質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.50%

  • Java

    14048questions

    Javaは、1995年にサン・マイクロシステムズが開発したプログラミング言語です。表記法はC言語に似ていますが、既存のプログラミング言語の短所を踏まえていちから設計されており、最初からオブジェクト指向性を備えてデザインされています。セキュリティ面が強力であることや、ネットワーク環境での利用に向いていることが特徴です。Javaで作られたソフトウェアは基本的にいかなるプラットフォームでも作動します。

  • Android

    6617questions

    Androidは、Google社が開発したスマートフォンやタブレットなど携帯端末向けのプラットフォームです。 カーネル・ミドルウェア・ユーザーインターフェイス・ウェブブラウザ・電話帳などのアプリケーションやソフトウェアをひとつにまとめて構成。 カーネル・ライブラリ・ランタイムはほとんどがC言語/C++、アプリケーションなどはJavaSEのサブセットとAndroid環境で書かれています。

  • Android Studio

    3774questions

    Android Studioは、 Google社によって開発された、 Androidのネイティブアプリケーション開発に特化した統合開発ツールです。

SurfaceViewの使い方 ホームボタン押下時にIllegalStateException

受付中

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,138

android ブロック崩しを作っています。
SurfaceViewを継承したCustomViewを利用しています。

実行中に戻るボタンとホームボタンを押してみました。

戻るボタン   ー正常。
ホームボタン ー エラーが発生して、画面が真っ暗なまま動かなくなる

ホームボタン押下時にエラーが出て画面が動かなくなるのですが、SurfaceViewの使い方が間違ってますよね。。。?

アクティビティの繊維(Destroy Createdなど…)についての知識がほぼないまま使用していたため、原因をご教授いただけると幸いです。

エラー

E/SurfaceHolder: Exception locking surface
                                                                       java.lang.IllegalStateException: Surface has already been released.
                                                                           at android.view.Surface.checkNotReleasedLocked(Surface.java:434)
                                                                           at android.view.Surface.lockCanvas(Surface.java:258)
                                                                           at android.view.SurfaceView$4.internalLockCanvas(SurfaceView.java:822)
                                                                           at android.view.SurfaceView$4.lockCanvas(SurfaceView.java:790)
                                                                           at com.example.blockbreak.MainActivity$CustomView.run(MainActivity.java:245)
                                                                           at java.lang.Thread.run(Thread.java:818)

MainActivity(中略しています)

package com.example.blockbreak;



public class MainActivity extends AppCompatActivity {

    int width,height;

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        //カスタムビュークラスのインスタンスをコンテントにセット
        setContentView(new CustomView(this));

    }




    class CustomView extends SurfaceView implements SurfaceHolder.Callback, Runnable {

        //スレッドクラス
        Thread mainLoop;
        Canvas canvas;
        // 描画用



        @Override
        public void onWindowFocusChanged(boolean hasFocus) {
            {
                super.onWindowFocusChanged(hasFocus);

                Point point = new Point(0, 0);
                point.set(getWidth(), getHeight());
                width = getWidth();//720
                height = getHeight();//1230

                Log.d("size", "width: "+width);
                Log.d("size", "height: "+height);


            }


        }

        public Point getViewSize(View View){
            Point point = new Point(0, 0);
            point.set(View.getWidth(), View.getHeight());

            return point;
        }



        //コンストラクタ
        public CustomView(Context context) {
            super(context);
            // SurfaceView描画に用いるコールバックを登録する。
            getHolder().addCallback(this);
            // 描画用の準備
            paint = new Paint();
            paint2 = new Paint();


            //TODO:コンテンツ領域が取れてないのでとる。
            WindowManager wm = (WindowManager)getSystemService(WINDOW_SERVICE);
            // ディスプレイのインスタンス生成
            Display disp = wm.getDefaultDisplay();
            Point size = new Point();
            disp.getSize(size);

            view_w = size.x;
            view_h = size.y;


            Log.d("view", "width: "+view_w);
            Log.d("view", "height: "+view_h);

            //ボールを生成
            ball = new Ball(view_w/2, view_h/3 , view_w, view_h );

            // バーを生成  view_w/2画面の半分
            bar  = new Bar( view_w/2 , view_h - 250 );
            touchX = bar.x;//タッチしてないとき0なので

            count = new Points();


        }


        @Override
        public void surfaceChanged(SurfaceHolder holder, int format, int width,
                                   int height) {

        }


        // SurfaceView生成時に呼び出されるメソッド。
        @Override
        public void surfaceCreated(SurfaceHolder holder) {
            // 背景
            Canvas canvas = holder.lockCanvas();
            canvas.drawColor(Color.BLACK);
            holder.unlockCanvasAndPost(canvas);
            // スレッド開始
            mainLoop = new Thread(this);
            mainLoop.start();

        }


        @Override
        public void surfaceDestroyed(SurfaceHolder holder) {

        }

        @Override
        public boolean onTouchEvent(MotionEvent event) {
            touchX =event.getRawX();
            touchY=event.getRawY();
            touchAction=event.getAction();

            //720 1280   bar.y = view_w - 250 1080 タッチできないようにする範囲の上ライン
            float upperLine = bar.y-bar.height-margin;//1065


            switch (touchAction) {
                case MotionEvent.ACTION_DOWN:
                    flag = false;
                    break;
                case MotionEvent.ACTION_MOVE:
                    //上側だけタッチできないように
                    if(touchX > 0 && touchX < view_w && touchY > 0 && touchY < upperLine ) flag = false;
                    else flag = true;

                    break;
                case MotionEvent.ACTION_UP:
                    flag =false;
                    break;
            }

            return true;
        }



        public void collisionDetection(){
            if (bar.collideWidth(ball,bar)){

                if ( ball.x + ball.size >= bar.x - bar.halfBar && ball.x - ball.size <= bar.x + bar.halfBar ) {

                    ball.vy *= -1;
                    count.count(50);
                } else if ( ball.y + ball.size >= bar.y - bar.height && ball.y - ball.size <= bar.y + bar.height) {

                    ball.vx *= -1;
                    count.count(50);
                }

            }

        }


        @Override
        public void run(){

            while (true) {

                if (width >0 || height > 0) canvas = getHolder().lockCanvas();
                if (canvas != null)
                {
                    //背景
                    canvas.drawColor(Color.BLACK);

                    count.paintPoints(canvas);

                    canvas.drawText("残機:"+ Life.life, 630, 60, paint6);
                    //スコア表示
//                  canvas.drawText("点数:"+ count, 10, 30, paint3);
//
                   draw(canvas);

                    //Log.d("point","x"+ count.x);
                    Log.d("point","y"+ count.y);

                    //max720 1280 画面サイズ
                    num =(view_w - 32 + margin)/(blockWidth *2);//横ブロックの個数. 端のmargin 16*2


                    //配列の初期化

                    //配列の初期化
                    block = new Block[num];
                    block2 = new Block[num];
                    block3 = new Block[num];
                    block4 = new Block[num];
                    block5 = new Block[num];
                    block6 = new Block[num];
                    block7 = new Block[num];
                    block8 = new Block[num];
                    block9 = new Block[num];
                    block10 = new Block[num];



//                    //ブロックを描画する
//                    for(int i=0; i <24 ;i+=1) {
//
//                        canvas.drawRect(block[i].x -40,block[i].y -10, block[i].x +40, block[i].y +10, paint3);
//
//                    }

                    //バーを描画する   left top right bottom
                    canvas.drawRect(bar.x - bar.halfBar , bar.y  -bar.height , bar.x + bar.halfBar , bar.y + bar.height , paint3);
                    //Ballクラスからボールを描画
                    canvas.drawCircle( ball.x, ball.y, ball.size , paint5);


                    //バーのスライド移動
                    if(flag) bar.move(touchX);

                    //Ballクラスのボールを移動
                    ball.move();

//                    ball.x += ball.vx;
//                    ball.y += ball.vy;
                    //TODO:ボールの中心で判定されてるので、ボールの幅で判定するようにする(Option)
                    //壁に衝突
//                    if (ball.x < 0 || getWidth() < ball.x)  ball.vx *= -1;
//                    if (ball.y < 0 || getHeight() < ball.y) ball.vy *= -1;

//                  if (ball.y < 0) ball.vy *= -1;//ゲームオーバー用



                    //ボールとバーの当たり判定
                    collisionDetection();



                    //TODO:玉とブロックの衝突判定 ブロック消失 玉反発 音がなる
                    ball.gameOver();

                    if(!ball.isLive) {
                        canvas.drawText("Game Over",view_w/2,view_h/2,paint7);
                    }



                    getHolder().unlockCanvasAndPost(canvas);

                }
            }

        }

        public void onDraw(Canvas c){

            count.paintPoints(canvas);

        }

    }





}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

0

SurfaceViewは内部に描画用のスレッドを持ちます、通常はこのスレッドを使うことで非同期的に描画内容を変更することができます。
しかし、描画が許されるのはSurafaceViewが生きている間だけです。SurfaceViewが死んだあとで、描画を行うと例外が発生します。

対応としてはSurfaceViewが死ぬ前に描画用スレッドを停止することです。

SurfaceViewを終了させるタイミングの管理--間違えるとANRのリスク

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.50%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • Java

    14048questions

    Javaは、1995年にサン・マイクロシステムズが開発したプログラミング言語です。表記法はC言語に似ていますが、既存のプログラミング言語の短所を踏まえていちから設計されており、最初からオブジェクト指向性を備えてデザインされています。セキュリティ面が強力であることや、ネットワーク環境での利用に向いていることが特徴です。Javaで作られたソフトウェアは基本的にいかなるプラットフォームでも作動します。

  • Android

    6617questions

    Androidは、Google社が開発したスマートフォンやタブレットなど携帯端末向けのプラットフォームです。 カーネル・ミドルウェア・ユーザーインターフェイス・ウェブブラウザ・電話帳などのアプリケーションやソフトウェアをひとつにまとめて構成。 カーネル・ライブラリ・ランタイムはほとんどがC言語/C++、アプリケーションなどはJavaSEのサブセットとAndroid環境で書かれています。

  • Android Studio

    3774questions

    Android Studioは、 Google社によって開発された、 Androidのネイティブアプリケーション開発に特化した統合開発ツールです。