質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.59%

Electron上でseleniumが実行できない。session not created: No matching capabilities found

受付中

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 961

score 80

ここのサイト にも同様の質問がされていますが、

公式のサイトのWebDriverJsを参考にして、Electron上でSeleniumを実行したいのですが、以下のエラーが出てElectronが起動しません。

(node:16636) UnhandledPromiseRejectionWarning: SessionNotCreatedError: session not created: No matching capabilities found
    at Object.throwDecodedError (/Users/xxx/Desktop/Electron/quick/electron-quick-start/node_modules/selenium-webdriver/lib/error.js:550:15)
    at parseHttpResponse (/Users/xxx/Desktop/Electron/quick/electron-quick-start/node_modules/selenium-webdriver/lib/http.js:565:13)
    at Executor.execute (/Users/xxx/Desktop/Electron/quick/electron-quick-start/node_modules/selenium-webdriver/lib/http.js:491:26)
    at processTicksAndRejections (internal/process/task_queues.js:97:5)
(node:16636) UnhandledPromiseRejectionWarning: Unhandled promise rejection. This error originated either by throwing inside of an async function without a catch block, or by rejecting a promise which was not handled with .catch(). To terminate the node process on unhandled promise rejection, use the CLI flag `--unhandled-rejections=strict` (see https://nodejs.org/api/cli.html#cli_unhandled_rejections_mode). (rejection id: 1)
(node:16636) [DEP0018] DeprecationWarning: Unhandled promise rejections are deprecated. In the future, promise rejections that are not handled will terminate the Node.js process with a non-zero exit code.
(node:16636) UnhandledPromiseRejectionWarning: SessionNotCreatedError: session not created: No matching capabilities found
    at Object.throwDecodedError (/Users/xxx/Desktop/Electron/quick/electron-quick-start/node_modules/selenium-webdriver/lib/error.js:550:15)
    at parseHttpResponse (/Users/xxx/Desktop/Electron/quick/electron-quick-start/node_modules/selenium-webdriver/lib/http.js:565:13)
    at Executor.execute (/Users/xxx/Desktop/Electron/quick/electron-quick-start/node_modules/selenium-webdriver/lib/http.js:491:26)
    at processTicksAndRejections (internal/process/task_queues.js:97:5)
(node:16636) UnhandledPromiseRejectionWarning: Unhandled promise rejection. This error originated either by throwing inside of an async function without a catch block, or by rejecting a promise which was not handled with .catch(). To terminate the node process on unhandled promise rejection, use the CLI flag `--unhandled-rejections=strict` (see https://nodejs.org/api/cli.html#cli_unhandled_rejections_mode). (rejection id: 2)


Version
chromium: 85.0.4183.93
Electron: 10.1.1.
ChromeDriver 85.0.4183.84

ソースコードはhttps://github.com/electron/electron-quick-startのmain.jsにseleniumのコードを加えただけです。

導入はhttps://www.electronjs.org/の公式にあるように、

# Quick Start リポジトリを clone する
$ git clone https://github.com/electron/electron-quick-start

# リポジトリに移動
$ cd electron-quick-start

# 依存ライブラリをインストールし、実行
$ npm install 

$ npm start


に従いました。

なお、seleniumを加えた追加箇所のコード(main.js)は

// Modules to control application life and create native browser window
const { app, BrowserWindow } = require("electron");
const path = require("path");


const webdriver = require("selenium-webdriver");

function createWindow() {
  // Create the browser window.
  const mainWindow = new BrowserWindow({
    width: 800,
    height: 600,
    webPreferences: {
      preload: path.join(__dirname, "preload.js"),
    },
  });

  // and load the index.html of the app.
  mainWindow.loadFile("index.html");

  // Open the DevTools.
  // mainWindow.webContents.openDevTools()

///////////////////////////加えたselenium部分//////////////////////////////////
  const driver = new webdriver.Builder()
    // The "9515" is the port opened by chrome driver.
    .usingServer("http://localhost:9515")
    .withCapabilities({
      chromeOptions: {
        // Here is the path to your Electron binary.
        binary:
          "/Users/s_o813/Desktop/Electron/quick/electron-quick-start/node_modules/electron/dist/Electron.app/Contents/MacOS/Electron",
      },
    })
    .forBrowser("electron")
    .build();

  driver.get("http://www.google.com");
  driver.findElement(webdriver.By.name("q")).sendKeys("webdriver");
  driver.findElement(webdriver.By.name("btnG")).click();
  driver.wait(() => {
    return driver.getTitle().then((title) => {
      return title === "webdriver - Google Search";
    });
  }, 1000);
}
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////

// This method will be called when Electron has finished
// initialization and is ready to create browser windows.
// Some APIs can only be used after this event occurs.
app.whenReady().then(() => {
  createWindow();

  app.on("activate", function () {
    // On macOS it's common to re-create a window in the app when the
    // dock icon is clicked and there are no other windows open.
    if (BrowserWindow.getAllWindows().length === 0) createWindow();
  });
});

// Quit when all windows are closed, except on macOS. There, it's common
// for applications and their menu bar to stay active until the user quits
// explicitly with Cmd + Q.
app.on("window-all-closed", function () {
  if (process.platform !== "darwin") app.quit();
});

// In this file you can include the rest of your app's specific main process
// code. You can also put them in separate files and require them here.

よろしくお願いいたします。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

0

やりたいことの趣旨からは外れるかもしれませんが、こちらを使うとelectronのBrowserWindowを一つ立てて、Seleniumが走ります。
https://www.npmjs.com/package/puppeteer-in-electron

すでにあるelectronアプリに組み込む場合は、こちらが参考になりますが、
https://officeforest.org/wp/2020/02/26/electron%E3%81%A7puppeteer%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%AB%E3%81%97%E3%81%9F/

こちらのサイト制作者の方はNPM公式にある

await pie.initialize(app);
const browser = await pie.connect(app, puppeteer);


pie.initialize(app)を書き忘れているらしくエラーが出ます。

ご注意ください。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.59%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る