質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.77%

Java EE6のManaged Beanって何ですか?

受付中

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 2
  • VIEW 3,360

score 17

Java EE6のManaged Beanって何なのかモヤモヤしています。
例えば、下記のようにJAX-RSアノテーション@Pathをつけた
Beanのことでしょうか?

@Path("/book")
public class BookResource{
  ~~ メソッドなどは省略 ~~
}

それとも下記のようにCDIのアノテーション
javax.enterprise.context.RequestScopedをつけた
Beanのことでしょうか?

@Path("/book")
@RequestScoped
public class BookResource{
  ~~ メソッドなどは省略 ~~
}

おそらく今回モヤモヤしていることの答えはThe Java EE 6 Tutorial か Java EE 6 Technologies に
記載されてると思い込んでますが見つけることができていません。

 質問に至る背景

現在、Java EE6でRest Webサービスを作成しています。
下記2つのチュートリアルを参考にしました。

  1. Integrating JAX-RS with EJB Technology and CDI
  2. Using Interceptors in CDI Applications

上記チュートリアルよりJavaEE6ではJAX-RSとCDIは
組み合わせてつかえると理解しました。
この結果、下記のようなコードになりました。
(@DefaultProcessアノテーションは自作したものです。)

@Path("/book")
@RequestScoped
@DefaultProcess
public class BookResource{
  @Inject BookResourceService ts;
  ~~ メソッドなどは省略 ~~
}


上記のコードはBookResourceクラスにたいして下記手順でアノテーション付与し作成しました。
(BookResourceクラスは質問のためのサンプルクラス)

 BookResourceクラス作成手順
  1. JAX-RSのアノテーション@PathをつけてBookResourceクラスをJAX-RSのビーンにする。
  2. CDIアノテーション@RequestScopedをつけてCDIビーンにする。これにより、@InjectでコンテナからEJBをインジェクト可能。
  3. 上記のチュートリアル(Using Interceptors in CDI Applications)を参考にInterceptors関連の設定(bean.xml)、Interceptor関連のクラスとアノテーションを作成。ここで作成したアノテーションは@DefaultProcess。
  4. 3で作成したアノテーション@DefaultProcessをBookResourceクラスに付与。
 BookResourceクラス動作確認結果

Embedded GlassFish All In One 3.1.1 で動作すること確認できました.

 BookResourceクラス動作確認後もモヤモヤしていること

チュートリアル(Using Interceptors in CDI Applications)に記載のIntercepterが
なぜ動作するのかモヤモヤしています。
私の解釈では @RequestScopedアノテーションを付与してBookResourceクラスが
Managed Beanというものになったため、Intercepterの仕組みが動作するように
なったのだと思っています。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

+2

チュートリアルなど利用されているので、お調べ済みかも知れませんが。
ManagedBeanはJ2EEの頃からJSFとセットで実装されており、CDIはJavaEE6からの実装となる後発の機能です。勉強不足なのでCDIがManagedBeanの完全なサブセットとなるのかは知らないのですが、アノテーションは共通のものが多く、誤り混在してしまう恐れもあるようです。

JavaEE6アノテーションの使い分けについて

過去資産を利用するのでは無く、最新環境で開発を始めるのであればCDIで始められたら良いかと思います。TipsがManagedBeanのものであれば、CDIに読み替えれば通常は使えるのではないかと思います。CDIでもIntercepterは使用できます。

最初の質問の「どちらがManagedBeanか?」に関しては、下段のソースが近いですがインポート部が異なります。

package beans;

import javax.faces.bean.ManagedBean;
import javax.faces.bean.RequestScoped;

@ManagedBean
@RequestScoped

public class NewClass {

}

以上、私見を書いてきましたが以下のサイトが分かり易いかもしれません。

ManagedBeanの行方

ご参考までに。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.77%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る