質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.36%

  • Swift

    8204questions

    Swiftは、アップルのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語で、Objective-CやObjective-C++と共存することが意図されています

  • Xcode

    4622questions

    Xcodeはソフトウェア開発のための、Appleの統合開発環境です。Mac OSXに付随するかたちで配布されています。

  • iOS

    4395questions

    iOSとは、Apple製のスマートフォンであるiPhoneやタブレット端末のiPadに搭載しているオペレーションシステム(OS)です。その他にもiPod touch・Apple TVにも搭載されています。

Core Dataの扱い方(コントローラにべた書きしたくない)

解決済

回答 2

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,266

a_ishidaaa

score 4

CoreDataを昨日学んで,sqliteへの書き込み,読み込みの仕組みは何となく理解しました。
ただ,自分の書き方として

AViewController (A)とBViewController (B)があるとして、
AとBでそれぞれあるモデルXについて書き込みたいとき

AでCoreDataをimportして

 func writeData(#title:String, text:String, level:NSNumber, answer:String, id:NSNumber) {
        let appDel: AppDelegate = UIApplication.sharedApplication().delegate as AppDelegate
        let myContext: NSManagedObjectContext = appDel.managedObjectContext!
        let myEntity: NSEntityDescription! = NSEntityDescription.entityForName("Setsumons", inManagedObjectContext: myContext)
        var newData = Setsumons(entity: myEntity, insertIntoManagedObjectContext: myContext)
        newData.title = title
        newData.text = text
        newData.id = id
        newData.answer = answer
        newData.level = level

        
        /* Error handling */
        var error: NSError?
        if !myContext.save(&error) {
            println("Could not save \(error), \(error?.userInfo)")
        }
        println("object saved")
        
    }

    func readData() {
        let appDel: AppDelegate = UIApplication.sharedApplication().delegate as AppDelegate
        let myContext: NSManagedObjectContext = appDel.managedObjectContext!
        let myRequest: NSFetchRequest = NSFetchRequest(entityName: "Setsumons")
        myRequest.returnsObjectsAsFaults = false
        var results: NSArray! = myContext.executeFetchRequest(myRequest, error: nil)
        
        
        for data in results {
            print("\(data.title!)\n")
        }
  
    }

のようにべた書きする。
Bも同様にべた書きする。

とやってしまい、DRYでもないし、何より見た目が汚いし、
となってしまいます。

もう少しよい書き方はないのでしょうか。


Railsのようにやりたい・・・




  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

checkベストアンサー

0

雰囲気伝わりますか。ベースクラス作ってそこに型に依存しないデータread/write の仕組みを実装します。

import CoreData

// NSManagedObject を基底クラスとするオブジェクトに限定する
public class MyViewImpl<T : NSManagedObject> {
    
    init() {
        
    }
    
    public func readData() -> [T] {
        //let appDel: AppDelegate = UIApplication.sharedApplication().delegate as AppDelegate
        //let myContext: NSManagedObjectContext = appDel.managedObjectContext!
        //let myRequest: NSFetchRequest = NSFetchRequest(entityName: "Setsumons")
        //myRequest.returnsObjectsAsFaults = false
        //var results: NSArray! = myContext.executeFetchRequest(myRequest, error: nil)
   
        /**
         *
         * NSFetchRequest(entityName: "Setsumons")
         * "" のところを、write 同様にする
         */
        
        
        var arr:Array<T> = []
        
        var str = NSStringFromClass(T)
        
        
        return arr
    }

    // オーバーロード、可変引数。並べたアイテムを登録する
    public func writeData(datas:T...) {
        //let appDel = UIApplication.sharedApplication().delegate as AppDelegate
        //let myContext: NSManagedObjectContext = appDel.managedObjectContext!
        //let myEntity: NSEntityDescription! = NSEntityDescription.entityForName("Setsumons", inManagedObjectContext: myContext)
        //var newData = Setsumons(entity: myEntity, insertIntoManagedObjectContext: myContext)
        
        /**
         *
         *  entityForName の第一引数に渡す String 文字列は、Tのインスタンスから、NSStringFromClass() で取得すればOK
         */
    }
    
    // オーバーロード、配列を引数に取る。配列要素のアイテムを登録する
    public func writeData(datas:[T]) {
        
    }

    // <T> のクラス名=CoreData に登録したテーブル名を返す。
    func simpleClassName() -> String {
        var className = NSStringFromClass(T)
        var range = className.rangeOfString(".")
        return className.substringFromIndex(range!.endIndex)
    }
}

// CoreData にアクセスするエンティティ、Sumons テーブルをあらかじめ定義しておく
public class Sumons : NSManagedObject {
    // Primary key
    @NSManaged var id:NSInteger

    // member
    @NSManaged var text:String
    // とりあえず2つだけ定義
}

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2015/01/26 23:43

    ありがとうございます!

    キャンセル

0

あまりいけてないけど、基底クラスの実装ではないけど、ユーティリティクラスとしてCoreData汎用
アクセスする仕掛け。
AppDelegate が動的に作られるクラスなのでいい感じじゃない気がするけど、とりあえず、候補の1つ
としてあげときます。

CoreData に、
import Foundation
import CoreData

@objc(Bean)
class Bean: NSManagedObject {

    @NSManaged var id: NSNumber
    @NSManaged var val: String

}
あらかじめ登録しておきます。@objc() をつけないと実行時エラーです。要注意。?本当?

CoreDataUtil.swift で保存
import Foundation
import CoreData

/**
 *  元ネタ:http://qiita.com/watanave/items/4da9f4bc97247f780af8
 *  CoreData アクセスユーティリティ
 */
class CoreDataUtil<T : NSManagedObject> {

    var app:AppDelegate
    var moc:NSManagedObjectContext
    
    // 初期化
    init(app:AppDelegate) {
        self.app = app
        self.moc = app.managedObjectContext!
    }
    
    // 挿入用カーソル??取得
    func entityDescForInsert() -> T {
        let simpleClassName = classNameForClass(T.self)
        return NSEntityDescription.insertNewObjectForEntityForName(simpleClassName, inManagedObjectContext: moc) as T
        
    }
    
    // 結果取得
    func selectAll() -> [T] {
        let simpleClassName = classNameForClass(T.self)
        let ed = NSEntityDescription.entityForName(simpleClassName, inManagedObjectContext: moc)
        let fr = NSFetchRequest(entityName: simpleClassName)
        
        var error:NSError? = nil
        
        var arr:[T] = [T]()
        if let results = moc.executeFetchRequest(fr, error: &error) {
            for d in results {
                arr.append(d as T)
            }
        }
        
        return arr
    }

    // FetchRequest の結果を見る
    func dump(data:T) {
        
        // 元ネタ:http://safx-dev.blogspot.jp/2014/09/swift.html
        var ref = reflect(data)
        for var i = 0; i < ref.count; ++i {
            let key      : String   = ref[i].0
            let summary  : String   = ref[i].1.summary
            let value    : Any      = ref[i].1.value
            let valueType: Any.Type = ref[i].1.valueType
            println("\(key) = \(value) \(valueType) \(summary)")
        }
    }

    // クラスからクラスの名前を取る
    func classNameForClass(clazz:AnyClass) -> String {

        // 元ネタ:http://qiita.com/morizotter/items/9739d789d69924fd1897
        var className = NSStringFromClass(clazz)
        
        if let r = className.rangeOfString(".") {
            return className.substringFromIndex(r.endIndex)
        } else {
            return className
        }
        
    }

    // 挿入をコミット
    func commit() {
        self.app.saveContext()
    }
    
    
}
ViewContorlller などで
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        // Do any additional setup after loading the view, typically from a nib.

        var cdu = CoreDataUtil<Bean>(app: UIApplication.sharedApplication().delegate as AppDelegate)

        var m = cdu.entityDescForInsert()
        m.id = 33
        m.val = "OK"
        cdu.commit()
        
        var arr = cdu.selectAll()
        for b in arr {
            println("bean is id=\(b.id) , val=\(b.val)")
        }
        
    }

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2015/01/28 16:54

    AppDelegate じゃなくて、UIApplicationDelegate プロトコルをとって、中身で、リフレクション使って、saveContext()呼んだり、managedObjectContext プロパティを取得したかったのですが、断念です。Objective-C を使えばできるっぽいですけど。
    AppDelegte の記述が無くなれば、ライブラリで外だしにできると睨んだのですが甘い考えか、今の自分の技量では無理です;;

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.36%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る

  • Swift

    8204questions

    Swiftは、アップルのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語で、Objective-CやObjective-C++と共存することが意図されています

  • Xcode

    4622questions

    Xcodeはソフトウェア開発のための、Appleの統合開発環境です。Mac OSXに付随するかたちで配布されています。

  • iOS

    4395questions

    iOSとは、Apple製のスマートフォンであるiPhoneやタブレット端末のiPadに搭載しているオペレーションシステム(OS)です。その他にもiPod touch・Apple TVにも搭載されています。