質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.61%

CentOS のyumコマンドでダウングレードに失敗する場合

受付中

回答 2

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 9,609

score 17

CentOS6.7 を使用しています。
yumコマンドで一括updateした後、それを取り消す方法を教えてください。

http://www.goofoo.jp/2014/12/2365
上記のサイトに記載されているような {# yum history undo ID** } を試しましたが、
{ダウングレードに失敗: yum-3.2.29-69.el6.centos.noarch
ダウングレードに失敗: yum-plugin-fastestmirror-1.1.30-30.el6.noarch
ダウングレードに失敗: yum-plugin-security-1.1.30-30.el6.noarch
ダウングレードに失敗: yum-utils-1.1.30-30.el6.noarch
エラー: インストールに利用できるパッケージはありません}

と表示され以前の状態に戻すことができません。
3,4ヶ月ぶりのupdateのため、パッケージが約500個多かったのですが、元に戻すことは不可能でしょうか?
何か確認するところや、他にコマンドなどがありましたら教えてください。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

+1

yumで大量にアップデートした際にOSのバージョンが6.8になっている可能性があります。
cat /etc/redhat-release
などで現在のバージョンを確認してみて下さい

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

+1

undo する場合、アップデート前のバージョンの RPM をリポジトリからダウンロードできる必要があります。
date さんの回答にもありますが、CentOS 6.8 がリリースされ、base リポジトリが 6.8 になっているため、アップデート前のバージョンの RPM が見つからないのだと思います。

一時的に base, updates リポジトリの URL を CentOS 6.7 のものに変更すれば undo できるかもしれません。

# vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo
  (mirrorlist= をコメントアウトし、baseurl を設定)

[base]
name=CentOS-$releasever - Base
#mirrorlist=...
baseurl=http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/centos-vault/6.7/os/$basearch/
  (略)

[updates]
name=CentOS-$releasever - Updates
#mirrorlist=...
baseurl=http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/centos-vault/6.7/updates/$basearch/
  (略)


# yum --disablerepo=* --enablerepo=base,updates clean metadata
# yum --disablerepo=* --enablerepo=base,updates makecache
# yum history undo <ID>

ただし、updates リポジトリには最新バージョンの RPM しか残っていない場合があります。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.61%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る