質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.78%

【Django3】settings.pyの分割ができない。(開発用と本番用の分割ができない)

受付中

回答 0

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 114

score 12

こんにちは。
「動かして学ぶ!Python Django 開発入門」を学習中にsettings.pyを分割するところでつまってしまいました。

よろしければお力をお貸ししていただけないでしょうか?

前提・実現したいこと

Djangoにて参照する設定ファイルを
プロジェクト(private_diary)直下にある「settings.py」から、
新規で作成した「settings」ディレクトリに格納した「settings_dev.py」へと変更すること

【前提】
もともとあった「settings.py」は、
開発と本番の共通部分:「settings_common.py」
開発のみの部分:「settings_dev.py」
に分割しています。

フォルダ階層は以下のようになります。

├─private_diary
│  │  db.sqlite3
│  │  manage.py
│  │  
│  ├─diary #アプリ
   └─private_diary
       ├─settings.py
       ├─settings
          │  settings_common.py
          └─ settings_dev.py

発生している問題・エラーメッセージ

ValueError: dictionary update sequence element #0 has length 5; 2 is required

該当のソースコード

setthings_common.py

"""
Django settings for private_diary project.

Generated by 'django-admin startproject' using Django 3.2.

For more information on this file, see
https://docs.djangoproject.com/en/3.2/topics/settings/

For the full list of settings and their values, see
https://docs.djangoproject.com/en/3.2/ref/settings/
"""

from pathlib import Path
import os

# Build paths inside the project like this: BASE_DIR / 'subdir'.
BASE_DIR = Path(__file__).resolve().parent.parent


# Quick-start development settings - unsuitable for production
# See https://docs.djangoproject.com/en/3.2/howto/deployment/checklist/

# SECURITY WARNING: keep the secret key used in production secret!
SECRET_KEY = 'django-insecure-x6p&u9#tbt4ne==gbnrxofky4ktdhm^3&u(yf6nht4pq1r)y4m'

# Application definition

INSTALLED_APPS = [
    'django.contrib.admin',
    'django.contrib.auth',
    'django.contrib.contenttypes',
    'django.contrib.sessions',
    'django.contrib.messages',
    'django.contrib.staticfiles',
    "diary",
]

MIDDLEWARE = [
    'django.middleware.security.SecurityMiddleware',
    "whitenoise.middleware.WhiteNoiseMiddleware",
    'django.middleware.security.SecurityMiddleware',
    'django.contrib.sessions.middleware.SessionMiddleware',
    'django.middleware.common.CommonMiddleware',
    'django.middleware.csrf.CsrfViewMiddleware',
    'django.contrib.auth.middleware.AuthenticationMiddleware',
    'django.contrib.messages.middleware.MessageMiddleware',
    'django.middleware.clickjacking.XFrameOptionsMiddleware',
]

ROOT_URLCONF = 'private_diary.urls'

TEMPLATES = [
    {
        'BACKEND': 'django.template.backends.django.DjangoTemplates',
        'DIRS': [],
        'APP_DIRS': True,
        'OPTIONS': {
            'context_processors': [
                'django.template.context_processors.debug',
                'django.template.context_processors.request',
                'django.contrib.auth.context_processors.auth',
                'django.contrib.messages.context_processors.messages',
            ],
        },
    },
]

WSGI_APPLICATION = 'private_diary.wsgi.application'


# Database
# https://docs.djangoproject.com/en/3.2/ref/settings/#databases

DATABASES = {
    'default': {
        'ENGINE': 'django.db.backends.sqlite3',
        'NAME': BASE_DIR / 'db.sqlite3',
    }
}


# Password validation
# https://docs.djangoproject.com/en/3.2/ref/settings/#auth-password-validators

AUTH_PASSWORD_VALIDATORS = [
    {
        'NAME': 'django.contrib.auth.password_validation.UserAttributeSimilarityValidator',
    },
    {
        'NAME': 'django.contrib.auth.password_validation.MinimumLengthValidator',
    },
    {
        'NAME': 'django.contrib.auth.password_validation.CommonPasswordValidator',
    },
    {
        'NAME': 'django.contrib.auth.password_validation.NumericPasswordValidator',
    },
]


# Internationalization
# https://docs.djangoproject.com/en/3.2/topics/i18n/

LANGUAGE_CODE = 'ja'

TIME_ZONE = 'Asia/Tokyo'

USE_I18N = True

USE_L10N = True

USE_TZ = True


# Static files (CSS, JavaScript, Images)
# https://docs.djangoproject.com/en/3.2/howto/static-files/

STATIC_URL = '/static/'

# Default primary key field type
# https://docs.djangoproject.com/en/3.2/ref/settings/#default-auto-field

DEFAULT_AUTO_FIELD = 'django.db.models.BigAutoField'

STATIC_ROOT = os.path.join(BASE_DIR, "staticfiles")
STATICFILES_STORAGE = "whitenoise.storage.CompressedManifestStaticFilesStorage"

# STATICFILES_DIRS = (
#     os.path.join(BASE_DIR, "static")
# )

settings_dev.py

from .settings_common import *

# SECURITY WARNING: don't run with debug turned on in production!
DEBUG = True

ALLOWED_HOSTS = []

# logging
LOGGING = {
    "version": 1,
    "disable_existing_loggers": False,

    # logger
    "loggers": {
        "django": {
            "handlers": ["console"],
            "level": "INFO",
        },
        "diary": {
            "handlers": ["console"],
            "level": "DEBUG",
        },
    },
    "handlers": {
        "console": {
            "level": "DEBUG",
            "class": "logging.StreamHandler",
            "formatter": "dev"
        },
    },

    "formatters": {
        "dev": {
            "format": "\t".join([
                "%(asctime)s",
                "[%(levelname)s]",
                "%(pathname)s(Line:%(lineno)d)",
                "%(message)s"
            ])
        },
    }
},

EMAIL_BACKEND = "django.core.mail.backends.console.EmailBackend"

試したこと

settings.pyを削除後、
1.settings.pyを参照するよう記述されている箇所の編集
2.python manage.py runserverの実行時のコマンドにオプションを追加
上記2点を試みてみました。

【1の場合】
こちらを参照してみました。
修正は以下のように行いました。
private_diary/settings/settings_common.py

# BASE_DIR = Path(__file__).resolve().parent.parent を以下に編集
BASE_DIR = os.path.dirname(os.path.dirname(os.path.dirname(os.path.abspath(__file__))))


manage.py

def main():
    """Run administrative tasks."""
    # os.environ.setdefault('DJANGO_SETTINGS_MODULE', 'private_diary.settings') を
    os.environ.setdefault('DJANGO_SETTINGS_MODULE', 'private_diary.settings.settings_dev')

→結果以下のようなエラーコードになりました。

TypeError: unsupported operand type(s) for /: 'str' and 'str'

【2の場合】
オプションを追加した結果

ValueError: dictionary update sequence element #0 has length 5; 2 is required


このようなエラーがでました。

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

Django     3.2
Python 3.9.1
VScode 1.55.1

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

まだ回答がついていません

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.78%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る