);
  delay(7000);
};

補足情報(言語/FW/ツール等のバージョンなど)

Arduino UNO
Arduino IDE 1.8.0
ESP-WROOM-02 

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

checkベストアンサー

0

まずは、GitHUBがZIPファイルをそのままダウンロードします。

Arduino IDE のメニューバー
「スケッチ」->「ライブラリィをインクルード」->「Zip形式のライブ、、、」を選択し
ダウンロードしたZIPファイルを指定してインクルードした環境でもダメですか?

Arduino IDE 1.6.12 を使用してます。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

0

Arduino IDEは全然触ったことがないですが

wl_definitions.hは以下のように入手できるのですが、wl_definitions.cppについては検索してもヒットせず、どうすれば良いか困っています。

.hに対応する.cppが必ずあるわけではありません。
https://github.com/esp8266/Arduino/blob/master/libraries/ESP8266WiFi/src/include/wl_definitions.h
の内容を見る限りマクロとenumしかないので.cppはなくても問題ないと思いますよ

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.50%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • C

    3692questions

    C言語は、1972年にAT&Tベル研究所の、デニス・リッチーが主体となって作成したプログラミング言語です。 B言語の後継言語として開発されたことからC言語と命名。そのため、表記法などはB言語やALGOLに近いとされています。 Cの拡張版であるC++言語とともに、現在世界中でもっとも普及されているプログラミング言語です。

  • Arduino

    539questions

    Arduinoは、AVRマイコン、単純なI/O(入出力)ポートを備えた基板、C言語を元としたArduinoのプログラム言語と、それを実装した統合開発環境から構成されたシステムです。

  • Milkcocoa

    101questions

    Milkcocoaとは、バックエンド機能を提供するBaaSサービスの一つです。サーバを準備することなく、フロントエンドのコーディングだけでデータの保存・更新・取得、またPub/Sub通信行うことが可能です。