質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.33%

  • Vagrant

    1253questions

    Vagrantは、VirtualBox上の仮想マシンを コマンドラインから作成してくれるソフトウェアです。 ビルド環境など容易に構築が可能です。

CyberduckでSFTP接続をしたいけど何が問題なのか知りたい。ドットインストール「ローカル開発環境の構築[MacOS X編](全9回)」

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 1,853

YuriIwasaki

score 1

CyberduckでSFTP接続をしたいけど何が問題なのか知りたい。ドットインストール「ローカル開発環境の構築[MacOS X編](全9回)」

PHPのローカル開発環境を構築するため、ドットインストールの「ローカル開発環境の構築[MacOS X編](全9回)」のレッスンを進めていて、「#07 Cyberduckを導入しよう」の回でCyberduckを使ったSFTPサーバの接続に失敗している。Cyberduckを開き、「SFTPサーバ」を指定。sshで出てきた数字10.0.2.15をそのままサーバに入力、ポート「22」ユーザ名「vagrant」パスワード「vagrant」キーチェーンに追加にチェックを入れて接続し失敗。

発生している問題・エラーメッセージ

vagrant upで毎回同じループに引っかかり、ctrl c してもう一度vagrant upすると立ち上がるらしいので、毎回そうしてから vagrant ssh でパスワード入力していた。
Unix command

mymbp:mycentos $ vagrant up
Bringing machine 'default' up with 'virtualbox' provider...
==> default: Checking if box 'bento/centos-6.7' is up to date...
==> default: Resuming suspended VM...
==> default: Booting VM...
==> default: Waiting for machine to boot. This may take a few minutes...
    default: SSH address: 127.0.0.1:2222
    default: SSH username: vagrant
    default: SSH auth method: private key
    default: Warning: Authentication failure. Retrying...
^C==> default: Waiting for cleanup before exiting...
    default: Warning: Connection refused. Retrying...
    default: Warning: Authentication failure. Retrying...
Vagrant exited after cleanup due to external interrupt.
mymbp:mycentos yuriiwasaki$ vagrant up
Bringing machine 'default' up with 'virtualbox' provider...
==> default: Checking if box 'bento/centos-6.7' is up to date...
==> default: Machine already provisioned. Run `vagrant provision` or use the `--provision`
==> default: flag to force provisioning. Provisioners marked to run always will still run.

Unix command

Last login: Sat Sep 17 16:43:39 on ttys000
mymbp:~ $ cd MyVagrant
mymbp:MyVagrant $ cd mycentos
mymbp:mycentos $ vagrant up
Bringing machine 'default' up with 'virtualbox' provider...
==> default: Checking if box 'bento/centos-6.7' is up to date...
==> default: Resuming suspended VM...
==> default: Booting VM...
==> default: Waiting for machine to boot. This may take a few minutes...
    default: SSH address: 127.0.0.1:2222
    default: SSH username: vagrant
    default: SSH auth method: private key
    default: Warning: Authentication failure. Retrying...
    default: Warning: Authentication failure. Retrying...
    default: Warning: Authentication failure. Retrying...
    default: Warning: Authentication failure. Retrying...
    default: Warning: Authentication failure. Retrying...
^C==> default: Waiting for cleanup before exiting...
    default: Warning: Connection refused. Retrying...
    default: Warning: Authentication failure. Retrying...
Vagrant exited after cleanup due to external interrupt.
mymbp:mycentos $ vagrant up
Bringing machine 'default' up with 'virtualbox' provider...
==> default: Checking if box 'bento/centos-6.7' is up to date...
==> default: Machine already provisioned. Run `vagrant provision` or use the `--provision`
==> default: flag to force provisioning. Provisioners marked to run always will still run.
mymbp:mycentos $ vagrant ssh
vagrant@127.0.0.1's password: 
Last login: Sat Sep 17 16:17:31 2016 from 10.0.2.2
[vagrant@localhost ~]$ ip a
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN 
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    inet 127.0.0.1/8 scope host lo
    inet6 ::1/128 scope host 
       valid_lft forever preferred_lft forever
2: eth0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP qlen 1000
    link/ether 08:00:27:c3:63:c3 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 10.0.2.15/24 brd 10.0.2.255 scope global eth0
    inet6 fe80::a00:27ff:fec3:63c3/64 scope link 
       valid_lft forever preferred_lft forever
[vagrant@localhost ~]$ ip a
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN 
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    inet 127.0.0.1/8 scope host lo
    inet6 ::1/128 scope host 
       valid_lft forever preferred_lft forever
2: eth0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP qlen 1000
    link/ether 08:00:27:c3:63:c3 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 10.0.2.15/24 brd 10.0.2.255 scope global eth0
    inet6 fe80::a00:27ff:fec3:63c3/64 scope link 
       valid_lft forever preferred_lft forever

mymbp:mycentos $ vagrant ssh
vagrant@127.0.0.1's password: 
Last login: Sat Sep 17 17:19:36 2016 from 10.0.2.2
[vagrant@localhost ~]$ ip a
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN 
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    inet 127.0.0.1/8 scope host lo
    inet6 ::1/128 scope host 
       valid_lft forever preferred_lft forever
2: eth0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP qlen 1000
    link/ether 08:00:27:c3:63:c3 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 10.0.2.15/24 brd 10.0.2.255 scope global eth0
    inet6 fe80::a00:27ff:fec3:63c3/64 scope link 
       valid_lft forever preferred_lft forever
[vagrant@localhost ~]$ logout
Connection to 127.0.0.1 closed.
mymbp:mycentos $ vagrant suspend
==> default: Saving VM state and suspending execution...
mymbp:mycentos $ vagrant up
Bringing machine 'default' up with 'virtualbox' provider...
==> default: Checking if box 'bento/centos-6.7' is up to date...
==> default: Resuming suspended VM...
==> default: Booting VM...
==> default: Waiting for machine to boot. This may take a few minutes...
    default: SSH address: 127.0.0.1:2222
    default: SSH username: vagrant
    default: SSH auth method: private key
    default: Warning: Authentication failure. Retrying...
    default: Warning: Authentication failure. Retrying...
^C==> default: Waiting for cleanup before exiting...
Vagrant exited after cleanup due to external interrupt.
mymbp:mycentos $ vagrant up
Bringing machine 'default' up with 'virtualbox' provider...
==> default: Checking if box 'bento/centos-6.7' is up to date...
==> default: Machine already provisioned. Run `vagrant provision` or use the `--provision`
==> default: flag to force provisioning. Provisioners marked to run always will still run.

動画を見てて気づいた点

多分正常だと出てくるはずの

3: eth1: <broadcast


の項目が出てない、192.168.33.10はそこにあるはずなんだけど以下の状態のため、ない。

[vagrant@localhost ~]$ ip a
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN 
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    inet 127.0.0.1/8 scope host lo
    inet6 ::1/128 scope host 
       valid_lft forever preferred_lft forever
2: eth0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP qlen 1000
    link/ether 08:00:27:c3:63:c3 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 10.0.2.15/24 brd 10.0.2.255 scope global eth0
    inet6 fe80::a00:27ff:fec3:63c3/64 scope link 
       valid_lft forever preferred_lft forever

試したこと

192.168.33.10をCyberduckのサーバに手入力で接続して失敗。

mycentosからvagrantfileを確認したところ、最初の段階でコメントアウトを外すことはできている

# -*- mode: ruby -*-
# vi: set ft=ruby :


  # using a specific IP.
  config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"

  # Create a public network, which generally matched to bridged network.

補足情報(言語/FW/ツール等のバージョンなど)

macOS X /VirtualBox 5.0.18 / Vagrant 1.8.4 / Cyberduck 5.1.0

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

Vagrant のバージョンが 1.8.5 ではないでしょうか?(vagrantup.com から誘導されるままにダウンロードすると最新の 1.8.5 になってしまいます)
Dotinstall の当該レッスンに
「Vagrant 1.8.5 には不具合があります。Vagrant 1.8.4 及び VirtualBox 5.0 をインストールするようにしてください。」
また #04 の動画の下の補足情報に
「Vagrant 1.8.5 では正常に起動しない場合があります
2016年7月26日現在、最新版の Vagrant 1.8.5 では「default: Warning: Authentication failure. Retrying...」が繰り返され、仮想マシンが正常に起動しない場合があります。」
とあります.その他,ググると類似情報が多々あります.

ですので,Vagrant 1.8.4 でやり直してみるのがよいと思います.

$ip a で eth1 に気づいたのはよいですね.おそらく 1.8.5 のバグによりこちらが設定されず,それが原因で「default: Warning: Authentication failure. Retrying...」が繰り返されているのでしょう.

余談ですが,補足情報のバージョン情報,Dotinstall の当該レッスンの #04 に記載の記述(既に少し古く最新のバージョンを使っていない)をコピペしていませんか?)自分でバージョンを確認するようにしましょう.

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2016/09/18 13:59

    補足ですが,2016/09/18 00:16 編集 以降,そもそも何が問題なのかが分かりにくい記述になっています.この編集の以前に,「試したこと」に「Cyperduck で 192.168.33.10 への接続を試みたが成功せず」的な記述があったと思いますが,それが質問者さん目線ではそもそもの問題でしょうから,それが冒頭に明示されているべきです(ただ,今回に関しては,「経緯」に当たる記述(Warning: Authentication failure. Retrying... の部分)がそもそもの問題と密接に関わっていて,その「経緯」の記述のおかげで原因が特定できたという,結果よければ的な流れにはなりましたが

    キャンセル

  • 2016/09/27 12:06

    有難うございます。正確なバージョンを入れ直しで解決できました。それまでエラーが繰り返されるのでVirtual box,Vagrantの二つ、ともに古いバージョンを順番にダウンロードして試しては消し、を繰り返し、その時点でのバージョンが何だったのか把握できないスパイラルにはまった状態で質問をしていました。人の手を借り、アンインストールをしてから正確なバージョンを入れ直しました。再び学習を進めていきます。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.33%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る

  • Vagrant

    1253questions

    Vagrantは、VirtualBox上の仮想マシンを コマンドラインから作成してくれるソフトウェアです。 ビルド環境など容易に構築が可能です。

  • トップ
  • Vagrantに関する質問
  • CyberduckでSFTP接続をしたいけど何が問題なのか知りたい。ドットインストール「ローカル開発環境の構築[MacOS X編](全9回)」