質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.33%

  • WPF

    736questions

    Windows Presentation Foundation (WPF) は、魅力的な外観のユーザー エクスペリエンスを持つ Windows クライアント アプリケーションを作成するための次世代プレゼンテーション システムです

JSONをBindingしたい

受付中

回答 2

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 918

cancat

score 239

こんにちは。 
Windows10でWPFのアプリケーションを開発しています。 
Visual Studio 2015 Communityを使っています。 

前提・実現したいこと

JSONをUserControlにBindingで表示したいです。
表示した後に、GUIで編集して、保存もしたいです。

試したこと

従来は、ふつうにファイルを読んで、値をひとつづつ入れていました。
これだと、読み込んだjsonをいちいち展開し、保存時にはひとつづつ値を取得しなければなりません。
これをBindingで解決する方法はありませんか?

発生している問題

foreachで手間がかかる。

該当のソースコード

<Window x:Class="Json2UserControl.MainWindow"
        xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
        xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
        xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008"
        xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006"
        xmlns:local="clr-namespace:Json2UserControl"
        mc:Ignorable="d"
        Title="MainWindow" Height="350" Width="525">
    <Grid >
        <Grid.RowDefinitions>
            <RowDefinition Height="280*"/>
            <RowDefinition Height="40*"/>
        </Grid.RowDefinitions>
        <StackPanel x:Name="CardHolder" Grid.Row="0">

        </StackPanel>
        <StackPanel x:Name="Control" Grid.Row="1" Orientation="Horizontal">
            <Button Content="ReadJSON" Click="OnReadButtonClick"/>
            <Button Content="SaveJSON" Click="OnSaveButtonClick" />
        </StackPanel>
    </Grid>
</Window>
using System.IO;
using System.Text;
using System.Windows;
using Newtonsoft.Json;

namespace Json2UserControl {
    public partial class MainWindow : Window {
        public MainWindow() {
            InitializeComponent();
        }

        private void OnReadButtonClick(object sender, RoutedEventArgs e) {
            string file = @"people.json";
            string jsonstring = File.ReadAllText(file, Encoding.UTF8);
            var people = JsonConvert.DeserializeObject<People>(jsonstring);
            foreach(var person in people.people) {
                var card = new CardUserControl();
                card.Name.Text = person.Name;
                card.ID.Text = person.ID;
                //imageは略。
                CardHolder.Children.Add(card);
            }
        }

        private void OnSaveButtonClick(object sender, RoutedEventArgs e) {
            var people = new People();
            int i = 0;
            foreach(var child in CardHolder.Children) {
                var card = child as CardUserControl;
                people.people = new Person[CardHolder.Children.Count];
                people.people[i] = new Person();
                people.people[i].ID = card.ID.Text;
                people.people[i].Name = card.Name.Text;
                //imageは略。
                i++;
            }
            string jsonstring = JsonConvert.SerializeObject(people);
            string file = @"people.json";
            File.AppendAllText(file, jsonstring, Encoding.UTF8);
        }
    }
}
<UserControl x:Class="Json2UserControl.CardUserControl"
             xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
             xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
             xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006" 
             xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008" 
             xmlns:local="clr-namespace:Json2UserControl"
             mc:Ignorable="d" 
             d:DesignHeight="200" d:DesignWidth="300">
    <Grid>
        <Grid.RowDefinitions>
            <RowDefinition Height="25*"/>
            <RowDefinition Height="25*"/>
            <RowDefinition Height="100*"/>
        </Grid.RowDefinitions>
        <Grid.ColumnDefinitions>
            <ColumnDefinition Width="13*"/>
            <ColumnDefinition Width="62*"/>
        </Grid.ColumnDefinitions>
        <Label Grid.Column="0" Grid.Row="0">Name</Label>
        <TextBox x:Name="Name" Grid.Column="1" Grid.Row ="0"></TextBox>
        <Label Grid.Column="0" Grid.Row="1">ID</Label>
        <TextBox x:Name="ID" Grid.Column="1" Grid.Row="1"></TextBox>
        <Label Grid.Column="0" Grid.Row="2">Face</Label>
        <Image x:Name="FaceImage" Grid.Column="1" Grid.Row="2"></Image>
    </Grid>
</UserControl>
using System.Windows.Controls;

namespace Json2UserControl {
    public partial class CardUserControl : UserControl {
        public CardUserControl() {
            InitializeComponent();
        }
    }
}

public class People {
    public Person[] people { get; set; }
}

public class Person {
    public string Name { get; set; }
    public string ID { get; set; }
    public string Face { get; set; }
}
{
  "People": [
    {
        "Name": "五代雄介",
        "ID": "01",
        "Face": "五代雄介.jpg"
    },
    {
        "Name": "津上翔一",
        "ID": "02",
        "Face": "津上翔一.jpg"
    }
  ]
}

補足情報(言語/FW/ツール等のバージョンなど)

Microsoft Visual Studio Community 2015 
Version 14.0.25424.00 Update 3 
Microsoft .NET Framework 
Version 4.6.01038 

インストールしているバージョン:Community 

Visual C# 2015   00322-20000-00000-AA575 
Microsoft Visual C# 2015 

です。 
よろしくお願いします。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • 退会済みユーザー

    2017/02/23 11:10

    複数のユーザーから「やってほしいことだけを記載した丸投げの質問」という意見がありました
    「質問を編集する」ボタンから編集を行い、調査したこと・試したことを記入していただくと、回答が得られやすくなります。

回答 2

0

こんにちは。

可能だと思いますよ。

People相当のViewModelを作成し、UIとバインディングさせれば表示できます。
保存時には同期させたModelをそのままシリアライズで良さそうな。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/02/23 11:02

    People相当のViewModelの作成方法をご教示いただけると嬉しく。

    キャンセル

0

https://teratail.com/questions/63899
前にこれだけの話と書いたことでできるはずです。

やりたいと書いていることは、MVVMパターンの基本なので、ドキュメントはたくさんありますよ。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/02/23 11:03

    ドキュメント多すぎてわからないです。混乱中。

    キャンセル

  • 2017/03/15 14:42

    前に書いたコード、動きませんね。

    キャンセル

  • 2017/03/15 15:15

    今、手元にWindows環境がないですし、エラーが何なのかわからないとなにもわかりませんね。

    キャンセル

同じタグがついた質問を見る

  • WPF

    736questions

    Windows Presentation Foundation (WPF) は、魅力的な外観のユーザー エクスペリエンスを持つ Windows クライアント アプリケーションを作成するための次世代プレゼンテーション システムです