質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
C

C言語は、1972年にAT&Tベル研究所の、デニス・リッチーが主体となって作成したプログラミング言語です。 B言語の後継言語として開発されたことからC言語と命名。そのため、表記法などはB言語やALGOLに近いとされています。 Cの拡張版であるC++言語とともに、現在世界中でもっとも普及されているプログラミング言語です。

多次元配列

1次元配列内にさらに配列を格納している配列を、多次元配列と呼びます。

データ構造

データ構造とは、データの集まりをコンピュータの中で効果的に扱うために、一定の形式に系統立てて格納する形式を指します。(配列/連想配列/木構造など)

コードレビュー

コードレビューは、ソフトウェア開発の一工程で、 ソースコードの検査を行い、開発工程で見過ごされた誤りを検出する事で、 ソフトウェア品質を高めるためのものです。

配列

配列は、各データの要素(値または変数)が連続的に並べられたデータ構造です。各配列は添え字(INDEX)で識別されています。

解決済

C言語を用いた簡易成績処理システムの作成<2次元配列と文字列に関する疑問>

SugarNote123
SugarNote123

総合スコア0

C

C言語は、1972年にAT&Tベル研究所の、デニス・リッチーが主体となって作成したプログラミング言語です。 B言語の後継言語として開発されたことからC言語と命名。そのため、表記法などはB言語やALGOLに近いとされています。 Cの拡張版であるC++言語とともに、現在世界中でもっとも普及されているプログラミング言語です。

多次元配列

1次元配列内にさらに配列を格納している配列を、多次元配列と呼びます。

データ構造

データ構造とは、データの集まりをコンピュータの中で効果的に扱うために、一定の形式に系統立てて格納する形式を指します。(配列/連想配列/木構造など)

コードレビュー

コードレビューは、ソフトウェア開発の一工程で、 ソースコードの検査を行い、開発工程で見過ごされた誤りを検出する事で、 ソフトウェア品質を高めるためのものです。

配列

配列は、各データの要素(値または変数)が連続的に並べられたデータ構造です。各配列は添え字(INDEX)で識別されています。

1回答

0評価

0クリップ

14閲覧

投稿2020/07/25 03:42

前提・実現したいこと

大学のC言語の自由課題で、簡易成績処理システムを作成しています。
<仕様>
・成績処理を行う人数を入力し、学生氏名と得点を人数分入力する。
・入力された数値を元に、平均得点、最高得点、最小得点、最高得点者の人数および氏名を出力する。
・なお、成績処理を行う人数を入力後、学生氏名と得点の入力方法を手動と自動(シミュレーター)で選択できるようにする。
・シミュレーターは乱数を取得し、その乱数に従い予め配列に格納された複数の氏名から一つを洗濯して、構造体内の変数に格納する。
・得点も同様に、乱数を用いて0~100の間で取得し構造体内の変数に格納する。

発生している問題・エラーメッセージ

コンパイル時のエラーは特にありません。
発生している問題は以下になります。
2次元配列を利用し文字列を予め格納しておき、乱数を用いてランダムに取り出す際に「佐々木」を取り出す時だけ「佐々木山口」と次の配列要素に格納されている文字まで同時に出力されます。
以下が実行結果になります。

人数を入力してください。人数=30 成績を入力します。 手動入力の場合は「m」をを入力してください。 自動入力(シミュレーション)する場合は「a」を入力してください。 a <結果一覧> Student_1_井上の点数は78 Student_2_山田の点数は24 Student_3_井上の点数は45 Student_4_佐藤の点数は79 Student_5_斎藤の点数は21 Student_6_伊藤の点数は70 Student_7_中村の点数は54 Student_8_佐々木山口の点数は14 Student_9_加藤の点数は42 Student_10_山口の点数は19 Student_11_佐藤の点数は59 Student_12_渡辺の点数は66 Student_13_鈴木の点数は10 Student_14_吉田の点数は78 Student_15_井上の点数は16 Student_16_佐々木山口の点数は90 Student_17_山口の点数は31 Student_18_井上の点数は72 Student_19_伊藤の点数は80 Student_20_小林の点数は78 Student_21_林の点数は6 Student_22_鈴木の点数は62 Student_23_高橋の点数は72 Student_24_斎藤の点数は99 Student_25_中村の点数は58 Student_26_田中の点数は4 Student_27_伊藤の点数は12 Student_28_佐々木山口の点数は23 Student_29_木村の点数は21 Student_30_高橋の点数は88 平均は49.033333である。 最大値は99.000000である。 最小値は4.000000である。 最高得点者の人数は1人です。 最高得点者は以下の通りです。 Student_24_斎藤_99.000000点

ソースコード

c

#include <stdio.h> #include <stdlib.h> #include <string.h> #include <time.h> #define N 1000 //構造体の定義 struct Seiseki{ char*pname;//名前を格納する(ポインタ) int score;//得点を格納する }; //プロトタイプ宣言 struct Seiseki input_Manual(int); struct Seiseki input_Auto(void); float calc_average(int*,struct Seiseki*); float calc_max(int*,struct Seiseki*); float calc_min(int*,struct Seiseki*); void output_students(int*,struct Seiseki*); void output_str(char*,float); void output_max(float,struct Seiseki*); //グローバル変数 int highest;//最高得点者の人数を格納 int highest_number[N];//最高得点者の番号を格納 //main関数 int main(){ int number;//名前を格納する人数を格納する変数 int*pnumber;//numberのアドレス(ポインタ) pnumber=&number; float ave;//平均を格納 float max;//最大値を格納 float min;//最小値を格納 struct Seiseki seiseki[N]; int i; char str[3]; char*pstr; pstr=str; char*pm="m"; char*pa="a"; srand(time(NULL)); printf("人数を入力してください。人数="); scanf("%d",pnumber); printf("成績を入力します。\n"); printf("手動入力の場合は「m」をを入力してください。\n"); printf("自動入力(シミュレーション)する場合は「a」を入力してください。\n"); scanf("%s",str); pstr=(char*)malloc(sizeof(char)*(strlen(str)+1)); strcpy(pstr,str); if(strcmp(pstr,pm)==0){//手動入力の場合の処理 for(i=0;i<*pnumber;i++){ seiseki[i]=input_Manual(i); if(seiseki[i].score>=101||seiseki[i].score<0){ printf("入力エラー。Scoreは0~100の間で入力してください。\n"); i=i-1; }; }; }else if(strcmp(pstr,pa)==0){//自動入力の場合の処理 for(i=0;i<*pnumber;i++){ seiseki[i]=input_Auto(); }; }else{ printf("入力エラー。プログラムを終了します。"); return 0; }; ave=calc_average(pnumber,seiseki); max=calc_max(pnumber,seiseki); min=calc_min(pnumber,seiseki); printf("<結果一覧>\n"); output_students(pnumber,seiseki); output_str("平均",ave); output_str("最大値",max); output_str("最小値",min); output_max(max,seiseki); return 0; } //input_Manual関数 struct Seiseki input_Manual(int i){ struct Seiseki temp; char str[100]; printf("Student_%d_Name=",i+1); scanf("%s",str); temp.pname=(char*)malloc(sizeof(char)*(strlen(str)+1)); strcpy(temp.pname,str); printf("Score="); scanf("%d",&temp.score); return temp; } //input_Auto関数 struct Seiseki input_Auto(){ struct Seiseki temp; int name=0,point=0; char str[20][9]={"佐藤","鈴木","高橋","田中","伊藤","渡辺","山本","中村","小林","加藤", "吉田","山田","佐々木","山口","松本","井上","木村","林","斎藤","清水"}; name=rand()%20;/*乱数を取得*/ temp.pname=(char*)malloc(sizeof(char)*(strlen(str[name])+1)); strcpy(temp.pname,str[name]); point=(rand()%101); temp.score=point; return temp; } //calc_average関数(平均得点の計算) float calc_average(int*pnumber,struct Seiseki*seiseki){ int i,j; float sum,ave; for(i=0;i<*pnumber;i++){ sum=sum+(seiseki[i].score); }; j=*pnumber; ave=sum/(float)j; return ave; } //calc_max関数(最高得点の計算と最高得点者の記録) float calc_max(int*pnumber,struct Seiseki*seiseki){ int i; float max=0; for(i=0; i<*pnumber; i++){ if(max<(seiseki[i]).score){ max=(seiseki[i].score); highest=1; highest_number[highest]=i+1; } else if(max==(seiseki[i].score)){ highest=highest+1; highest_number[highest]=i+1; } }; return max; } //calc_min関数(最小得点を計算) float calc_min(int*pnumber,struct Seiseki*seiseki){ int i; float min=100; for(i=0; i<*pnumber; i++){ if(min>=(seiseki[i].score)){ min=(seiseki[i].score); } }; return min; } //output_students関数(学生ごとの点数を表示する関数) void output_students(int*pnumber,struct Seiseki*seiseki){ int i; for(i=0;i<*pnumber;i++){ printf("Student_%d_%sの点数は%d\n",i+1,(seiseki[i].pname),(seiseki[i].score)); }; } //output_str関数(何らかの実数を文字列とセットに表示する関数) void output_str(char*moziretu,float number){ printf("%sは%fである。\n",moziretu,number); } //output_max関数(最高得点者の人数と氏名を表示する関数) void output_max(float max,struct Seiseki*seiseki){ int i; printf("最高得点者の人数は%d人です。\n",highest); printf("最高得点者は以下の通りです。\n"); for(i=0;i<highest;i++){ printf("Student_%d_",highest_number[i+1]); printf("%s",(seiseki[highest_number[i+1]-1].pname)); printf("_%f点\n",max); }; }

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

C

C言語は、1972年にAT&Tベル研究所の、デニス・リッチーが主体となって作成したプログラミング言語です。 B言語の後継言語として開発されたことからC言語と命名。そのため、表記法などはB言語やALGOLに近いとされています。 Cの拡張版であるC++言語とともに、現在世界中でもっとも普及されているプログラミング言語です。

多次元配列

1次元配列内にさらに配列を格納している配列を、多次元配列と呼びます。

データ構造

データ構造とは、データの集まりをコンピュータの中で効果的に扱うために、一定の形式に系統立てて格納する形式を指します。(配列/連想配列/木構造など)

コードレビュー

コードレビューは、ソフトウェア開発の一工程で、 ソースコードの検査を行い、開発工程で見過ごされた誤りを検出する事で、 ソフトウェア品質を高めるためのものです。

配列

配列は、各データの要素(値または変数)が連続的に並べられたデータ構造です。各配列は添え字(INDEX)で識別されています。