質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.21%

Slackのユーザーアカウントの設計思想について

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 2
  • VIEW 3,976

pack

score 196

Slackを試用してみての感想

参加するチームごとにアカウント作成、パスワード設定が必要

Slackを試用してみましたが、ユーザーアカウントについて、どうもその設計思想が理解できず、質問させていただきます。

2つのチーム(自分だけがメンバーのテストチームですが)に参加した私は、すでに2度、下記の作業を繰り返しました。

  • 招待メールから、PCでチームに参加
  • プロフィール名設定、パスワード設定
  • 携帯番号を登録
  • 送られてきたSMSで番号を認証
  • 2段階認証のためのコードを取得(Authy)
  • もしもの時のための、復旧コード10桁の数字10パターンをテキスト保存
  • スマホでチームに参加(チームアドレス入力、メールアドレス入力、ログインリンク取得)
  • タブレットでチームに参加(チームアドレス入力、メールアドレス入力、ログインリンク取得)

「チームに参加する度に、この操作を繰り返すのか。他人に勧めづらい…」

それが感想です。

「Googleアカウントでログインできるよ~」で済む話ではない気がします。

「プロフィールをチーム毎に変えられるよ」というのも、やるならオプションで対応して欲しい。

ユーザーのパスワード管理の仕方

私は、基本的にOpenIDによるID連携は使いません。
(不意に、本名、プロフィール写真が出たり、メールアドレスがバレたりなど)

こうした設計になった理由として考えられるのは、「1ID、1パスワードだけだと、もしIDパスワードが流出したら、全てのチームにアクセスできてしまい危険。」という理由だけでしょうか?

私は、LastPassというパスワード管理を使用しておりますので、アカウントごとにパスワードを変える事に、なんら抵抗はありません。

そんな私でも、チーム毎の携帯番号登録、2段階認証登録、復旧コードなどの管理には、目眩がする思いでした。

まだまだ大多数であろう、「そうしたパスワード管理ツールを使っていない人達」は、Slack内では、すべて共通のパスワードを使うであろう事は、想像に難くありません。

「Slackはパスワードを入力しなくても、ログイン認証済みのURLをメールで送ってくれるので、覚える必要はない。」
そんな風に考えて、自分の入力したパスワードを管理しないと割り切れる人は、少ないと思います。

まぁ、ユーザー認証の歴史は、紆余曲折ありますので、楽しんで見てます。

「アクセシビリティ」と「セキュリティー」のタグを付けましたが、その両者のせめぎ合いという普遍的なテーマであるようにも思いますが、このアプローチは、「なんか違うんじゃないか」という気がしています。

伺いたい事

なぜ、このような設計になったと考えられますか?

1ID、1パスワードで自分の所属する(招待された)全てのチームにアクセスできるのは、不都合でしょうか?

さまざまなサードパーティーアプリと連携するには、この方が好都合なんだよとかいう、何か理由があれば、伺いたいです。

今後、このような設計のサービスは増えると予想されますでしょうか?

「パスワード入れなくていいから、メールに送ったリンクから入ってね」というのは、今後、流行ると思いますか?

Slack自体を、まだ理解しておりませんので、的外れな所があるかもしれませんが、よろしくお願いします。

追記

「チームの作り方」について、間違った認識でいました。
いただいた回答のやり取りの中で、有償プランについて出てきて、それ見て納得できました。

Slackの利用については、いくつか協業している会社をまたいで、プロジェクト毎にチームを作っていけたらなと思っていましたが、認証の所で、尻込みしてしまいました。

プロジェクト毎に、毎回ほぼメンバーが同じ、5人中4人が同じで、残り一人がそれぞれ違う。つまりは「クライアントが変わる」のですが、それで毎回チームを作っていくのは変ですか?

1プロジェクトに2~3チャンネルずつくらい割り当てて、一つのチームだけでやっていくのは、難しいですよね?
クライアントから見たら、「同じチームの中に、よその全く知らない会社の人がいる」ってなってしまいますもんね?

「チーム」を、LINEのグループのような捉え方をしていたので、そこから間違ってました。
有償プラン入らないと、Slackを理解できなさそうというのが、結論だったっぽいです。

SAML認証って何…

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+2

slackというレンタルサーバに会員制サイト(チーム)を開くと考えればしっくりくるのではないでしょうか。会員制サイトのユーザIDを持っていたとしても他のレンタルサーバへのアクセスが出来たり、運営が別の会員制サイトのユーザが無制限にアクセスできるというのは会員制サイトとしてありえません。そういった意味でそもそもとしてチームをまたいでの情報(ユーザ)の共有というのが設計外なのだと考えています。

チームという言葉に惑わされますが、slackのチームというのは部署や会社単位のものだと思います。
チームの下にチャンネルというものがありますのでチャンネルを小規模なチームに割り振ってコミュニケーションをすれば良いのではないでしょうか。特にチャンネルは公開、非公開を選べますので重宝するはずです。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2016/09/23 23:20

    なるほど、無料部分しか使ってなかったから知りませんでした。

    キャンセル

  • 2016/09/24 03:08 編集

    ファイアウォールかよ
    って思いますね。
    DMZ設けたり。あとネットワークセグメント分けたり。

    これ、(人の)ネットワーク管理者一人立てないと、運用は無理ですね。

    ありがとうございます。有償プランの方見て、納得できました。
    正直言うと、このチームの作り方を先に聞きたかったんです。
    前提となる、その辺のレイヤーの認識に違いがあるのかなと思っていたので。

    でも、それ「Slackの使い方」であって、teratailで聞けることじゃないよなってのがあって、「設計思想について」と仰々しいタイトル付けてたりして、私自身も質問の方向が間違ってたなと思います。

    なるほど。そこで課金の罠が待っていたという事ですね。
    まぁ、課金サービスに対して抵抗がある訳ではないので、当初から有償プランの方で検討していきます。

    キャンセル

  • 2016/09/24 05:04

    有料プランには、「SAML-based single sign-on (SSO)」とあるので、その辺が、Slackの答えなんでしょうね。

    SAML認証が何かも解ってないので、ちんぷんかんぷんですが。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.21%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる