質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

91.77%

  • Swift

    4245questions

    Swiftは、アップルのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語で、Objective-CやObjective-C++と共存することが意図されています

  • iOS

    2570questions

    iOSとは、Apple製のスマートフォンであるiPhoneやタブレット端末のiPadに搭載しているオペレーションシステム(OS)です。その他にもiPod touch・Apple TVにも搭載されています。

  • Swift 2

    1255questions

    Swift 2は、Apple社が独自に開発を行っている言語「Swift」のアップグレード版です。iOSやOS X、さらにLinuxにも対応可能です。また、throws-catchベースのエラーハンドリングが追加されています。

Swiftによる折れ線グラフ作成によるエラー

解決済

回答 1

投稿 2016/10/22 16:51

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 402

PYPP

score 45

”[Swift] オリジナルでシンプルな折れ線グラフをつくる(http://qiita.com/iritec/items/ced95fba982714d25b13)”を参考にして、折れ線グラフを表示させるアプリケーションを作成しようとしています。

しかし、Swift3に移行したことからなのか、”EXC_BAD_INSTRUCTION ”というエラーが出てしまいました。どのようにしたら解消できるのかわかりません。説明不足で誠に申し訳ありません、お答えいただけたら幸いです。
【ViewController.swift】

import UIKit

class ViewController: UIViewController {
    @IBOutlet weak var scview: UIScrollView!
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        let graphview = Graph()
        scview.addSubview(graphview)
        graphview.drawLineGraph()
        scview.contentSize = CGSize(width:graphview.checkWidth()+20, height:graphview.checkHeight()) 
    }
}

【Graph.swift】

import UIKit

class Graph: UIView {

    var lineWidth:CGFloat = 3.0 //グラフ線の太さ
    var lineColor:UIColor = UIColor(red:0.088,  green:0.501,  blue:0.979, alpha:1) //グラフ線の色
    var circleWidth:CGFloat = 4.0 //円の半径
    var circleColor:UIColor = UIColor(red:0.088,  green:0.501,  blue:0.979, alpha:1) //円の色

    var memoriMargin: CGFloat = 70 //横目盛の感覚
    var graphHeight: CGFloat = 300 //グラフの高さ
    var graphPoints: [String] = []
    var graphDatas: [CGFloat] = []

    func drawLineGraph()
    {
        graphPoints = ["2000/2/3", "2000/3/3", "2000/4/3", "2000/5/3", "2000/6/3", "2000/7/3", "2000/8/3"]
        graphDatas = [100, 30, 10, -50, 90, 12, 40]

        GraphFrame()
        MemoriGraphDraw()
    }

    //グラフを描画するviewの大きさ
    func GraphFrame(){
        self.backgroundColor = UIColor(red:0.972,  green:0.973,  blue:0.972, alpha:1)
        // self.frame = CGRectMake(10 , 0, checkWidth(), checkHeight())
        let frame = CGRect(origin: CGPoint(x: 10,y :0), size: CGSize(width: checkWidth(), height: checkHeight()))
    }

    //横目盛・グラフを描画する
    func MemoriGraphDraw() {

        var count:CGFloat = 0
        for memori in graphPoints {

            let label = UILabel()
            label.text = String(memori)
            label.font = UIFont.systemFont(ofSize: 9)

            //ラベルのサイズを取得
            // let frame = CGSizeMake(250, CGFloat.greatestFiniteMagnitude)
            let frame = CGSize(width: 250, height: CGFloat.greatestFiniteMagnitude)
            let rect = label.sizeThatFits(frame)

            //ラベルの位置
            var lebelX = (count * memoriMargin)-rect.width/2

            //最初のラベル
            if Int(count) == 0{
                lebelX = (count * memoriMargin)
            }


            //最後のラベル
            if Int(count+1) == graphPoints.count{
                lebelX = (count * memoriMargin)-rect.width
            }

            // label.frame = CGRectMake(lebelX , graphHeight, rect.width, rect.height)
            _ = CGRect(x: lebelX, y: graphHeight, width: rect.width, height: rect.height)
            self.addSubview(label)

            count += 1
        }
    }

    //グラフの線を描画
    override func draw(_ rect: CGRect) {

        var count:CGFloat = 0
        let linePath = UIBezierPath()
        var myCircle = UIBezierPath()

        linePath.lineWidth = lineWidth
        lineColor.setStroke()

        for datapoint in graphDatas {

            if Int(count+1) < graphDatas.count {

                var nowY: CGFloat = datapoint/yAxisMax * (graphHeight - circleWidth)
                nowY = graphHeight - nowY

                if(graphDatas.min()!<0){
                    nowY = (datapoint - graphDatas.min()!)/yAxisMax * (graphHeight - circleWidth)
                    nowY = graphHeight - nowY
                }

                //次のポイントを計算
                var nextY: CGFloat = 0
                nextY = graphDatas[Int(count+1)]/yAxisMax * (graphHeight - circleWidth)
                nextY = graphHeight - nextY

                if(graphDatas.min()!<0){
                    nextY = (graphDatas[Int(count+1)] - graphDatas.min()!)/yAxisMax * (graphHeight - circleWidth)
                    nextY = graphHeight - nextY - circleWidth
                }

                //最初の開始地点を指定
                var circlePoint:CGPoint = CGPoint()
                if Int(count) == 0 {
                    linePath.move(to: CGPoint(x: count * memoriMargin + circleWidth, y: nowY))
                    circlePoint = CGPoint(x: count * memoriMargin + circleWidth, y: nowY)
                    myCircle = UIBezierPath(arcCenter: circlePoint,radius: circleWidth,startAngle: 0.0,endAngle: CGFloat(M_PI*2),clockwise: false)
                    circleColor.setFill()
                    myCircle.fill()
                    myCircle.stroke()
                }

                //描画ポイントを指定
                linePath.addLine(to: CGPoint(x: (count+1) * memoriMargin, y: nextY))

                //円をつくる
                circlePoint = CGPoint(x: (count+1) * memoriMargin, y: nextY)
                myCircle = UIBezierPath(arcCenter: circlePoint,
                                        // 半径
                    radius: circleWidth,
                    // 初角度
                    startAngle: 0.0,
                    // 最終角度
                    endAngle: CGFloat(M_PI*2),
                    // 反時計回り
                    clockwise: false)
                circleColor.setFill()
                myCircle.fill()
                myCircle.stroke()

            }

            count += 1

        }

        linePath.stroke()


    }

    // 保持しているDataの中で最大値と最低値の差を求める
    var yAxisMax: CGFloat {
        return graphDatas.max()!-graphDatas.min()!
    }

    //グラフ横幅を算出
    func checkWidth() -> CGFloat{
        return CGFloat(graphPoints.count-1) * memoriMargin + (circleWidth * 2)
    }

    //グラフ縦幅を算出
    func checkHeight() -> CGFloat{
        return graphHeight
    }
}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

コピペして実行したところえらーにはなりませんでした、、、しかし何も表示されません。

本家のサイトをSwift3に移行したら問題なく表示されたのでそちらを載せておきます。
※ ViewControllerは問題ないと思います。

import UIKit

class Graph: UIView {

    var lineWidth   :CGFloat = 3.0 //グラフ線の太さ
    var lineColor   :UIColor = UIColor(red:0.088,  green:0.501,  blue:0.979, alpha:1) //グラフ線の色
    var circleWidth :CGFloat = 4.0 //円の半径
    var circleColor :UIColor = UIColor(red:0.088,  green:0.501,  blue:0.979, alpha:1) //円の色

    var memoriMargin: CGFloat = 70 //横目盛の感覚
    var graphHeight : CGFloat = 300 //グラフの高さ
    var graphPoints : [String]  = []
    var graphDatas  : [CGFloat] = []

    func drawLineGraph() {
        graphPoints = ["2000/2/3", "2000/3/3", "2000/4/3", "2000/5/3", "2000/6/3", "2000/7/3", "2000/8/3"]
        graphDatas = [100, 30, 10, -50, 90, 12, 40]

        GraphFrame()
        MemoriGraphDraw()
    }

    //グラフを描画するviewの大きさ
    func GraphFrame() {
        self.backgroundColor = UIColor(red:0.972,  green:0.973,  blue:0.972, alpha:1)
        self.frame = CGRect(x:10 , y: 0, width: checkWidth(), height: checkHeight())
    }

    //横目盛・グラフを描画する
    func MemoriGraphDraw() {

        var count:CGFloat = 0
        for memori in graphPoints {

            let label = UILabel()
            label.text = String(memori)
            label.font = UIFont.systemFont(ofSize: 9)

            //ラベルのサイズを取得
            let frame = CGSize(width: 250, height: CGFloat.greatestFiniteMagnitude)
            let rect = label.sizeThatFits(frame)

            //ラベルの位置
            var lebelX = (count * memoriMargin)-rect.width/2

            //最初のラベル
            if Int(count) == 0{
                lebelX = (count * memoriMargin)
            }

            //最後のラベル
            if Int(count+1) == graphPoints.count{
                lebelX = (count * memoriMargin)-rect.width
            }

            label.frame = CGRect(x: lebelX , y: graphHeight, width: rect.width, height: rect.height)
            self.addSubview(label)

            count += 1
        }
    }

    //グラフの線を描画
    override func draw(_ rect: CGRect) {

        var count:CGFloat = 0
        let linePath = UIBezierPath()
        var myCircle = UIBezierPath()

        linePath.lineWidth = lineWidth
        lineColor.setStroke()

        for datapoint in graphDatas {

            if Int(count+1) < graphDatas.count {

                var nowY: CGFloat = datapoint/yAxisMax * (graphHeight - circleWidth)
                nowY = graphHeight - nowY

                if(graphDatas.min()!<0){
                    nowY = (datapoint - graphDatas.min()!)/yAxisMax * (graphHeight - circleWidth)
                    nowY = graphHeight - nowY
                }

                //次のポイントを計算
                var nextY: CGFloat = 0
                nextY = graphDatas[Int(count+1)]/yAxisMax * (graphHeight - circleWidth)
                nextY = graphHeight - nextY

                if(graphDatas.min()!<0){
                    nextY = (graphDatas[Int(count+1)] - graphDatas.min()!)/yAxisMax * (graphHeight - circleWidth)
                    nextY = graphHeight - nextY - circleWidth
                }

                //最初の開始地点を指定
                var circlePoint:CGPoint = CGPoint()
                if Int(count) == 0 {
                    linePath.move(to: CGPoint(x: count * memoriMargin + circleWidth, y: nowY))
                    circlePoint = CGPoint(x: count * memoriMargin + circleWidth, y: nowY)
                    myCircle = UIBezierPath(arcCenter: circlePoint,radius: circleWidth,startAngle: 0.0,endAngle: CGFloat(M_PI*2),clockwise: false)
                    circleColor.setFill()
                    myCircle.fill()
                    myCircle.stroke()
                }

                //描画ポイントを指定
                linePath.addLine(to: CGPoint(x: (count+1) * memoriMargin, y: nextY))

                //円をつくる
                circlePoint = CGPoint(x: (count+1) * memoriMargin, y: nextY)
                myCircle = UIBezierPath(arcCenter: circlePoint,
                                        // 半径
                    radius: circleWidth,
                    // 初角度
                    startAngle: 0.0,
                    // 最終角度
                    endAngle: CGFloat(M_PI*2),
                    // 反時計回り
                    clockwise: false)
                circleColor.setFill()
                myCircle.fill()
                myCircle.stroke()

            }
            count += 1

        }

        linePath.stroke()
    }

    // 保持しているDataの中で最大値と最低値の差を求める
    var yAxisMax: CGFloat {
        return graphDatas.max()!-graphDatas.min()!
    }

    //グラフ横幅を算出
    func checkWidth() -> CGFloat{
        return CGFloat(graphPoints.count-1) * memoriMargin + (circleWidth * 2)
    }

    //グラフ縦幅を算出
    func checkHeight() -> CGFloat{
        return graphHeight
    }
}

投稿 2016/10/22 17:30

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    以下のような回答は評価を下げられます

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • 不快な投稿

    評価を下げる際はその理由をコメントに書き込んでください。

  • 2016/10/31 23:38

    お礼が遅くなってすみません。回答していただき誠にありがとうございます。表示できました!

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

ただいまの回答率

91.77%

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • Swift

    4245questions

    Swiftは、アップルのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語で、Objective-CやObjective-C++と共存することが意図されています

  • iOS

    2570questions

    iOSとは、Apple製のスマートフォンであるiPhoneやタブレット端末のiPadに搭載しているオペレーションシステム(OS)です。その他にもiPod touch・Apple TVにも搭載されています。

  • Swift 2

    1255questions

    Swift 2は、Apple社が独自に開発を行っている言語「Swift」のアップグレード版です。iOSやOS X、さらにLinuxにも対応可能です。また、throws-catchベースのエラーハンドリングが追加されています。

閲覧数の多いiOSの質問