質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.53%

  • FuelPHP

    557questions

    FuelPHPは、軽量高速で開発が可能なPHPのWebアプリケーションフレームワークです。

FuelPHPのバリデーションで入力値の加工は可能か?

解決済

回答 2

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 591

msx2

score 155

FuelPHPのValidationクラスでバリデーションの処理で値を加工することはできないのでしょうか?

Validationクラスにはinput()validated()というメソッドがあり、それぞれ入力された値とバリデーションが通った値が入っています。

例えば、テキストボックスに何も入力がなかったらデータベースに空文字ではなくNULLを保存したい場合に、独自バリデーション内で値を加工しvalidated()に反映できたら便利だと思いました。

コアのソースを読めばわかると思うのですが力及ばず質問させていただきました。。

可能なのかそうでないのかだけでもわかると助かります。

よろしくお願いします。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

+2

Validationクラスのrunメソッド(バリデーションの実行)の入力がデフォルトでは $_POST となりますが、当該メソッドに引数を渡すことで、入力を上書き(拡張)することが出来きます。
これを利用して要望を満たすことはできませんか?

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/02/02 16:01

    やはりバリデーション前にPOSTの値を加工してvalidation->run()に渡す方法になりそうですね。
    目的は果たせました、ありがとうございます。

    キャンセル

checkベストアンサー

0

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/01/27 12:58

    いつもご回答ありがとうございます。
    この記事は私も読みました!
    できそうな気がするんですけどねぇ…もう一回コアを読んでみます。

    キャンセル

  • 2017/01/27 13:15 編集

    validated()の実装を見ると単に$this->validated(もしくは$this->validated[$name])を返しているだけなので、run()したタイミングでそれらに値をもたせるよう、自作validation rule内で加工すれば良いように見えます。
    自作validation ruleはやったことがありますが、別途値を差し込むことまではやったことがないので、あまり参考にならない回答ですみません。

    キャンセル

  • 2017/02/02 16:25

    もともとの発想がmodelの$_propertiesに記述するバリデーションルールでユーザー入力の検証もデータベースに保存する前の検証も両方済ませてしまいたいというものでした。
    考えてみればこの2つは似てはいるけど別物で、FuelPHPのバリデーションはユーザー入力を検証するためのものであってデータベースの保存には別途検証が必要なんですね。
    アドバイスありがとうございました。またお願いします。

    キャンセル

同じタグがついた質問を見る

  • FuelPHP

    557questions

    FuelPHPは、軽量高速で開発が可能なPHPのWebアプリケーションフレームワークです。