質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.51%

  • AWS(Amazon Web Services)

    2006questions

    Amazon Web Services (AWS)は、仮想空間を機軸とした、クラスター状のコンピュータ・ネットワーク・データベース・ストーレッジ・サポートツールをAWSというインフラから提供する商用サービスです。

ESP8266でS3にPOSTできない

受付中

回答 0

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 615

dice-k_1031

score 2

前提・実現したいこと

ESP8266でマイクで集音したデータをAWSで機械学習させる仕組みを構築しています。
録音したwavファイルをHTTPでS3にPOSTしようとしていますが、エラーになってしまいます。

POSTのテストツール(Advanced REST client)で同様のリクエストを投げてみたところ「412: Precondition Failed」が帰ってきました。
おそらく、http://docs.aws.amazon.com/fr_fr/AmazonS3/latest/API/sig-v4-authenticating-requests.html#auth-methods-intro
に記載のあるとおり、認証用の署名の添付が不足していたと考えています。

http://docs.aws.amazon.com/fr_fr/AmazonS3/latest/API/sigv4-auth-using-authorization-header.html
http://docs.aws.amazon.com/fr_fr/AmazonS3/latest/API/sig-v4-header-based-auth.html

に記載に沿ってAuthorizationヘッダをつけようと考えましたが、署名作成時の正規リクエスト作成時のクエリストリング、ヘッダなどのに入れるべき情報がわかりません。
プロトタイプ作成で特に必要以上のセキュリティは考えていないのですが最低限ファイル転送するためにS3にPOSTする際のHTTPヘッダに必要な情報、またその生成の仕方を教えていただきたいです。

ソースコード

include <ESP8266WiFi.h>
include <FS.h>
include <ESP8266HTTPClient.h>

define BUFBIT 12
define BUFSIZE (1<<BUFBIT)
define BUFMASK (BUFSIZE-1)

define FREQUENCY 8000
define DURATION 16000
define HOSTNAME '<backetname>.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com'

const char* ssid = "<ssid>";
const char* password = "<password>";

String payload = "";

int val = 0;           // 読み取った値を格納する変数
int adc_bias;
int16_t buffer[16000];
int bitsize = 16;

File fd;
WiFiClient client;

void wificonnect(){
Serial.println();
Serial.print("Connecting to ");
Serial.print(ssid);
WiFi.begin(ssid, password);
while (WiFi.status() != WL_CONNECTED) {
delay(500);
Serial.print(".");

Serial.println("");
Serial.print("WiFi connected, IP address: ");
Serial.println(WiFi.localIP());
}

void init_adc_bias() {
for (int i = 0; i < 1 << 8; i++) {
adc_bias += analogRead(A0);
delay(1);   //    os_delay(1);
}
adc_bias >>= 8;
}

void sampling(){
for (int i = 0; i < 16000; i++) {   //2秒サンプリング処理を繰り返す
uint16_t sensorValue = analogRead(A0) - adc_bias; //アナログファイルの読み込み
buffer[i] = sensorValue;//サンプリングファイルの作成
ESP.wdtFeed();
}
}

void makefile(){
SPIFFS.format();  // 書き込み速度のムラをなくす
fd = SPIFFS.open("/sample.wav", "w"); 
writeRiffHeader(&fd);       // ヘッダの書き込み
ESP.wdtDisable();
for (long i = 0; i < 16000; i++) {   //2秒サンプリング処理を繰り返す  
fd.write((uint8_t*)buffer[i], i);
書き込み
fd.close();
ESP.wdtFeed();
}
}

void writeRiffHeader(Stream *fd) {
struct {
char riff[4];
int32_t len1;
char wave[4];
char fmt[4];
int32_t formatSize;
int16_t formatCode;
int16_t channelCount;
int32_t samplingRate;
int32_t bytesPerSecond;
int16_t bytesPerBlock;
int16_t bitsPerSample;
char data[4];
int32_t len2;
} riff_header;
int size = sizeof(riff_header) - 4 + 4 + FREQUENCY * (DURATION / 1000) * 2;
strncpy(riff_header.riff, "RIFF", 4);
riff_header.len1 = size;
strncpy(riff_header.wave, "WAVE", 4);
strncpy(riff_header.fmt, "fmt ", 4);  // start of format chunk
riff_header.formatSize = 16;
riff_header.formatCode = 1;  // uncompressed PCM
riff_header.channelCount = 1; // monoral
riff_header.samplingRate = FREQUENCY; // Heltz
riff_header.bytesPerSecond = FREQUENCY * 2;
riff_header.bytesPerBlock = 2;  // 16bit monoral -> 2byte
riff_header.bitsPerSample = 16; // 16bit
strncpy(riff_header.data, "data", 4);  // start of data chunk
riff_header.len2 = FREQUENCY * (DURATION / 1000) * 2;  // wave data size
fd->write((uint8_t*)&riff_header, sizeof(riff_header));
}

void https_connect() {
HTTPClient client;
String url = HOSTNAME;
client.begin(url);
client.addHeader("Content-Type", "audio/wav");
client.addHeader("Connection", "close");
client.addHeader("AWSAccessKeyId", "<awsaccesskey>");
client.addHeader("key", "sample.wav");

File file = SPIFFS.open("/sample.wav", "r");
long size = file.size();
Serial.println("size is ");
Serial.println(size);

int httpCode = client.sendRequest("POST", &file, size);
Serial.printf("Request for recognize sent.\n", size);
file.close();

if (httpCode == HTTP_CODE_OK) {
payload = client.getString();
Serial.println(payload.c_str());
} else {
Serial.printf("[HTTP] POST... failed, error: %s\n", client.errorToString(httpCode).c_str());
}
client.end();
}

void setup() {
Serial.begin(9600);        // シリアル通信の初期化
SPIFFS.begin();
wificonnect();
init_adc_bias();            // ゼロポイントの測定
}

void loop() {
Serial.println("Start sampling");
sampling();
Serial.println("sampling conplete!");
Serial.println("Start make file");
makefile();  //wavファイルの作成
Serial.println("make file conplete!");
Serial.println("Start update to AWS");
https_connect();  //awsへの転送(途中)
Serial.println("update conplete!");
Serial.println();
delay(10000);
}

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

まだ回答がついていません

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.51%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • AWS(Amazon Web Services)

    2006questions

    Amazon Web Services (AWS)は、仮想空間を機軸とした、クラスター状のコンピュータ・ネットワーク・データベース・ストーレッジ・サポートツールをAWSというインフラから提供する商用サービスです。