質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
CentOS

CentOSは、主にRed Hat Enterprise Linux(RHEL)をベースにした、フリーのソフトウェアオペレーティングシステムです。

Tera Term

Tera Termは、TeraTerm Projectが開発する国産のWindows向けターミナルソフト。telnetプロトコルでのリモートホストへの接続やCOMポートのシリアル接続が可能で、マクロが利用できます。

SSH

SSH(Secure Shell)は、セキュアチャネルを通してデータを交換するためのネットワークプロトコルです。リモートサーバーへのコマンド実行やファイル転送を行う時に一般的に使用されます。

Linux

Linuxは、Unixをベースにして開発されたオペレーティングシステムです。日本では「リナックス」と呼ばれています。 主にWebサーバやDNSサーバ、イントラネットなどのサーバ用OSとして利用されています。 上位500のスーパーコンピュータの90%以上はLinuxを使用しています。 携帯端末用のプラットフォームAndroidは、Linuxカーネル上に構築されています。

VirtualBox

VirtualBoxは、現在米オラクル社が開発している、 x86仮想化ソフトウェア・パッケージの一つです。

解決済

VirtulBOX上にインストールしたLinux(CentOS7)にSSHでホストマシンより接続ができません

DD51_742
DD51_742

総合スコア0

CentOS

CentOSは、主にRed Hat Enterprise Linux(RHEL)をベースにした、フリーのソフトウェアオペレーティングシステムです。

Tera Term

Tera Termは、TeraTerm Projectが開発する国産のWindows向けターミナルソフト。telnetプロトコルでのリモートホストへの接続やCOMポートのシリアル接続が可能で、マクロが利用できます。

SSH

SSH(Secure Shell)は、セキュアチャネルを通してデータを交換するためのネットワークプロトコルです。リモートサーバーへのコマンド実行やファイル転送を行う時に一般的に使用されます。

Linux

Linuxは、Unixをベースにして開発されたオペレーティングシステムです。日本では「リナックス」と呼ばれています。 主にWebサーバやDNSサーバ、イントラネットなどのサーバ用OSとして利用されています。 上位500のスーパーコンピュータの90%以上はLinuxを使用しています。 携帯端末用のプラットフォームAndroidは、Linuxカーネル上に構築されています。

VirtualBox

VirtualBoxは、現在米オラクル社が開発している、 x86仮想化ソフトウェア・パッケージの一つです。

2回答

0評価

0クリップ

3371閲覧

投稿2016/12/17 03:56

  1. VitaulBOX上にゲストOSとしてCentOS7をインストールを行い。
  • リストVitaulBOX上では正常に動作するようになりました。
  • しかしかホストOSからTereTermを利用してSSH接続が出来ない状況です。
  • ホストOSからTereTermを利用してSSH接続ができる方法をご教授願います。
  1. 設定したこと
  • VitaulBOX上の環境設定ネットワークホストオンリーネットワークにIPアドレス(192.168.56.111)ネットマスクを設定(255.255.0.0)
  • ゲストOSの/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-enp0s8に固定IPアドレス等の情報を記載(192.168.56.111)
  • CentOSのファイヤーウオールの無効化
  • CentOSのSELinuxの無効化
  1. 事象
  • ホストOSよりTereTermで接続時ユーザ認証画面がでるが、ssh接続できない。
  • ホストOSよりゲストOSのIPアドレスを指定してpingの応答はある。
  1. 環境

ホストOS Windows10 Pro 64bit
TereTerm 4.9.3
VitualBox 5.1.10
ゲストOS CentOS Linux release 7.3.1611 (Core)

  1. TereTermで接続失敗のキャプチャ

イメージ説明

  1. /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-enp0s8の設定内容
HWADDR=08:00:27:1A:51:B4 TYPE=Ethernet BOOTPROTO=none IPADDR=192.168.56.111 PREFIX=24 DEFROUTE=yes IPV4_FAILURE_FATAL=no IPV4_DNS_PRIORITY=100 IPV6INIT=no NAME=enp0s8 UUID=bc7480f9-ce81-4118-9d5b-720b669de8ba DEVICE=enp0s8 ONBOOT=yes
  1. /etc/ssh/sshd_configの内容
# $OpenBSD: sshd_config,v 1.93 2014/01/10 05:59:19 djm Exp $ # This is the sshd server system-wide configuration file. See # sshd_config(5) for more information. # This sshd was compiled with PATH=/usr/local/bin:/usr/bin # The strategy used for options in the default sshd_config shipped with # OpenSSH is to specify options with their default value where # possible, but leave them commented. Uncommented options override the # default value. # If you want to change the port on a SELinux system, you have to tell # SELinux about this change. # semanage port -a -t ssh_port_t -p tcp #PORTNUMBER # Port 22 #AddressFamily any #ListenAddress 0.0.0.0 #ListenAddress :: # The default requires explicit activation of protocol 1 Protocol 2 # HostKey for protocol version 1 #HostKey /etc/ssh/ssh_host_key # HostKeys for protocol version 2 HostKey /etc/ssh/ssh_host_rsa_key #HostKey /etc/ssh/ssh_host_dsa_key HostKey /etc/ssh/ssh_host_ecdsa_key HostKey /etc/ssh/ssh_host_ed25519_key # Lifetime and size of ephemeral version 1 server key #KeyRegenerationInterval 1h #ServerKeyBits 1024 # Ciphers and keying #RekeyLimit default none # Logging # obsoletes QuietMode and FascistLogging #SyslogFacility AUTH SyslogFacility AUTHPRIV #LogLevel INFO # Authentication: #LoginGraceTime 2m #PermitRootLogin yes #StrictModes yes #MaxAuthTries 6 #MaxSessions 10 #RSAAuthentication yes #PubkeyAuthentication yes # The default is to check both .ssh/authorized_keys and .ssh/authorized_keys2 # but this is overridden so installations will only check .ssh/authorized_keys AuthorizedKeysFile .ssh/authorized_keys #AuthorizedPrincipalsFile none #AuthorizedKeysCommand none #AuthorizedKeysCommandUser nobody # For this to work you will also need host keys in /etc/ssh/ssh_known_hosts #RhostsRSAAuthentication no # similar for protocol version 2 #HostbasedAuthentication no # Change to yes if you don't trust ~/.ssh/known_hosts for # RhostsRSAAuthentication and HostbasedAuthentication #IgnoreUserKnownHosts no # Don't read the user's ~/.rhosts and ~/.shosts files #IgnoreRhosts yes # To disable tunneled clear text passwords, change to no here! #PasswordAuthentication yes #PermitEmptyPasswords no PasswordAuthentication yes # Change to no to disable s/key passwords #ChallengeResponseAuthentication yes ChallengeResponseAuthentication no # Kerberos options #KerberosAuthentication no #KerberosOrLocalPasswd yes #KerberosTicketCleanup yes #KerberosGetAFSToken no #KerberosUseKuserok yes # GSSAPI options GSSAPIAuthentication no GSSAPICleanupCredentials no #GSSAPIStrictAcceptorCheck yes #GSSAPIKeyExchange no #GSSAPIEnablek5users no # Set this to 'yes' to enable PAM authentication, account processing, # and session processing. If this is enabled, PAM authentication will # be allowed through the ChallengeResponseAuthentication and # PasswordAuthentication. Depending on your PAM configuration, # PAM authentication via ChallengeResponseAuthentication may bypass # the setting of "PermitRootLogin without-password". # If you just want the PAM account and session checks to run without # PAM authentication, then enable this but set PasswordAuthentication # and ChallengeResponseAuthentication to 'no'. # WARNING: 'UsePAM no' is not supported in Red Hat Enterprise Linux and may cause several # problems. UsePAM yes #AllowAgentForwarding yes #AllowTcpForwarding yes #GatewayPorts no X11Forwarding yes #X11DisplayOffset 10 #X11UseLocalhost yes #PermitTTY yes #PrintMotd yes #PrintLastLog yes #TCPKeepAlive yes #UseLogin no UsePrivilegeSeparation sandbox # Default for new installations. #PermitUserEnvironment no #Compression delayed #ClientAliveInterval 0 #ClientAliveCountMax 3 #ShowPatchLevel no #UseDNS yes #PidFile /var/run/sshd.pid #MaxStartups 10:30:100 #PermitTunnel no #ChrootDirectory none #VersionAddendum none # no default banner path #Banner none # Accept locale-related environment variables AcceptEnv LANG LC_CTYPE LC_NUMERIC LC_TIME LC_COLLATE LC_MONETARY LC_MESSAGES AcceptEnv LC_PAPER LC_NAME LC_ADDRESS LC_TELEPHONE LC_MEASUREMENT AcceptEnv LC_IDENTIFICATION LC_ALL LANGUAGE AcceptEnv XMODIFIERS # override default of no subsystems Subsystem sftp /usr/libexec/openssh/sftp-server # Example of overriding settings on a per-user basis #Match User anoncvs # X11Forwarding no # AllowTcpForwarding no # PermitTTY no # ForceCommand cvs server

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

CentOS

CentOSは、主にRed Hat Enterprise Linux(RHEL)をベースにした、フリーのソフトウェアオペレーティングシステムです。

Tera Term

Tera Termは、TeraTerm Projectが開発する国産のWindows向けターミナルソフト。telnetプロトコルでのリモートホストへの接続やCOMポートのシリアル接続が可能で、マクロが利用できます。

SSH

SSH(Secure Shell)は、セキュアチャネルを通してデータを交換するためのネットワークプロトコルです。リモートサーバーへのコマンド実行やファイル転送を行う時に一般的に使用されます。

Linux

Linuxは、Unixをベースにして開発されたオペレーティングシステムです。日本では「リナックス」と呼ばれています。 主にWebサーバやDNSサーバ、イントラネットなどのサーバ用OSとして利用されています。 上位500のスーパーコンピュータの90%以上はLinuxを使用しています。 携帯端末用のプラットフォームAndroidは、Linuxカーネル上に構築されています。

VirtualBox

VirtualBoxは、現在米オラクル社が開発している、 x86仮想化ソフトウェア・パッケージの一つです。