質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.24%

C++ CFileについて

受付中

回答 2

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,629

NaokiPooh

score 21

お世話になっております。
C++を学習中の学生です。
今現在ダイヤログベースで住所録を作成しております。MFCです。

これから実装したい機能として
・保存ボタン押下後、ファイル入出力させたい。
・テキストファイルには、各コントロールのデータを送りたい。
・テキストファイルに送られてきたデータを一覧で見れるようにしたい。

現状の不具合
・保存押下後、各コントロールのデータを送れるが、二回目以降にデータを送ると上書きされてしまう。
例:
【一回目の入力】
No→1
氏名→山田太郎
年齢→32
性別→男性
住所→東京都○○区○○
というデータを送るとテキストファイルには

1 山田太郎 32 男性 東京都○○区○○

と保存され
【二回目の入力】
No→2
氏名→田中恵子
年齢→29
性別→女性
住所→東京都△△区△△
というデータを送ると

2 田中恵子 29 女性 東京都△△区△△

と保存されてしまいます。
これを

1 山田太郎 32 男性 東京都○○区○○
2 田中恵子 29 女性 東京都△△区△△

のように保存させるのはどのように記述しなおせばよいかご教授お願い致します。

//------------------------------------------------------------------------------
// ダイヤログ初期化処理
//------------------------------------------------------------------------------
BOOL CZyuSyoDlg::OnInitDialog()
{
    CDialogEx::OnInitDialog();

    // "バージョン情報..." メニューをシステム メニューに追加します。

    // IDM_ABOUTBOX は、システム コマンドの範囲内になければなりません。
    ASSERT((IDM_ABOUTBOX & 0xFFF0) == IDM_ABOUTBOX);
    ASSERT(IDM_ABOUTBOX < 0xF000);

    CMenu* pSysMenu = GetSystemMenu(FALSE);
    if (pSysMenu != NULL)
    {
        BOOL bNameValid;
        CString strAboutMenu;
        bNameValid = strAboutMenu.LoadString(IDS_ABOUTBOX);
        ASSERT(bNameValid);
        if (!strAboutMenu.IsEmpty())
        {
            pSysMenu->AppendMenu(MF_SEPARATOR);
            pSysMenu->AppendMenu(MF_STRING, IDM_ABOUTBOX, strAboutMenu);
        }
    }

    // このダイアログのアイコンを設定します。アプリケーションのメイン ウィンドウがダイアログでない場合、
    //  Framework は、この設定を自動的に行います。
    SetIcon(m_hIcon, TRUE);            // 大きいアイコンの設定
    SetIcon(m_hIcon, FALSE);        // 小さいアイコンの設定

    // TODO: 初期化をここに追加します。

    make_queue();

    m_List.InsertColumn(0, "No." , LVCFMT_CENTER, 35);     //No列を追加
    m_List.InsertColumn(1, "性別", LVCFMT_CENTER, 45);     //性別列を追加
    m_List.InsertColumn(2, "名前", LVCFMT_CENTER, 70);     //名前列を追加
    m_List.InsertColumn(3, "年齢", LVCFMT_CENTER, 35);     //年齢列を追加
    m_List.InsertColumn(4, "住所", LVCFMT_LEFT,   200);    //住所列を追加

    CEdit* pEditName = (CEdit *)GetDlgItem( IDC_NAME_I );
    CEdit* pEditHome = (CEdit *)GetDlgItem( IDC_HOME_I );
    CEdit* pEditTosi = (CEdit *)GetDlgItem( IDC_TOSI_I );

    //エディットボックスに入力できる文字数を設定する
    pEditName->LimitText(14);
    pEditHome->LimitText(70);
    pEditTosi->LimitText(3);


    return TRUE;  // フォーカスをコントロールに設定した場合を除き、TRUE を返します。
}
//------------------------------------------------------------------------------
// キューの生成
//------------------------------------------------------------------------------
void CZyuSyoDlg::make_queue()
{
    struct Queue  *que;

    for( int count=0; count<256; count++ )
    {
        //キューの生成
       if( count == 0 )
       {
           que = (struct Queue*)malloc(sizeof(struct Queue));        //  メモリの確保
           m_pQueue = que;                                           // 先頭をメンバ変数
       }
       else
       {
           que->next  = (struct Queue*)malloc(sizeof(struct Queue)); // ポインタを繋ぐ
           que        = (struct Queue*)que->next;                    //  nextの値をqueに
       }
       que->next = NULL;                                             // nextにNULL
       memset(que, 0, sizeof(struct Queue));                         // クリア
    }
}

//------------------------------------------------------------------------------
// キューの解放
//------------------------------------------------------------------------------
void CZyuSyoDlg::QueClose()
{
    struct Queue *que;
    que = m_pQueue;
    while( 1 )
    {
        m_pQueue = (struct Queue*)que->next;
        free( que );
        que = m_pQueue;
        if( que == NULL )
        {
            break;
        }
    } 
}

//------------------------------------------------------------------------------
// キューの切り離し
//------------------------------------------------------------------------------
struct Queue* CZyuSyoDlg::QueCut()
{
    struct Queue *head;

    // キューを切り離す(先頭)
    if( m_pQueue != NULL )
    {
        head = m_pQueue;
        m_pQueue = (struct Queue*)head->next;                  //次の先頭
    }
    return( head );
}

//------------------------------------------------------------------------------
//  データキューを繋ぐ
//------------------------------------------------------------------------------
void CZyuSyoDlg::QueData(struct Queue *head)
{
    if( m_pQueue2 == NULL )
    {
        m_pQueue2 = head;
    }
    else
    {
        struct Queue *data;
        data = m_pQueue2;
        while( 1 )
        {
            if( data->next == NULL )
            {
                data->next = head;
                break;
            }
            data = (struct Queue*)data->next;
        }
    }
    head->next = NULL;

}

//------------------------------------------------------------------------------
// 送信ボタン押下処理
//------------------------------------------------------------------------------
void CZyuSyoDlg::OnBnClickedGo()
{
    struct Queue  *head;
    head = QueCut();

    //------------//
    //名前部の取得//
    //------------//
    CString strName;
    ((CEdit*)GetDlgItem(IDC_NAME_I))->GetWindowText( strName );
    //CString → charへの変換
    strcpy_s( head->data.name, strName );

    //------------//
    //住所部の取得//
    //------------//
    CString strHome;
    ((CEdit*)GetDlgItem(IDC_HOME_I))->GetWindowText( strHome );
    strcpy_s( head->data.home, strHome );

    //------------//
    //年齢部の所得//
    //------------//
    CString strTosi;
    ((CEdit*)GetDlgItem(IDC_TOSI_I))->GetWindowText( strTosi );
    strcpy_s( head->data.tosi, strTosi );

    //------------//
    //Noの所得    //
    //------------//
    CString strNo;
    m_Combo.GetLBText(m_Combo.GetCurSel(),strNo);
    strcpy_s( head->data.no, strNo );

    //----------------//
    //性別の取得(男性)//
    //----------------//
    CString strType;
    if( ( (CButton*)GetDlgItem(IDC_RADIO_B) )->GetCheck() == BST_CHECKED )
    {
        strType = ("男性");
        strcpy_s( head->data.type, strType );
    }

    //----------------//
    //性別の判定(女性)//
    //----------------//
    if( ( (CButton*)GetDlgItem(IDC_RADIO_G) )->GetCheck() == BST_CHECKED )
    {
        strType = ("女性");
        strcpy_s( head->data.type, strType );
    }

    //----------------//
    //リストへ追加    //
    //----------------//

    // リストコントロール 行の追加
    int count = m_List.GetItemCount();
    m_List.InsertItem(count, strNo);                              //No行を追加
    m_List.SetItem(count, 1, LVIF_TEXT, strType, 0, 0, 0, 0);      //性別行を追加
    m_List.SetItem(count, 2, LVIF_TEXT, strName, 0, 0, 0, 0);     //名前列を追加
    m_List.SetItem(count, 3, LVIF_TEXT, strTosi, 0, 0, 0, 0);     //年齢行を追加
    m_List.SetItem(count, 4, LVIF_TEXT, strHome, 0, 0, 0, 0);     //住所行
//    CDialog::OnOK();


    QueData(head);
}
//------------------------------------------------------------------------------
// クリアボタン押下処理
//------------------------------------------------------------------------------
void CZyuSyoDlg::OnBnClickedClear()
{
    //エディットボックス内をクリアする
    CEdit* pEdit  = (CEdit *)GetDlgItem( IDC_NAME_I );
    CEdit* pEdit1 = (CEdit *)GetDlgItem( IDC_HOME_I );
    CEdit* pEdit2 = (CEdit *)GetDlgItem( IDC_TOSI_I );

    pEdit ->SetWindowText("");
    pEdit1->SetWindowText("");
    pEdit2->SetWindowText("");

}

//------------------------------------------------------------------------------
// ファイル入出力
//------------------------------------------------------------------------------
void CZyuSyoDlg::OnBnClickedFile()
{
    //-------//
    // No部 //
    //------//
    CString strNo;
    m_Combo.GetLBText(m_Combo.GetCurSel(),strNo);
    //--------//
    // 名前部 //
    //--------//
    CString strName;
    ((CEdit*)GetDlgItem(IDC_NAME_I))->GetWindowText( strName );
    //--------//
    // 住所部 //
    //--------//
    CString strHome;
    ((CEdit*)GetDlgItem(IDC_HOME_I))->GetWindowText( strHome );
    //--------//
    // 年齢部 //
    //--------//
    CString strTosi;
    ((CEdit*)GetDlgItem(IDC_TOSI_I))->GetWindowText( strTosi );
    //--------//
    // 性別部 //
    //--------//
    CString strType;
    if( ( (CButton*)GetDlgItem(IDC_RADIO_B) )->GetCheck() == BST_CHECKED )
    {
        strType = ("男性");
    }
    if( ( (CButton*)GetDlgItem(IDC_RADIO_G) )->GetCheck() == BST_CHECKED )
    {
        strType = ("女性");
    }


    CStdioFile ZyuSyoFile;
    //テキストファイルを開く
    ZyuSyoFile.Open("ZyuSyoData.txt",CFile::modeReadWrite | 
        CFile::shareExclusive | CFile::modeCreate);

    //テキストファイルに書き込む
    ZyuSyoFile.WriteString(strNo);
    ZyuSyoFile.WriteString(strName);
    ZyuSyoFile.WriteString(strHome);
    ZyuSyoFile.WriteString(strType);
    ZyuSyoFile.WriteString(strTosi);

    //テキストファイルを閉じる
    ZyuSyoFile.Close();
}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

0

CStdioFile ZyuSyoFile;
    //テキストファイルを開く
    ZyuSyoFile.Open("ZyuSyoData.txt",CFile::modeReadWrite | 
        CFile::shareExclusive | CFile::modeCreate);

modeCreateだとファイルを毎回新規作成するハズ。マニュアル読みなさい。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

0

CFileのOpenメソッドのオプションフラグの指定はmodeCreate | modeNoTruncateにしておかないと、既にファイルが有る場合破棄されてしまいます。
MFCファイル入出力の基本

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.24%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る