質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.47%

  • Ruby on Rails

    7495questions

    Ruby on Railsは、オープンソースのWebアプリケーションフレームワークです。「同じことを繰り返さない」というRailsの基本理念のもと、他のフレームワークより少ないコードで簡単に開発できるよう設計されています。

rails4 find_byの複数検索

解決済

回答 2

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 799

smith

score 161

 下記のコードの@user_have_ac_warrantのfind_byの引数が同じ数字を渡しても正常に動作しません

def  user_have_ac_warrant
    @user = User.find(current_user.id)

    #アクセスしたitem_idを取得
    @ac_item_take_params_id = take_params.values.pop.to_i#ここが問題? 中身は"1"だったので「.to_i」をつけて1にしたがうまく行かない

    #アクセスitem 権利者 
    @user_have_ac_warrant = Warrant.find_by(item_id: @ac_item_take_params_id, holder_id: @user)
end

試しに@xxx = 2を追加して
item_id: @xxxとすれば正常に動作しました。





  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

check解決した方法

0

メソッドが2回目に呼ばれたときに@ac_item_take_params_idが機能しない作りのためnilになる

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

0

@user_have_ac_warrant = ... の文の前で break させて、
  @ac_item_take_params_id の値を確認したり、
  Warrant.find_by(...) の実行をいろいろ試してみたり
してみては如何でしょう?

pry での debugg 方法に慣れていないなら、次のページなどを参考にしてみてください。
- Rails エラーの原因を特定出来ない時に便利なbinding.pryの使い方 http://qiita.com/fkagami/items/12d0b4cdff6ba4a1065e

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2015/01/13 10:28

    @ac_item_take_params_idの中身が次の処理に行くと0になっていました。
    これが起因するものということはわかりましたが、原因はわかりません

    キャンセル

  • 2015/01/13 10:41

    先ほどの件は、勘違いでした。
    @user_have_ac_warrant = Warrant.find_by(item_id: @ac_item_take_params_id, holder_id: @user)

    @ac_item_take_params_id = 2
    @xxx = 2
    @user_have_ac_warrant = #<Warrant:0x007fd344ec0440>
    -------------------------------------------------------------------------------------------
    #@xxx = 2の場合
    @user_have_ac_warrant = Warrant.find_by(item_id: @xxx, holder_id: @user)

    @ac_item_take_params_id = 2
    @xxx = 2
    @user_have_ac_warrant = #<Warrant:0x007fafe8ac4230>

    同じ2を渡しているのにWarrant.find_byの結果が異なるのがなぜなのかわかりません

    キャンセル

  • 2015/01/13 13:01

    >> @user_have_ac_warrant = #<Warrant:0x007fafe8ac4230>
    これは @user_have_ac_warrant のアドレスが表示されています。
    puts @user_have_ac_warrant のようにして、値を確認してとおもわれます。

    puts @user_have_ac_warrant.inspect や p @user_have_ac_warrant.inspect
    または pry のコマンドプロンプトからなら単純に @user_have_ac_warrant
    として、値を確認してみてください。
    (アドレスではなく、属性値が表示されるはずです)

    find_by(...) の結果のオブジェクトのアドレスは実行の度に変化してしまいますのでその値を比較してもデバッグにはなりません。
    属性値を比較すれば、どちらに find_id の結果も一致するするはずです。(id で検索しているので、同じ行の内容になる)

    キャンセル

  • 2015/01/13 13:44

    確認したところ属性値は同じ2でした。
    下記のようにしたところ正常に動作しましたが、なぜだかわからず不安です。

    def create
    @user = User.find(current_user.id)

    #アクセスしたitem_idを取得
    @ac_item_take_params_id = take_params.values.pop.to_i#ここが問題?


    #アクセスitem 権利者 
    @user_have_ac_warrant = Warrant.find_by(item_id: @ac_item_take_params_id, holder_id: @user)

    @opportunity = user_have_ac_warrant.opportunities.build(opportunity_params)

    respond_to do |format|
    if @opportunity.save
    format.html { redirect_to @opportunity, notice: 'オポチュしました。' }
    format.json { render :show, status: :created, location: @opportunity }
    else
    format.html { render :new }
    format.json { render json: @opportunity.errors, status: :unprocessable_entity }
    end
    end
    end

    キャンセル

  • 2015/01/13 13:57

    解決したと思ったらしてませんでした。
    ただ属性値は同じ2でした。

    キャンセル

  • 2015/01/13 16:48

    メソッドの中では確かに2でしたが、def createではnilになっていました。

    #対象のワラント
    def ac_warrant
    #アクセスしたitem_idを取得
    @ac_item_take_params_id = take_params.values.pop.to_i

    #アイテムのワラントレコードを取得
    @ac_warrant = Warrant.find_by(item_id: @ac_item_take_params_id)

    end

    キャンセル

  • 2015/01/13 17:10

    def ac_warrantの@ac_warrantnewの値がnewにもcreateにも渡っていませんでした。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.47%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • Ruby on Rails

    7495questions

    Ruby on Railsは、オープンソースのWebアプリケーションフレームワークです。「同じことを繰り返さない」というRailsの基本理念のもと、他のフレームワークより少ないコードで簡単に開発できるよう設計されています。