質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.59%

デストラクタのclose

解決済

回答 2

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 456

score 41

下記構文のデストラクタで、

~unique_handle() noexcept
{
Traits::close(m_value);
}

とあります

m_valueをcloseするとはどういう意味なのでしょうか?
これをしなければどうなりますか?

#ifdef _WIN32
#include <windows.h>
#else
typedef void* HANDLE;

#define DWORD     unsigned long
#ifdef _LP64
#define LONG_PTR  long long
#define ULONG_PTR unsigned long long
#else
#define LONG_PTR  long
#define ULONG_PTR unsigned long
#endif
#define INVALID_HANDLE_VALUE ((HANDLE)(LONG_PTR)-1)

struct SECURITY_ATTRIBUTES
{
    DWORD nLength;
    void* lpSecurityDescriptor;
    int bInheritHandle;
};

struct OVERLAPPED
{
    ULONG_PTR Internal;
    ULONG_PTR InternalHigh;
    union {
        struct {
            DWORD Offset;
            DWORD OffsetHigh;
        } DUMMYSTRUCTNAME;

        void* Pointer;
    } DUMMYUNIONNAME;

    HANDLE hEvent;
};

int CloseHandle(HANDLE hObject) { return 0; }
HANDLE CreateFile(char const*,
    DWORD,
    DWORD,
    SECURITY_ATTRIBUTES*,
    DWORD,
    DWORD,
    HANDLE)
{
    return INVALID_HANDLE_VALUE;
}

int ReadFile(HANDLE,
    void*,
    DWORD,
    DWORD*,
    OVERLAPPED*)
{
    return 0;
}

#define GENERIC_READ           0x80000000L
#define GENERIC_WRITE          0x40000000L
#define CREATE_NEW             1
#define CREATE_ALWAYS          2
#define OPEN_EXISTING          3
#define OPEN_ALWAYS            4
#define TRUNCATE_EXISTING      5
#define FILE_SHARE_READ        1
#define FILE_ATTRIBUTE_NORMAL  0x00000080
#endif

#ifdef _UNICODE
#define _T(x)   L ## x
#else
#define _T(x)
#endif

#include <stdio.h>
#include <algorithm>
#include <vector>
#include <stdexcept>
#include <iostream>


template <typename Traits>
class unique_handle
{
    using pointer = typename Traits::pointer;

    pointer m_value;

public:
    unique_handle(unique_handle const&) = delete;
    unique_handle& operator=(unique_handle const&) = delete;

    explicit unique_handle(pointer value = Traits::invalid()) noexcept
        :m_value{ value }
    {}

    unique_handle(unique_handle&& other) noexcept
        : m_value{ other.release() }
    {}

    unique_handle& operator=(unique_handle&& other) noexcept
    {
        if (this != &other)
        {
            reset(other.release());
        }

        return *this;
    }

    ~unique_handle() noexcept
    {
        Traits::close(m_value);
    }

    explicit operator bool() const noexcept
    {
        return m_value != Traits::invalid();
    }

    pointer get() const noexcept
    {
        return m_value;
    }

    pointer release() noexcept
    {
        auto value = m_value;
        m_value = Traits::invalid();
        return value;
    }

    bool reset(pointer value = Traits::invalid()) noexcept
    {
        if (m_value != value)
        {
            Traits::close(m_value);
            m_value = value;
        }

        return static_cast<bool>(*this);
    }

    void swap(unique_handle<Traits>& other) noexcept
    {
        std::swap(m_value, other.m_value);
    }
};

template <typename Traits>
void swap(unique_handle<Traits>& left,
    unique_handle<Traits>& right) noexcept
{
    left.swap(right);
}

template <typename Traits>
bool operator==(
    unique_handle<Traits> const& left,
    unique_handle<Traits> const& right) noexcept
{
    return left.get() == right.get();
}

template <typename Traits>
bool operator!=(
    unique_handle<Traits> const& left,
    unique_handle<Traits> const& right) noexcept
{
    return left.get() != right.get();
}

struct null_handle_traits
{
    using pointer = HANDLE;

    static pointer invalid() noexcept
    {
        return nullptr;
    }

    static void close(pointer value) noexcept
    {
        CloseHandle(value);
    }
};

struct invalid_handle_traits
{
    using pointer = HANDLE;

    static pointer invalid() noexcept
    {
        return INVALID_HANDLE_VALUE;
    }

    static void close(pointer value) noexcept
    {
        CloseHandle(value);
    }
};

using null_handle = unique_handle<null_handle_traits>;
using invalid_handle = unique_handle<invalid_handle_traits>;

void function_that_throws()
{
    throw std::runtime_error("an error has occurred");
}

void bad_handle_example()
{
    bool condition1 = false;
    bool condition2 = true;
    HANDLE handle = CreateFile(_T("server_setting.txt"),
        GENERIC_READ,
        FILE_SHARE_READ,
        nullptr,
        OPEN_EXISTING,
        FILE_ATTRIBUTE_NORMAL,
        nullptr);
    //HANDLE handle = CreateFile(_T("sample.txt"),
    //    GENERIC_READ,
    //    FILE_SHARE_READ,
    //    nullptr,
    //    CREATE_ALWAYS,
    //    FILE_ATTRIBUTE_NORMAL,
    //    nullptr);

    if (handle == INVALID_HANDLE_VALUE)
        return;

    if (condition1)
    {
        CloseHandle(handle);
        return;
    }

    std::vector<char> buffer(1024);
    unsigned long bytesRead = 0;
    ReadFile(handle, buffer.data(), buffer.size(), &bytesRead, nullptr);

    if (condition2)
    {
        // oops, forgot to close handle
        return;
    }

    // throws exception; the next line will not execute
    function_that_throws();

    CloseHandle(handle);
}

void good_handle_example()
{
    bool condition1 = false;
    bool condition2 = true;

    invalid_handle handle{
        CreateFile(_T("server_setting.txt"),
                   GENERIC_READ,
                   FILE_SHARE_READ,
                   nullptr,
                   OPEN_EXISTING,
                   FILE_ATTRIBUTE_NORMAL,
                   nullptr) };

    if (!handle) return;

    if (condition1) return;

    std::vector<char> buffer(1024);
    unsigned long bytesRead = 0;
    ReadFile(handle.get(),
        buffer.data(),
        buffer.size(),
        &bytesRead,
        nullptr);

    if (condition2) return;

    function_that_throws();
}

int main()
{
    try
    {
        bad_handle_example();
    }
    //catch (...) {}
    catch (const std::runtime_error& e) {
        // 例外が発生した!
        std::cout << e.what() << std::endl;
        std::exit(1);
    }
    try
    {
        good_handle_example();
    }
    //catch (...) {}
    catch (const std::runtime_error& e) {
        // 例外が発生した!
        std::cout << e.what() << std::endl;
        std::exit(1);
    }

    return 0;
}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

checkベストアンサー

+1

template <typename Traits>
class unique_handle {
public:
  ~unique_handle() noexcept {
    Traits::close(m_value);
  }
  ...
};


なんだから、デストラクト時に Traits::close(m_value) される、と。
これで何が起こるかは Traits::close 次第です。
たとえば

struct invalid_handle_traits {
    using pointer = HANDLE;

    static pointer invalid() noexcept {
        return INVALID_HANDLE_VALUE;
    }

    static void close(pointer value) noexcept {
        CloseHandle(value);
    }
};


コレ↑が Traitsとして使われたなら

  ~unique_handle() noexcept {
    CloseHandle(m_value);
  }


と同じことです。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

+1

この場合での Traits::close は結果的に null_handle_traits か invalid_handle_traits の close なので Traits::close(m_value); は CloseHandle(m_value) としたのと同じことになります。 もちろん unique_handle を実体化するときの型引数として別の型 (トレイツ) を与えれば別の動作をするでしょう。

Windows API における HANDLE などはデストラクタを持たないので陽に閉じる必要があり、そういったものを C++ の一般的なオブジェクトと同じようにデストラクタで解体するようにラッピングする意図が unique_handle にはあるようです。 ハンドルの性質によっては CloseHandle 以外の方法で後始末する必要があったりもするでしょうから、そういった性質はトレイツとして切り出しています。

やや複雑ではありますが書いてある通りなので何を説明すればよいのか難しいのですが、知りたいのは以上のようなことで良いのでしょうか。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2020/08/29 16:59

    ありがとうございます。
    理解できました。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.59%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る