質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.12%

vagrant sshで毎回パスワードを聞かれるのをなくしたい

解決済

回答 2

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 6,961

marimo.

score 46

vagrant upのあとにvagrant sshでゲストPCにログインできると思うのですが、その際に毎回パスワードを聞かれます.

work hogeTaro$ vagrant ssh-config
Host default
  HostName 127.0.0.1
  User vagrant
  Port 2222
  UserKnownHostsFile /dev/null
  StrictHostKeyChecking no
  PasswordAuthentication no
  IdentityFile "/Users/hogeTaro/work/.vagrant/machines/default/virtualbox/private_key"
  IdentitiesOnly yes
  LogLevel FATAL

とssh-configを見る限りはIdentityFileで秘密鍵を指定しているのですが、これだけではダメなのでしょうか?例えばVagrantは~/.ssh/configも見に行っているとか、そういうことなんでしょうか?(sshに関する知識が中途半端ですいません)

vagarnt sshでパスワードを入力ぜずにログインできる方法を教えていただけますと幸いです。
よろしくお願い致します。

Vagrant 1.8.1

# -*- mode: ruby -*-
# vi: set ft=ruby :

# All Vagrant configuration is done below. The "2" in Vagrant.configure
# configures the configuration version (we support older styles for
# backwards compatibility).
# you're doing.
Vagrant.configure(2) do |config|
  # The most common configuration options are documented and commented below.
  # For a complete reference, please see the online documentation at
  # https://docs.vagrantup.com.

  # Every Vagrant development environment requires a box. You can search for
  # boxes at https://atlas.hashicorp.com/search.
  config.vm.box = "debian/jessie64"

  # Disable automatic box update checking. If you disable this, then
  # boxes will only be checked for updates when the user runs
  # `vagrant box outdated`. This is not recommended.
  # config.vm.box_check_update = false

  # Create a forwarded port mapping which allows access to a specific port
  # within the machine from a port on the host machine. In the example below,
  # accessing "localhost:8080" will access port 80 on the guest machine.
  # config.vm.network "forwarded_port", guest: 80, host: 8080

  # Create a private network, which allows host-only access to the machine
  # using a specific IP.
  config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"

  # Create a public network, which generally matched to bridged network.
  # Bridged networks make the machine appear as another physical device on
  # your network.
  # config.vm.network "public_network"

  # Share an additional folder to the guest VM. The first argument is
  # the path on the host to the actual folder. The second argument is
  # the path on the guest to mount the folder. And the optional third
  # argument is a set of non-required options.
  config.vm.synced_folder "./", "/home/vagrant/"

  # Provider-specific configuration so you can fine-tune various
  # backing providers for Vagrant. These expose provider-specific options.
  # Example for VirtualBox:
  #
  # config.vm.provider "virtualbox" do |vb|
  #   # Display the VirtualBox GUI when booting the machine
  #   vb.gui = true
  #
  #   # Customize the amount of memory on the VM:
  #   vb.memory = "1024"
  # end
  #
  # View the documentation for the provider you are using for more
  # information on available options.

  # Define a Vagrant Push strategy for pushing to Atlas. Other push strategies
  # such as FTP and Heroku are also available. See the documentation at
  # https://docs.vagrantup.com/v2/push/atlas.html for more information.
  # config.push.define "atlas" do |push|
  #   push.app = "YOUR_ATLAS_USERNAME/YOUR_APPLICATION_NAME"
  # end

  # Enable provisioning with a shell script. Additional provisioners such as
  # Puppet, Chef, Ansible, Salt, and Docker are also available. Please see the
  # documentation for more information about their specific syntax and use.
  # config.vm.provision "shell", inline: <<-SHELL
  #   sudo apt-get update
  #   sudo apt-get install -y apache2
  # SHELL
end
$ vagrant up
Bringing machine 'default' up with 'virtualbox' provider...
==> default: Checking if box 'debian/jessie64' is up to date...
==> default: A newer version of the box 'debian/jessie64' is available! You currently
==> default: have version '8.4.0'. The latest is version '8.5.0'. Run
==> default: `vagrant box update` to update.
==> default: Clearing any previously set forwarded ports...
==> default: Clearing any previously set network interfaces...
==> default: Preparing network interfaces based on configuration...
    default: Adapter 1: nat
    default: Adapter 2: hostonly
==> default: Forwarding ports...
    default: 22 (guest) => 2222 (host) (adapter 1)
==> default: Booting VM...
==> default: Waiting for machine to boot. This may take a few minutes...
    default: SSH address: 127.0.0.1:2222
    default: SSH username: vagrant
    default: SSH auth method: private key
==> default: Machine booted and ready!
GuestAdditions 5.0.16 running --- OK.
==> default: Checking for guest additions in VM...
==> default: Configuring and enabling network interfaces...
==> default: Rsyncing folder: /Users/hogeTaro/work/ => /vagrant
==> default: Mounting shared folders...
    default: /home/vagrant => /Users/hogeTaro/work
==> default: Machine already provisioned. Run `vagrant provision` or use the `--provision`
==> default: flag to force provisioning. Provisioners marked to run always will still run.
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

checkベストアンサー

+2

公開鍵認証には公開鍵が必要です。
Vagrantは対象となるVMの~/.ssh/autorized_keysに公開鍵情報を追記してくれます。
まずはこちらのファイルが存在するか確認してみましょう。(パーミッションも)

秘密鍵と公開鍵のペアを生成
→公開鍵をログインしたい先の~/.ssh/autorized_keysに追記
→秘密鍵を指定してssh接続

という流れは一般的なSSH公開鍵認証方式です。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2016/06/08 23:54 編集

    確認なのですが,ゲストOS上のホーム直下とは/home/vagrant/とのことですよね?
    そのディレクトリをsynce_folderに指定するのはダメというのは,つまり,通常authorized_keysはゲスト側の/home/vagrant/.ssh/authorized_keysに作成されるので,そのディレクトリを指定してsynce_folderでホスト側のディレクトリと同期してしまうと結果的にauthorized_keysを削除(上書きされるといったほうがいいのか)している,ということでしょうか?

    キャンセル

  • 2016/06/09 00:04

    そうです。

    キャンセル

  • 2016/06/09 00:33

    夜遅くに回答していただきありがとうございました.ディレクトリを変更ましたら無事解決しました.また今回を通してvagrantの理解を進めることが出来ました.
    また機会がございましたら回答お願い致します.

    キャンセル

0

以下のコマンドでssh設定を確認します。

$ vagrant ssh-config

IdentityFileの項目が秘密鍵のファイルになりますので、以下のコマンドでパスワードなしに設定します。

$ ssh-keygen -f {IdentityFile項目のファイル名} -p
Enter old passphrase: {現在のパスワードを入力}
Key has comment '{IdentityFile項目のファイル名}'
Enter new passphrase (empty for no passphrase): {空欄のままEnter}
Enter same passphrase again: {空欄のままEnter}

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.12%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる