質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.97%

[Wordpress]csvで登録した投稿のカテゴリーを、指定日時に変更する方法

受付中

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 955

rela

score 6

前提・実現したいこと

Wordpressを利用した情報集約サイトを作成しています。現在、フォームの情報をまとめたcsvを利用した記事の一括登録機能を作成しています。その中で以下の機能の2番がうまく実現せずに困っています。

  1. Really Simple CSV Importerとカスタムフィールドテンプレートを利用して、csvで記事をまとめてインポートし、カスタムフィールドに値を入れる
    http://notnil-creative.com/blog/archives/3465

  2. カスタムフィールドの iscsvに値があるか(csvでは"1"を入れています)を判定させ、csvでインポートしている場合は同じくカスタムフィールドの pub_endに記入された日時になったらカテゴリーを pastに変更する

発生している問題・エラーメッセージ

1の部分は成功しています。
2について、$termにカテゴリーの値が入っている所までは確認できたのですが、該当する記事を取得することができていないと考えています。
その後の処理が正しいかもまだ検証できていません。

原因、もしくは目的の別達成方法などわかる方がいましたら、ご教授いただけると幸いです。

試したこと

この記事を参考に、該当するpostの取得には va-simple-expiresを参考に組み立てています。[「利用させていただいています。」からご指摘により変更]

term_exists()が動いているかはDebug Bar Consoleを利用して確認しました。

pub_endには"2016/6/6"のような値を保存しています。

該当のソースコード

dr-simple-category-changer.php

<?php
if ( !function_exists( 'dr_simple_category_changer_setup' ) ) :
    function dr_simple_category_changer_setup() {
        if ( !class_exists( 'DR_SIMPLE_CATEGORY_CHANGER_SETUP' ) ) {
            class DR_SIMPLE_CATEGORY_CHANGER_SETUP extends _DR_SIMPLE_CATEGORY_CHANGER {
                protected function __construct() {
                    parent::__construct();
                }
            }
        }

        $dr_simple_category_changer = DR_SIMPLE_CATEGORY_CHANGER_SETUP::instance();
    }
endif; // dr_simple_category_changer_setup
add_action( 'plugins_loaded', 'dr_simple_category_changer_setup' );

 以下は同一ファイル内class _DR_SIMPLE_CATEGORY_CHANGER 内になります

protected function __construct() {
        add_action( 'plugins_loaded', array( &$this, 'plugins_loaded' )          );
        add_action( 'init',           array( &$this, 'simple_category_changer' )          );
}
function simple_category_changer() {
  global $wpdb;

  $result = $wpdb->get_results( $wpdb->prepare("
            SELECT postmetadate.post_id
            FROM $wpdb->postmeta AS postmetadate, $wpdb->postmeta AS postmetadoit, $wpdb->posts AS posts
            WHERE postmetadoit.meta_key = 'iscsv'
            AND postmetadoit.meta_value = '1'
            AND postmetadate.meta_key = 'pub_end'
            AND postmetadate.meta_value <= %s
            AND postmetadate.post_id = postmetadoit.post_id
            AND postmetadate.post_id = posts.ID
            AND posts.post_status = 'publish'
        ", current_time("mysql") ) );


  $term = term_exists('past', 'category');


  if ( ! empty( $result )  && !empty($term )) :
    $update_post = array();
    foreach ( $result as $cur_post ) :
      remove_action( 'simple_category_changer','save_post' );
      wp_set_post_status($cur_post->post_id, $term->$term_id, 'category', false);
      add_action( 'simple_category_changer','save_post' );
    endforeach;
  endif;

}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • kei344

    2016/07/02 03:16

    「va-simple-expiresを利用」と書いてありますが、提示されたコードではSQLで取得されています。アクション「simple_category_changer」と機能の関係性も上記コードではわかりません。また、このコードはどのタイミングで動かすコードなのでしょうか。

    キャンセル

  • rela

    2016/07/02 11:41

    @kei334 さん
    拙い質問にご指摘ありがとうございます。postの取得について、正しくは「va-simple-expiresにありましたSQLを参考にして、取得」という意味になります。
    アクションに関連していそうな部分を追記いたしました。全て同一ファイルとなります。コードを動かすタイミングとしては'init'時にsimple_category_changer()が動くと私は考えていました。もし違っていましたご教授いただけると幸いです。

    キャンセル

回答 1

0

全体像が少し見通せていないため、気づいた所を指摘させてもらいます。

  1. 'init'時に起動する場合全ページ全アクセスで+1回以上のDBアクセスが起る
    wp-cron などで定期実行するほうが負荷は少ないと思います。
  2. simple_category_changer フィルタの使い方が間違っている
    自身の作られたフィルタ(apply_filters()で自分で登録した物)だとした場合、foreach の前に remove_action、後に add_action すべき。
  3. 自身の作られたフィルタで無い場合は、「simple_category_changer」と「save_post」が逆では。
    ただ、提示されている関数も simple_category_changer なので、そもそも名前が重複している可能性が。
  4. プラグインの作法とは違う書き方をされている
    dr-simple-category-changer.php がプラグインと作られているとしたら add_action( 'plugins_loaded', 'dr_simple_category_changer_setup' ); とは書かないと思います。
    プラグインとして設定されていれば、コードが呼ばれるタイミングで初期化してしまえば多くの場合問題ないはずです。

【WordPressのプラグインを開発しよう(初級編) | webOpixel】
http://www.webopixel.net/wordpress/631.html

class ShowText {
    function __construct() {
    }
}
$stext = new ShowText;

【本気で作りたい人向け、WordPressプラグインの作成方法 | OXY NOTES】
http://oxynotes.com/?p=9321

【WordPressプラグイン開発のバイブルを読むと何ができるようになるか。 | WP-D】
https://wp-d.org/2014/07/23/5948/
この本はお勧めです。


【wp-cron で定期実行 | dogmap.jp】
https://dogmap.jp/2008/12/25/wp-cron/

【WordPressで擬似cronを使ってバッチ処理を定期実行させる方法 | コワーキングスペース7F】
http://office7f.com/2015/02/05/wordpress-wp-cron/


また、$wpdb->get_results でSQLを渡すほうが高速&柔軟なことも多いですが、WP_Queryを使った呼び出しでほどほどに絞り込めます。例えば「pastカテゴリではなくiscsvが1でpub_endが現在の日付をより過去の記事」みたいな指定も出来ると思います。当然、現在のSQLが問題なく呼び出せているのであればもちろんそのまま使われたら良いです。

【get_postsで、複数のカスタムフィールドをキーにして検索・取得する方法 | sand a lot Web & Music Create [札幌]】
http://www.sandalot.com/get_postsで、複数のカスタムフィールドをキーにして検/

【[WordPress] カスタムフィールドで絞り込んで一覧表示する | IT女子のお気に入りフォルダ】
http://sachips.byeto.jp/wordpress/wp-customfield-wpquery.html

【ちょいちょい忘れる『WP_Query』の使い方 | 予習と復習】
http://notebook.yamamotohiroyuki.com/wordpress/2012/08/15/ちょいちょい忘れる『wp_query』の使い方/


あまり回答になっていませんが、何かの参考になれば幸いです。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.97%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる