質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.49%

【cloudformation】cloudtrailのPutObject記述方法

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 563

score 18

cloudformationを用いたcloudtrailの記述方法

"s3:x-amz-acl: bucket-owner-full-control"の必要性が理解できません。

下記参照先(AWS::CloudTrail::Trail)の公式ドキュメントには"すべてのリージョンのイベントを記録する証跡、ログの発行先となる Amazon バケット"という紹介で下記の通りcloudtrailログをputする例が記載されていますが、"StringEquals:s3:x-amz-acl: bucket-owner-full-control"を記述してしまったらバケットの所有者のcloudtrailしか記録されないのではないでしょうか。

※bucket-owner-full-control(アクセスコントロールリスト (ACL) の概要)
オブジェクト所有者とバケット所有者はオブジェクトに対する FULL_CONTROL を取得します。バケットの作成時にこの既定 ACL を指定しても、Amazon S3 には無視されます。

目的

全てのユーザ、ロールが使用したcloudtrailログを収集したいです。

参照先

アクセスコントロールリスト (ACL) の概要

AWS::CloudTrail::Trail
※以下公式ドキュメントより抜粋

 - Sid: AWSCloudTrailWrite
          Effect: Allow
          Principal:
            Service: cloudtrail.amazonaws.com
          Action: s3:PutObject
          Resource: !Sub arn:aws:s3:::${S3PaBucketlogs}/AWSLogs/${AWS::AccountId}/*
          Condition:
            StringEquals:
              s3:x-amz-acl: bucket-owner-full-control
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

ここで言っている「バケットの所有者」とはユーザではなくAWSアカウントを指しているのかと思います。
これは当該アカウントのCloudTrailがS3にPutObjectするためのバケットポリシーを定義しているのであって、CloudTrailが何を記録するかについて設定するものではないです。
 bucket-owner-full-control のACLはS3に上げられたオブジェクトに対する権限を定義した既定ACLで、それに沿った権限でS3にオブジェクトが保存される、ということでしょう。
なので、CloudTrailそのものの挙動には関係ありません。

CloudTrailについての設定をしているのはサンプルだとこの部分です。
何をどう記録するかはここの部分をドキュメントを読みながらいじれば良さそうです。

    myTrail: 
      DependsOn: 
        - BucketPolicy
        - TopicPolicy
      Type: AWS::CloudTrail::Trail
      Properties: 
        S3BucketName: 
          Ref: S3Bucket
        SnsTopicName: 
          Fn::GetAtt: 
            - Topic
            - TopicName
        IsLogging: true
        IsMultiRegionTrail: true

参考
AWS S3 をマルチアカウントで使う時の注意

どちらかというとCloudFormationのドキュメントではなくCloudTrailのドキュメントを見たほうがいいかなと
CloudTrail の Amazon S3 バケットのポリシー

おまけ
ちなみにですが、CloudTrailをオンにするStackSetsはAWSがサンプルを用意してくれています。
CloudFormationのコンソールから
StackSets→StackSetsの作成

サンプルテンプレートを使用
から参照するか、
AWS CloudFormation StackSets サンプルテンプレート
にリンクがあるのでそこからダウンロードできます。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2020/08/16 12:52

    理解しやすいご回答をありがとうございます。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.49%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る