質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
DataGrid

GUIの一種であり、データを表の形式でみることが可能です。

MVVM

MVVM(Model View ViewModel)は構築上のデザインパターンで、表現ロジック(ViewModel)によってデータ(Model)からページ(View)を分離させます。

WPF

Windows Presentation Foundation (WPF) は、魅力的な外観のユーザー エクスペリエンスを持つ Windows クライアント アプリケーションを作成するための次世代プレゼンテーション システムです

解決済

WPF[Livet] DataGridで発生するエラーが取得できない

Base
Base

総合スコア25

DataGrid

GUIの一種であり、データを表の形式でみることが可能です。

MVVM

MVVM(Model View ViewModel)は構築上のデザインパターンで、表現ロジック(ViewModel)によってデータ(Model)からページ(View)を分離させます。

WPF

Windows Presentation Foundation (WPF) は、魅力的な外観のユーザー エクスペリエンスを持つ Windows クライアント アプリケーションを作成するための次世代プレゼンテーション システムです

1回答

0評価

1クリップ

705閲覧

投稿2021/10/13 07:25

編集2021/10/13 09:54

前提・実現したいこと

WPF/Livetを使ってDataGridを使った顧客情報と関連設定を操作するアプリを作っています。
MVVMの設計思想にて進めている初心者です。

今回、「対象No」という値に関してのみ、ユーザーに変更可能な項目として設定。
入力されたときにエラーの場合、データ更新ボタンを押せないようにしようと考えています。

ReactivePropertyを導入するとエラーチェックが簡単にできると調べて分かり導入しましたが、エラー状態を取得できずに困っています。
ReactivePropertyを使用しなくても、エラー状態を監視し、ボタンをOFFに出来る簡単な方法があるなら、それも知りたいです。

よろしくお願いいたします。

発生している問題

Numの入力エラー状態を取得できずに、ButoonをOFFに出来ない

適用ボタンを押した際でも良いので、エラー時にはメッセージを出すようにしたいがエラー自体がキャッチできないので、それも出来ない。

C#

var ret = val.Num.HasErrors;//エラーがある場合、Trueになることが期待値

該当のソースコード

App.xaml

xaml

<Application.Resources> <Style x:Key="errorStyleLostFocus" TargetType="{x:Type TextBlock}" BasedOn="{StaticResource {x:Type FrameworkElement}}" > <Style.Triggers> <Trigger Property="Validation.HasError" Value="True"> <Setter Property="Background" Value="Red"/> </Trigger> </Style.Triggers> </Style> <Style x:Key="errorStyleGotFocus" TargetType="{x:Type TextBox}" BasedOn="{StaticResource {x:Type FrameworkElement}}" > <Style.Triggers> <Trigger Property="Validation.HasError" Value="True"> <Setter Property="Background" Value="Red"/> </Trigger> </Style.Triggers> </Style> </Application.Resources>

View

xaml

<Window.DataContext> <vm:MainWindowVM/> </Window.DataContext> <Grid> <Grid.RowDefinitions> <RowDefinition Height="9.5*"/> <RowDefinition Height="1*"/> </Grid.RowDefinitions> <TabControl Height="410" VerticalAlignment="Top"> <TabItem Header="顧客"> <DataGrid x:Name="clientData" ItemsSource="{Binding ClientData}" IsReadOnly="False" AutoGenerateColumns="False" CanUserAddRows="False"> <DataGrid.Columns> <DataGridTextColumn Header="ID" Binding="{Binding ID}" IsReadOnly="True" /> <DataGridTextColumn Header="名前" Binding="{Binding Name}" IsReadOnly="True" /> <DataGridTextColumn Header="対象No" Binding="{Binding Num.Value}" IsReadOnly="False" /> <DataGridTextColumn Header="備考" Binding="{Binding Other}" IsReadOnly="True" EditingElementStyle="{StaticResource errorStyleGotFocus}"/> </DataGrid.Columns> </DataGrid> </TabItem> </TabControl> <Button Grid.Row="1" x:Name="DataUpdata" Content="データ更新" HorizontalAlignment="Left" IsEnabled="{Binding IsEnable}" VerticalAlignment="Center" Width="75" RenderTransformOrigin="1.202,0.058" Height="29"> <i:Interaction.Triggers> <i:EventTrigger EventName="Click"> <l:LivetCallMethodAction MethodTarget="{Binding}" MethodName="UpdataButton"/> </i:EventTrigger> </i:Interaction.Triggers> </Button> </Grid>

ViewModel

C#

class MainWindowVM : ViewModel { private ObservableCollection<ClientInfo> _clientData; public ObservableCollection<ClientInfo> ClientData { get { return _clientData; } set { _clientData = value; RaisePropertyChanged(nameof(ClientInfo)); } } private ObservableCollection<bool> _IsEnable; public ObservableCollection<bool> IsEnable { get { return _IsEnable; } set { _IsEnable = value; RaisePropertyChanged(nameof(IsEnable)); } } /// <summary> /// コンストラクタ /// </summary> public MainWindowVM() { ClientData = new ObservableCollection<ClientInfo>(); ReactiveProperty<double> reactive = new ReactiveProperty<double>(); reactive.Value = 1.1; ClientData.Add(new ClientInfo { ID = 1, Name = "クライアント1", Num = reactive, Other = "" }); ClientData.Add(new ClientInfo { ID = 50, Name = "クライアント2", Num = reactive, Other = "" }); ClientData.Add(new ClientInfo { ID = 100, Name = "クライアント3", Num = reactive, Other = "" }); ClientData.Add(new ClientInfo { ID = 999, Name = "クライアント4", Num = reactive, Other = "" }); } /// <summary> /// 更新ボタン押下 /// </summary> public void UpdataButton() { foreach(var val in ClientData) { var ret = val.Num.HasErrors;//エラーがある場合、Trueになることが期待値 } } }

Model

C#

class ClientInfo:ViewModel { private ReactiveProperty<double> _num; public int ID { get; set; } public string Name { get; set; } public ReactiveProperty<double> Num { get { return _num; } set { _num = value; RaisePropertyChanged(nameof(Num)); } } public string Other { get; set; } }

試したこと

  1. Viewのエラー時の表示

https://thinkami.hatenablog.com/entry/2014/07/17/060723

  1. ReactivePropertyを使ったエラーチェック

https://teratail.com/questions/346500

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

VisualStudio2019

利用フレームワーク
.Net4.7.2
Livet3.0
ReactiveProperty

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

DataGrid

GUIの一種であり、データを表の形式でみることが可能です。

MVVM

MVVM(Model View ViewModel)は構築上のデザインパターンで、表現ロジック(ViewModel)によってデータ(Model)からページ(View)を分離させます。

WPF

Windows Presentation Foundation (WPF) は、魅力的な外観のユーザー エクスペリエンスを持つ Windows クライアント アプリケーションを作成するための次世代プレゼンテーション システムです