質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.48%

  • Swift 2

    1340questions

    Swift 2は、Apple社が独自に開発を行っている言語「Swift」のアップグレード版です。iOSやOS X、さらにLinuxにも対応可能です。また、throws-catchベースのエラーハンドリングが追加されています。

  • Xcode 7

    617questions

    Xcode 7は、ソフトウェア開発のためのアップルの統合開発環境であるXcodeのバージョン。UIを作成するために用いるグラフィカルツールです。iOS9/OS X El Capitan/watchOS2に対応。Swift 2コンパイラーが搭載されています。

  • Realm

    263questions

    RealmとはSQLiteやCore Dataに代わるモバイルデータベースです。iOSとAndroidの両方でサポートされています。

swiftのRealmにおけるfilterについて

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 826

tamago0224

score 53

今回私は以下のような上のテキストフィールドで文字列を追加して下のテキストフィールドで指定した文字列と一致したデータを表示するものをサンプルとして作成しました。
とりあえず一致したときの処理は正常だったのですが、不一致だったときはエラーが起きてプログラムが停止しました。
エラーはAppDelegate内にThread 1: signal SIGABRTとでました。
このエラーを適切に処理したいのですが、どのようにすればできるのでしょうか。理想としては検索が不一致だったときは表示するラベルresultLabelに不一致と表示したいと考えています。
作成したプログラムは下記に記載しておきます。

import UIKit
import RealmSwift
class Name: Object {
    dynamic var name: String = ""
}

class ViewController: UIViewController {

    @IBOutlet weak var nameLabel: UITextField!
    @IBOutlet weak var searchLabel: UITextField!
    @IBOutlet weak var resultLabel: UILabel!

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        // Do any additional setup after loading the view, typically from a nib.


    }

    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
        // Dispose of any resources that can be recreated.
    }


    @IBAction func searchButton(sender: UIButton) {
        if let myname = self.searchLabel.text {
            if myname == "" {
                return
            }
            let realm = try! Realm()
            let result = realm.objects(Name).filter("name == %@",myname)
            print(result.count)
            self.resultLabel.text = result[0].name
        }
    }


    @IBAction func addButton(sender: UIButton) {
        if let name = self.nameLabel.text {
            if name == "" {
                return
            }
            let nameob = Name()
            nameob.name = nameLabel.text!

            let realm = try! Realm()

            try! realm.write{
                realm.add(nameob)
            }
        }
        self.nameLabel.text = ""
    }



}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

落ちている原因としては、検索した結果0件だった時にも結果の配列の0番目の情報にアクセスしているのが原因です。
以下の様に検索結果の配列がまず空の配列化を確かめて、空なら不一致を検索結果があれば検索結果の配列の0番目をラベルに表示するようにすれば良いと思います。

self.resultLabel.text = result.isEmpty ? "不一致" : result[0].name

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.48%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る

  • Swift 2

    1340questions

    Swift 2は、Apple社が独自に開発を行っている言語「Swift」のアップグレード版です。iOSやOS X、さらにLinuxにも対応可能です。また、throws-catchベースのエラーハンドリングが追加されています。

  • Xcode 7

    617questions

    Xcode 7は、ソフトウェア開発のためのアップルの統合開発環境であるXcodeのバージョン。UIを作成するために用いるグラフィカルツールです。iOS9/OS X El Capitan/watchOS2に対応。Swift 2コンパイラーが搭載されています。

  • Realm

    263questions

    RealmとはSQLiteやCore Dataに代わるモバイルデータベースです。iOSとAndroidの両方でサポートされています。