質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.49%

Android Studio最新版に今まで作成していたファイルを移したら予期せぬエラーが。。。

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,880

score 12

前提・実現したいこと

Android Studio上のDart, Flutterで、日本語の動詞の活用形に特化した辞書アプリを作っています。

Android Studioの最新版を入手し、前に作っていたファイルをそのまま移したら、今までエラーじゃなかった(はずの)部分にエラーが発生してしまっています。

発生している問題・エラーメッセージ

lib/MainTabs/Search/Words/WordTabs/AppbarDetails/flexible_header.dart:52:11: Error: No named parameter with the name 'child'.
          child: SliverAppBar(
          ^^^^^
/Users/akashimasao/development/flutter/packages/flutter/lib/src/widgets/nested_scroll_view.dart:1723:9: Context: Found this candidate, but the arguments don't match.
  const SliverOverlapAbsorber({
        ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


FAILURE: Build failed with an exception.

* Where:
Script '/Users/akashimasao/development/flutter/packages/flutter_tools/gradle/flutter.gradle' line: 896

* What went wrong:
Execution failed for task ':app:compileFlutterBuildDebug'.
> Process 'command '/Users/akashimasao/development/flutter/bin/flutter'' finished with non-zero exit value 1

* Try:
Run with --stacktrace option to get the stack trace. Run with --info or --debug option to get more log output. Run with --scan to get full insights.

* Get more help at https://help.gradle.org

BUILD FAILED in 59s
Exception: Gradle task assembleDebug failed with exit code 1


他にも、この問題のchildにカーソルを当てると、
The named parameter "child" isn't defined. と表示され、
Convert to "children"と提案してくれますが、それにしてもエラーのままです。

該当のソースコード

単語(動詞)の詳細を

import 'package:dictionary/MainTabs/Search/search.dart';
import 'package:flutter/material.dart';

import 'package:dictionary/Models/singleton.dart';
import 'package:dictionary/Models/verbs_data.dart';

import '../AppbarDetails/flexible_header_bloc.dart';
import '../AppbarDetails/header_texts.dart';

class FlexibleHeader extends StatefulWidget {
  final bool allowBlocStateUpdates;
  final bool innerBoxIsScrolled;

  const FlexibleHeader(
      {Key key, this.allowBlocStateUpdates, this.innerBoxIsScrolled})
      : super(key: key);

  @override
  _FlexibleHeaderState createState() => _FlexibleHeaderState();
}

class _FlexibleHeaderState extends State<FlexibleHeader> {
  FlexibleHeaderBloc bloc;

  @override
  void initState() {
    super.initState();
    bloc = FlexibleHeaderBloc();
  }

  @override
  void dispose() {
    super.dispose();
    bloc.dispose();
  }

  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    Verb verb = Verb.getInstance();
    VerbsData verbsData = verb.verb;

    return StreamBuilder(
      initialData: bloc.initial(),
      stream: bloc.stream,
      builder:
          (BuildContext context, AsyncSnapshot<FlexibleHeaderState> stream) {
        FlexibleHeaderState state = stream.data;

        // Main widget responsible for the effect
        return SliverOverlapAbsorber(
          handle: NestedScrollView.sliverOverlapAbsorberHandleFor(context),
          child: SliverAppBar(
          expandedHeight: 100,
          pinned: true,
          primary: true,
          leading: Opacity(
            opacity: state.opacityAppBar,
            child: IconButton(icon: new Icon(Icons.arrow_back),
            onPressed: () {
              Navigator.push(
                context,
                MaterialPageRoute(
                  builder: (context) => Search(),
                ),
              );
            },),
          ),
          title: Opacity(
            opacity: state.opacityAppBar,
            child: Text(verbsData.main_word + '  /  ' + verbsData.romaji),
          ),
          forceElevated: widget.innerBoxIsScrolled,
          flexibleSpace: LayoutBuilder(
            builder: (BuildContext context, BoxConstraints constraints) {
              if (widget.allowBlocStateUpdates) {
                bloc.update(state, constraints.maxHeight);
              }

              return Opacity(
                opacity: state.opacityFlexible,
                child: FlexibleSpaceBar(
                  collapseMode: CollapseMode.parallax,
                  centerTitle: true,
                  title: Column(
                    mainAxisAlignment: MainAxisAlignment.end,
                    children: <Widget>[
                      Flexible(child: FlexHeaderFurigana()),
                      Flexible(child: FlexHeaderMain()),
                      Flexible(child: FlexHeaderRomaji()),
                    ],
                  ),
                  background: Container(color: Colors.redAccent),
                ),
              );
            },
          )),
        );
      },
    );
  }
}

試したこと

Flutter doctor 関連でエラーが見つかる、という記事をみたのですが、よく分かりません。
イメージ説明

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

2020年8月末に Android Studio を最新版にしました。
MacOSです。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

おそらくAndroid Studioは関係なく、Flutter本体のアップデートによるものだと思います。
以下のコミットでchildという引数が廃止され、代わりにsliverという名前の引数を受け取るようになってます。

- child: SliverAppBar(
+ sliver: SliverAppBar(

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2020/09/16 21:35

    エラーじゃなくなりました!ありがとうございます。そのようなアップデート関連のエラーを解決するには何と検索すればいいのでしょうか?

    キャンセル

  • 2020/09/16 22:24

    検索方法はエラーの内容によって色々です。

    今回であれば、エラーが出ているSliverOverlapAbsorberの公式ドキュメントを見れば、childという引数が無く、代わりにsliverという引数が存在しているのがわかると思います。
    https://api.flutter.dev/flutter/widgets/SliverOverlapAbsorber/SliverOverlapAbsorber.html

    前はエラーが出ていなかったということから、アップデートによって元々存在していたchildという引数が無くなったと推測できます。

    キャンセル

  • 2020/09/18 17:38

    このimplementationに書いてある文字が、使用する際に必要な要素なのですね!公式ドキュメントの読み方がわからず困っていましたが、見る場所が少し分かりました。ありがとうございます!

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.49%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る