質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.80%

【JS】どうみても存在するプロパティがundefinedになる

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 7,799

score 10

console.log(userObj);では見えている'email'というプロパティが、次の行のconsole.log(userObj.email);でundefined、console.log(userObj.hasOwnProperty('email'))でfalseになります。

前提・実現したいこと

ログイン後、セッションを確立したユーザーのメールアドレスを動的に表示しようとしています。
認証はAWS Cognitoを使っていて、getUserAttributesで取得したメールアドレスをuserObjというオブジェクトにemailというキーで格納しています。その後userObjを戻り値としたresolve(userObj)の中で、$('#email').html(userObj.email);でメールアドレスを表示しようとしています。

発生している問題・エラーメッセージ

メールアドレスが表示されなかったので、console.log(userObj)で中身を確認したところ、'email: hogehoge@example.com'はきちんと見えました。ですが直後に実行したconsole.log(userObj.email)はundefinedになり、console.log(userObj.hasOwnProperty('email'))はfalseになりました。

問題の箇所

console.log(userObj);
console.log('userObj.email → ' + userObj.email);
console.log('userObj.hasOwnProperty("email") → ' + userObj.hasOwnProperty("email"));

上記部分のコンソールの出力結果です↓
イメージ説明

このように、Objectの中身には「email: "hogehoge@example.com"」というのがは見えていますが、直後にはそれがundefinedになり、プロパティ自体存在しないと言われてしまいます。

該当のソースコード

validateSession(cognitoUser).then(function(userObj){
      console.log(userObj);
      console.log('userObj.email → ' + userObj.email);
      console.log('userObj.hasOwnProperty("email") → ' + userObj.hasOwnProperty("email"));
      $('#username').html(userObj.username);
      $('#email').html(userObj.email);
    },invaildSession);

var validateSession = function(cognitoUser){
  return new Promise(function(resolve, reject){
    var userObj = {};
    if(cognitoUser != null){
      $.each(cognitoUser, function(key, val){
        userObj[key] = val;
      });
      cognitoUser.getSession(function(err, sessresult){
        if(sessresult){
          console.log('Session has been validated.');
          // Get user's attributes (ex: email)
          cognitoUser.getUserAttributes(function(err, attrresult){
            if(err){
              console.log(err);
              return;
            }
            //attrresultの中身をuserObjに格納
            $.each(attrresult, function(index, val){
              userObj[val['Name']] = val['Value'];
            });
          });
          resolve(userObj);
        }else{
          console.log('No sessresult');
          reject();
        }
      });
    }else{
      console.log('No cognito User');
      reject();
    }
  });
};

補足情報

Google Chrome 54.0.2840.98 (64-bit)
コンテンツはAmazon S3に置いてます。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

check解決した方法

+1

resolve(userObj);の位置を、一つ内側にしたら解決しました。

修正後

var validateSession = function(cognitoUser){
  return new Promise(function(resolve, reject){
    var userObj = {};
    if(cognitoUser != null){
      $.each(cognitoUser, function(key, val){
        userObj[key] = val;
      });
      cognitoUser.getSession(function(err, sessresult){
        if(sessresult){
          console.log('Session has been validated.');
          // Get user's attributes (ex: email)
          cognitoUser.getUserAttributes(function(err, attrresult){
            if(err){
              console.log(err);
              return;
            }
            //attrresultの中身をuserObjに格納
            $.each(attrresult, function(index, val){
              userObj[val['Name']] = val['Value'];
            });
            resolve(userObj);
          });
          //resolve(userObj);
        }else{
          console.log('No sessresult');
          reject();
        }
      });
    }else{
      console.log('No cognito User');
      reject();
    }
  });
};

ということは、emailプロパティがuserObjに格納される前にresolve(userObj)が返されていたということでしょうか。なぜconsole.log(userObj)で表示されていたのかは謎です、、、(単に私の知識不足かもしれません><)

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/08/21 05:57

    > resolve(userObj);の位置を、一つ内側にしたら解決

    これはおそらく、cognitoUser.getUserAttributesが非同期処理であるというのが理由でしょう。

    > emailプロパティがuserObjに格納される前にresolve(userObj)が返されていた

    ということです。

    > なぜconsole.log(userObj)で表示されていたのかは謎

    コンソールを操作して、userObjの中身を表示させた(▶をクリックするなどして当該オブジェクトを開いた)のが、cognitoUser.getUserAttributesの非同期処理が完了し、コールバック関数が実行されたよりも後だったからと推測されます。

    通常、非同期処理は状況次第ですがミリ秒単位でしょうから、コンソールの操作のほうが後に来ると思われます。

    参考例)
    const o = { a: 0 }
    window.setInterval(() => o.a++, 1000)
    console.log(o)

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.80%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る