質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.91%

laravel キューについて

受付中

回答 0

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 198

score 4

実現したいこと

現在、laravelを使ってQueueの勉強をしているものです。

/queueにアクセスした際、Jobクラスにてファイルを生成するプログラムを作成中です。
1回目にアクセスした際はうまくファイルが生成されるのですが
2回目以降/queueにアクセスしても queue:work が応答しなくなってしまいます。

ただし、手動でjobsテーブルをDELETE FROM jobs;で削除した後、再度/queueにアクセスすると動くようになります。

よって、実現したいこととしては、jobsテーブルを手動で削除することなく、2回目以降も queue:work が検知してくれるようにしたいです。

バージョン

"require": {
        "php": ">=7.0.0",
        "fideloper/proxy": "~3.3",
        "guzzlehttp/guzzle": "^6.5",
        "laravel/framework": "5.5.*",
        "laravel/tinker": "~1.0",
    },

該当する .env

DB_CONNECTION=mysql

QUEUE_DRIVER=database

該当する .config/queue.php

'default' => env('QUEUE_DRIVER', 'database'),

    'connections' => [

        'sync' => [
            'driver' => 'sync',
        ],

        'database' => [
            'driver' => 'database',
            'table' => 'jobs',
            'queue' => 'default',
            'retry_after' => 90,
        ],

        'beanstalkd' => [
            'driver' => 'beanstalkd',
            'host' => 'localhost',
            'queue' => 'default',
            'retry_after' => 90,
        ],

        'sqs' => [
            'driver' => 'sqs',
            'key' => env('SQS_KEY', 'your-public-key'),
            'secret' => env('SQS_SECRET', 'your-secret-key'),
            'prefix' => env('SQS_PREFIX', 'https://sqs.us-east-1.amazonaws.com/your-account-id'),
            'queue' => env('SQS_QUEUE', 'your-queue-name'),
            'region' => env('SQS_REGION', 'us-east-1'),
        ],

        'redis' => [
            'driver' => 'redis',
            'connection' => 'default',
            'queue' => 'default',
            'retry_after' => 90,
        ],

    ],

コード

<Controller>

class QueueController extends Controller
{
    public function index() {
        $this->dispatch(new SampleJob());
        return view('queue.index');
    }
}


/queueにアクセスした際、上記のControllerにてJobクラスであるSampleJobを呼んでます。

<Jobクラス>

class SampleJob implements ShouldQueue
{
    use Dispatchable, InteractsWithQueue, Queueable, SerializesModels;

    public function __construct(){}

    public function handle()
    {
        $file = sprintf('%s/%s.txt', storage_path('texts'), date('Q-Ymd-His'));
        touch($file);
        $current = file_get_contents($file);
        file_put_contents($file, $current);
    }
}


Jobクラスにて、/storage/texts配下にファイルを生成しています。

試したこと

php artisan queue:work --daemon --queue=high,defaultにてqueue:workを実行しています

最後に

稚拙な文章で大変読みにくいかと思いますが、
お分かりになる方がおられましたらご教示頂きければと存じます。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

まだ回答がついていません

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.91%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る