質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.37%

Laravel : docker で作成したアプリをAWSにデプロイすると、ヘッタータイトルが "index of /"となり、ディレクトリが表示されてしまう

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 649

score 6

前提・実現したいこと

ローカル環境でLaravel : docker で作成したアプリをAWSにデプロイしたのですが、下記のように、フォルダのみ反映されてしまった。

開発環境

Laravel 7.25
PHP 7.3

発生している問題・エラーメッセージ

イメージ説明

該当のソースコード

version: '3.5'

networks:
  frontend:
    driver: ${NETWORKS_DRIVER}
  backend:
    driver: ${NETWORKS_DRIVER}

volumes:
  mysql:
    driver: ${VOLUMES_DRIVER}
  percona:
    driver: ${VOLUMES_DRIVER}
  mssql:
    driver: ${VOLUMES_DRIVER}
  postgres:
    driver: ${VOLUMES_DRIVER}
  memcached:
    driver: ${VOLUMES_DRIVER}
  redis:
    driver: ${VOLUMES_DRIVER}
  neo4j:
    driver: ${VOLUMES_DRIVER}
  mariadb:
    driver: ${VOLUMES_DRIVER}
  mongo:
    driver: ${VOLUMES_DRIVER}
  minio:
    driver: ${VOLUMES_DRIVER}
  rethinkdb:
    driver: ${VOLUMES_DRIVER}
  phpmyadmin:
    driver: ${VOLUMES_DRIVER}
  adminer:
    driver: ${VOLUMES_DRIVER}
  aerospike:
    driver: ${VOLUMES_DRIVER}
  caddy:
    driver: ${VOLUMES_DRIVER}
  meilisearch:
    driver: ${VOLUMES_DRIVER}
  elasticsearch:
    driver: ${VOLUMES_DRIVER}
  mosquitto:
    driver: ${VOLUMES_DRIVER}
  confluence:
    driver: ${VOLUMES_DRIVER}
  sonarqube:
    driver: ${VOLUMES_DRIVER}
  cassandra:
    driver: ${VOLUMES_DRIVER}
  graylog:
    driver: ${VOLUMES_DRIVER}
  docker-in-docker:
    driver: ${VOLUMES_DRIVER}
  react:
    driver: ${VOLUMES_DRIVER}

services:
###########################################################
###################### General Setup ######################
###########################################################

### Paths #################################################

# Point to the path of your applications code on your host
APP_CODE_PATH_HOST=../

# Point to where the `APP_CODE_PATH_HOST` should be in the container
APP_CODE_PATH_CONTAINER=/var/www

# You may add flags to the path `:cached`, `:delegated`. When using Docker Sync add `:nocopy`
APP_CODE_CONTAINER_FLAG=:cached

# Choose storage path on your machine. For all storage systems
DATA_PATH_HOST=~/.laradock/data

### Drivers ################################################

# All volumes driver
VOLUMES_DRIVER=local

# All Networks driver
NETWORKS_DRIVER=bridge

### Docker compose files ##################################

# Select which docker-compose files to include. If using docker-sync append `:docker-compose.sync.yml` at the end
COMPOSE_FILE=docker-compose.yml

# Change the separator from : to ; on Windows
COMPOSE_PATH_SEPARATOR=:

# Define the prefix of container names. This is useful if you have multiple projects that use laradock to have separate containers per project.
COMPOSE_PROJECT_NAME=laradock

### PHP Version ###########################################

# Select a PHP version of the Workspace and PHP-FPM containers (Does not apply to HHVM).
# Accepted values: 7.4 - 7.3 - 7.2 - 7.1 - 7.0 - 5.6
PHP_VERSION=7.3

### Phalcon Version ###########################################

# Select a Phalcon version of the Workspace and PHP-FPM containers (Does not apply to HHVM). Accepted values: 3.4.0+
PHALCON_VERSION=4.0.5

### PHP Interpreter #######################################

# Select the PHP Interpreter. Accepted values: hhvm - php-fpm
PHP_INTERPRETER=php-fpm

### Docker Host IP ########################################

# Enter your Docker Host IP (will be appended to /etc/hosts). Default is `10.0.75.1`
DOCKER_HOST_IP=10.0.75.1

### Remote Interpreter ####################################

# Choose a Remote Interpreter entry matching name. Default is `laradock`
PHP_IDE_CONFIG=serverName=laradock

### PHP DOWNGRADEOPENSSL TLS AND SECLEVEL #################

PHP_DOWNGRADE_OPENSSL_TLS_AND_SECLEVEL=false

### Windows Path ##########################################

# A fix for Windows users, to ensure the application path works
COMPOSE_CONVERT_WINDOWS_PATHS=1

### Environment ###########################################

# If you need to change the sources (i.e. to China), set CHANGE_SOURCE to true
CHANGE_SOURCE=false
# Set CHANGE_SOURCE and UBUNTU_SOURCE option if you want to change the Ubuntu system sources.list file.
UBUNTU_SOURCE=aliyun
# Set ORACLE INSTANT_CLIENT_MIRROR option if you want to use Intranet improve download, you can download files first
ORACLE_INSTANT_CLIENT_MIRROR=https://github.com/diogomascarenha/oracle-instantclient/raw/master/

### Docker Sync ###########################################

# If you are using Docker Sync. For `osx` use 'native_osx', for `windows` use 'unison', for `linux` docker-sync is not required
DOCKER_SYNC_STRATEGY=native_osx

### Install Oh My ZSH! ####################################

# If you want to use "Oh My ZSH!" with Laravel autocomplete plugin, set SHELL_OH_MY_ZSH to true.

SHELL_OH_MY_ZSH=false
SHELL_OH_MY_ZSH_AUTOSUGESTIONS=false
SHELL_OH_MY_ZSH_ALIASES=false

###########################################################
################ Containers Customization #################
###########################################################

### WORKSPACE #############################################

WORKSPACE_BASE_IMAGE_TAG_PREFIX=latest
WORKSPACE_COMPOSER_GLOBAL_INSTALL=true
WORKSPACE_COMPOSER_AUTH=false
WORKSPACE_COMPOSER_REPO_PACKAGIST=
WORKSPACE_NVM_NODEJS_ORG_MIRROR=
WORKSPACE_INSTALL_NODE=true
WORKSPACE_NODE_VERSION=node
WORKSPACE_NPM_REGISTRY=
WORKSPACE_NPM_FETCH_RETRIES=2
WORKSPACE_NPM_FETCH_RETRY_FACTOR=10
WORKSPACE_NPM_FETCH_RETRY_MINTIMEOUT=10000
WORKSPACE_NPM_FETCH_RETRY_MAXTIMEOUT=60000
WORKSPACE_INSTALL_PNPM=false
WORKSPACE_INSTALL_YARN=true
WORKSPACE_YARN_VERSION=latest
WORKSPACE_INSTALL_NPM_GULP=true
WORKSPACE_INSTALL_NPM_BOWER=false
WORKSPACE_INSTALL_NPM_VUE_CLI=true
WORKSPACE_INSTALL_NPM_ANGULAR_CLI=false
WORKSPACE_INSTALL_PHPREDIS=true
WORKSPACE_INSTALL_WORKSPACE_SSH=false
WORKSPACE_INSTALL_SUBVERSION=false
WORKSPACE_INSTALL_BZ2=false
WORKSPACE_INSTALL_GMP=false
WORKSPACE_INSTALL_XDEBUG=false
WORKSPACE_INSTALL_PCOV=false
WORKSPACE_INSTALL_PHPDBG=false
WORKSPACE_INSTALL_SSH2=false
WORKSPACE_INSTALL_LDAP=false
WORKSPACE_INSTALL_SOAP=false
WORKSPACE_INSTALL_XSL=false
WORKSPACE_INSTALL_SMB=false
WORKSPACE_INSTALL_IMAP=false
WORKSPACE_INSTALL_MONGO=false
WORKSPACE_INSTALL_AMQP=false
WORKSPACE_INSTALL_CASSANDRA=false
WORKSPACE_INSTALL_GEARMAN=false
WORKSPACE_INSTALL_MSSQL=false
WORKSPACE_INSTALL_DRUSH=false
WORKSPACE_DRUSH_VERSION=8.1.17
WORKSPACE_INSTALL_DRUPAL_CONSOLE=false
WORKSPACE_INSTALL_WP_CLI=false
WORKSPACE_INSTALL_AEROSPIKE=false
WORKSPACE_INSTALL_OCI8=false
WORKSPACE_INSTALL_V8JS=false
WORKSPACE_INSTALL_LARAVEL_ENVOY=false
WORKSPACE_INSTALL_LARAVEL_INSTALLER=false
WORKSPACE_INSTALL_DEPLOYER=false
WORKSPACE_INSTALL_PRESTISSIMO=false
WORKSPACE_INSTALL_LINUXBREW=false
WORKSPACE_INSTALL_MC=false

### PHP_FPM_NEW_RELIC #####################################

PHP_FPM_NEW_RELIC=false
PHP_FPM_NEW_RELIC_KEY=0000
PHP_FPM_NEW_RELIC_APP_NAME=app_name

### NGINX #################################################

NGINX_HOST_HTTP_PORT=80
NGINX_HOST_HTTPS_PORT=443
NGINX_HOST_LOG_PATH=./logs/nginx/
NGINX_SITES_PATH=./nginx/sites/
NGINX_PHP_UPSTREAM_CONTAINER=php-fpm
NGINX_PHP_UPSTREAM_PORT=9000
NGINX_SSL_PATH=./nginx/ssl/


### APACHE ################################################

APACHE_HOST_HTTP_PORT=80
APACHE_HOST_HTTPS_PORT=443
APACHE_HOST_LOG_PATH=./logs/apache2
APACHE_SITES_PATH=./apache2/sites
APACHE_PHP_UPSTREAM_CONTAINER=php-fpm
APACHE_PHP_UPSTREAM_PORT=9000
APACHE_PHP_UPSTREAM_TIMEOUT=60
APACHE_DOCUMENT_ROOT=/var/www/
APACHE_INSTALL_HTTP2=false

### MYSQL #################################################

MYSQL_VERSION=5.2
MYSQL_DATABASE=default
MYSQL_USER=default
MYSQL_PASSWORD=secret
MYSQL_PORT=3306
MYSQL_ROOT_PASSWORD=root
MYSQL_ENTRYPOINT_INITDB=./mysql/docker-entrypoint-initdb.d

### MSSQL #################################################

MSSQL_DATABASE=master
MSSQL_PASSWORD="yourStrong(!)Password"
MSSQL_PORT=1433

### MARIADB ###############################################

MARIADB_VERSION=latest
MARIADB_DATABASE=default
MARIADB_USER=default
MARIADB_PASSWORD=secret
MARIADB_PORT=3306
MARIADB_ROOT_PASSWORD=root
MARIADB_ENTRYPOINT_INITDB=./mariadb/docker-entrypoint-initdb.d

### SQS ##############################################

SQS_NODE_HOST_PORT=9324
SQS_MANAGEMENT_HTTP_HOST_PORT=9325

### MEILISEARCH ###########################################

MEILISEARCH_HOST_PORT=7700
MEILISEARCH_KEY=masterkey

### ELASTICSEARCH #########################################

ELASTICSEARCH_HOST_HTTP_PORT=9200
ELASTICSEARCH_HOST_TRANSPORT_PORT=9300

### SELENIUM ##############################################

SELENIUM_PORT=4444

### MINIO #################################################

MINIO_PORT=9000

### PHP MY ADMIN ##########################################

# Accepted values: mariadb - mysql

PMA_DB_ENGINE=mysql

# Credentials/Port:

PMA_USER=default
PMA_PASSWORD=secret
PMA_ROOT_PASSWORD=secret
PMA_PORT=8081
PMA_MAX_EXECUTION_TIME=600
PMA_MEMORY_LIMIT=256M
PMA_UPLOAD_LIMIT=2G

試したこと

デプロイは成功しているようなので、作成したアプリがインストールされているか確認しました。

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

デプロイの工程として、以下の記事を参考にして進めております

AWS laravel + laradock をデプロイ
AWS体験ハンズオン

あまり、同じようなエラー文がネット上になかったため、質問させて頂きました。
お忙しい中恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • Lulucom

    2021/02/19 23:49

    Laradockの.envファイルでAPP_CODE_PATH_HOST環境変数を正しく設定できていますか?

    キャンセル

  • Lulucom

    2021/02/20 00:10

    参考にされた記事「AWS laravel + laradock をデプロイ」のようなディレクトリ構成(laradock/とsrc/に分ける)にすべきではないでしょうか。

    キャンセル

回答 1

checkベストアンサー

0

./laradock/.envファイルで、APACHE_DOCUMENT_ROOT環境変数を変更し、apache2コンテナをリビルドするとどうでしょうか。

APACHE_DOCUMENT_ROOT=/var/www/public

こちらを参考にいたしました。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2021/02/21 15:03

    Lulucomさん
    ご返信頂きありがとうございます。
    アドバイス頂いたように、【.env】ファイルを上記のように編集し、コンテナをリビルドすると、無事デプロイすることができました。
    尚、envファイルを以下のように編集しました。
    APP_CODE_PATH_HOST=../
    PHP_VERSION=7.3
    MYSQL_VERSION=5.7
    に修正しました。
    ご回答いただき、ありがとうございました。

    キャンセル

  • 2021/02/21 15:05

    よかったです。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.37%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る