質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.61%

本番環境で[このサイトにアクセスできません]とでる

受付中

回答 2

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 532

score 15

お世話になっております。
現在、個人アプリにて、Docker環境でunicornとnginxを導入しています。

解決したいこと

docker-compose upとunicornを起動しても、本番環境にアクセスできない。

現状

nginx、unicorn共に起動はできています。
dockerのコンテナ、イメージも確認できています。
docker-compose up とbuildはエラーは出ません。

URLは
http://54.178.22.150:3000/
http://54.178.22.150
共にアクセスできません。

nginxを導入するにあたって色々といじってしまった事が原因でアクセスできなくなってしまいました。
元々は、http://54.178.22.150:3000/でアクセスができておりました。

不明点は追記しますので、コメントで教えていただけますと幸いです。

Dockerfile

FROM ruby:2.5.3
ENV DOCKERIZE_VERSION v0.6.1


RUN apt-get update && \
    apt-get install -y --no-install-recommends\
    nodejs  \
    mariadb-client  \
    build-essential  \
    wget \
    && wget https://github.com/jwilder/dockerize/releases/download/$DOCKERIZE_VERSION/dockerize-linux-amd64-$DOCKERIZE_VERSION.tar.gz \
    && tar -C /usr/local/bin -xzvf dockerize-linux-amd64-$DOCKERIZE_VERSION.tar.gz \
    && rm dockerize-linux-amd64-$DOCKERIZE_VERSION.tar.gz \
    && apt-get clean \
    && rm -rf /var/lib/apt/lists/*      


RUN mkdir /app_name 

ENV APP_ROOT /app_name 
WORKDIR $APP_ROOT

ADD ./Gemfile $APP_ROOT/Gemfile
ADD ./Gemfile.lock $APP_ROOT/Gemfile.lock
RUN gem install bundler
# Gemfileのbundle install
RUN bundle install
ADD . $APP_ROOT

docker-compose.yml

version: '3'
services:
  db:
    image: mysql:5.6.49
    environment:
      MYSQL_ROOT_PASSWORD: password
      MYSQL_DATABASE: root
    ports:
      - "4306:3306"

  web:
    build: .
    command: dockerize -wait tcp://db:3306 -timeout 20s bundle exec unicorn -p 3000 -c /L-MGMT/config/unicorn.conf.rb
    volumes:
      - .:/app_name
    ports:
      - "3000:3000"
    links:
      - db

  nginx:
    build:
      context: ./nginx
      dockerfile: Dockerfile
    ports:
      - 81:80
    restart: always 
    depends_on:
      - web 

nginx/Dockerfile

FROM nginx:stable

RUN rm -f /etc/nginx/conf.d/*

COPY nginx.conf /etc/nginx/conf.d/myapp.conf


CMD /usr/sbin/nginx -g 'daemon off;' -c /etc/nginx/nginx.conf

nginx.conf

upstream unicorn {
  #ユニコーンソケットの設定
  server unix:/L-MGMT/tmp/sockets/.unicorn.sock fail_timeout=0;
}

server {
  #IPとポートの指定
  listen 80 default;
  #サーバーネームの指定
  server_name localhost;

  access_log /var/log/nginx/access.log;
  error_log  /var/log/nginx/error.log;
  #ドキュメントルートの指定
  root /L-MGMT/public;

  client_max_body_size 100m;
  error_page 404             /404.html;
  error_page 505 502 503 504 /500.html;
  try_files  $uri/index.html $uri @unicorn;
  keepalive_timeout 5;

  location @unicorn {
    proxy_set_header X-Real-IP $remote_addr;
    proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for;
    proxy_set_header Host $http_host;
    proxy_pass http://unicorn;
  }
}

unicorn.conf

$worker  = 2
  $timeout = 30
  $app_dir = "/L-MGMT"
  $listen  = File.expand_path 'tmp/sockets/.unicorn.sock', $app_dir
  $pid     = File.expand_path 'tmp/pids/unicorn.pid', $app_dir
  $std_log = File.expand_path 'log/unicorn.log', $app_dir
  # set config
  worker_processes  $worker
  working_directory $app_dir
  stderr_path $std_log
  stdout_path $std_log
  timeout $timeout
  listen  $listen
  pid $pid
  # loading booster
  preload_app true
  # before starting processes
  before_fork do |server, worker|
    defined?(ActiveRecord::Base) and ActiveRecord::Base.connection.disconnect!
    old_pid = "#{server.config[:pid]}.oldbin"
    if old_pid != server.pid
      begin
        Process.kill "QUIT", File.read(old_pid).to_i
      rescue Errno::ENOENT, Errno::ESRCH
      end
    end
  end
  # after finishing processes
  after_fork do |server, worker|
    defined?(ActiveRecord::Base) and ActiveRecord::Base.establish_connection
  end

unicorn.rb

app_path = File.expand_path('../../', __FILE__)

worker_processes 1

working_directory app_path

pid "#{app_path}/tmp/pids/unicorn.pid"

listen "#{app_path}/tmp/sockets/unicorn.sock"

stderr_path "#{app_path}/log/unicorn.stderr.log"

stdout_path "#{app_path}/log/unicorn.stdout.log"

timeout 60


preload_app true
GC.respond_to?(:copy_on_write_friendly=) && GC.copy_on_write_friendly = true

check_client_connection false

run_once = true

before_fork do |server, worker|
  defined?(ActiveRecord::Base) &&
    ActiveRecord::Base.connection
    if run_once
      run_once = false # prevent from firing again
    end

    old_pid = "#{server.config[:pid]}.oldbin"
    if File.exist?(old_pid) && server.pid != old_pid
      begin
        sig = (worker.nr + 1) >= server.worker_processes ? :QUIT : :TTOU
        Process.kill(sig, File.read(old_pid).to_i)
      rescue Errno::ENOENT, Errno::ESRCH => e
        logger.error e
      end
    end
  end

  after_fork do |_server, _worker|
    defined?(ActiveRecord::Base) && ActiveRecord::Base.establish_connection
  end
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

+1

ports:

  • 81:80

とあるので、80:80に修正すればnginxに到達するようにはなりそうです。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

0

外していたら申し訳ないのですが、nginx.confの先頭部分を以下のようにしたらどうでしょうか?

upstream unicorn {
  #ユニコーンソケットの設定
  server web:3000 fail_timeout=0;
}

docker-cmopose.ymlを見る限りでは nginxのコンテナ内に /L-MGMT/tmp/sockets/.unicorn.sock というファイルは存在しないと思われます。
(docker exec -it 等で調べてみてください。もし、nginxコンテナにこのファイルが存在していたら、この回答は大ハズレなので無視してください。)

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2020/10/13 14:05

    変わらなかったです汗
    しかしながら、問題点のご指摘、ありがとうございます!

    キャンセル

  • 2020/10/13 14:10

    外してしまいましたか…お役にたてずもうしわけない

    キャンセル

  • 2020/10/13 14:14

    心強いです。。ありがとうございます💦

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.61%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る