質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.82%

Youtube Data APIでアクセストークンを取得した後に、リソースサーバーへAPIコールするがSSLエラーとなる

受付中

回答 0

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 393

imaharu

score 32

解決したいこと

Youtube Data APIを利用し、アクセストークンを取得することができた。

取得したアクセストークンでAPIをコールしたところ、以下のようなエラーが出た。

様々な手法を試したが、解決できないため先人の知恵を借りたい。

Sending HTTP get https://www.googleapis.com/youtube/v3/subscriptions?mine=true&part=snippet
Caught error SSL_connect returned=1 errno=0 state=error: certificate verify failed (self signed certificate in certificate chain)
Error - #<OpenSSL::SSL::SSLError: SSL_connect returned=1 errno=0 state=error: certificate verify failed (self signed certificate in certificate chain)>
Completed 500 Internal Server Error in 478679ms (ActiveRecord: 0.0ms | Allocations: 36133)
OpenSSL::SSL::SSLError (SSL_connect returned=1 errno=0 state=error: certificate verify failed (self signed certificate in certificate chain)):

現在わかっていること

取得したアクセストークンを利用し、curlコマンドを実行するとAPIからデータが返却される。

curl  "https://www.googleapis.com/youtube/v3/subscriptions?mine=true&part=snippet&access_token=access_token"

試したこと

  • SSL証明書が、存在すること

OpenSSL::SSL::SSLErrorというエラー内容からSSL証明書が存在しないと推測した。
参照するSSL証明書のPATHを確認するため、$ ruby -ropenssl -e "p OpenSSL::X509::DEFAULT_CERT_FILE"を実行すると、$HOME/.rbenv/versions/2.6.6/openssl/ssl/cert.pemという結果が得られた。
cat $HOME/.rbenv/versions/2.6.6/openssl/ssl/cert.pemを実行し、SSL証明書が存在することがわかった。

実際のコード

require 'google/apis/youtube_v3'
require 'google/api_client/client_secrets'

class Channel::EnrollController < ApplicationController
  def index
    scope = Google::Apis::YoutubeV3::AUTH_YOUTUBE
    redirect_url = "#{channel_enroll_url}/oauth2callback"

    auth_client = authorize_client
    auth_client.update!(
      scope: scope,
      redirect_url: redirect_url
    )
    auth_uri = auth_client.authorization_uri.to_s
    redirect_to auth_uri
  end

  def create
    authorization = Signet::OAuth2::Client.new(
      access_token: session[:access_token]
    )

    youtube_subscription = Google::Apis::YoutubeV3::YouTubeService.new
    youtube_subscription.authorization = authorization

    youtube_subscription.list_subscriptions("snippet", mine: true) ## ここで、エラーになる
  end

  def oauth2callback
    auth_client = authorize_client
    auth_client.code = request['code']
    auth_client.fetch_access_token!
    auth_client.client_secret = nil
    session[:access_token] = JSON.parse(auth_client.to_json)["access_token"]
    redirect_to channel_enroll_create_url
  end

  private

  def authorize_client
    file_path = "config/google_secret/client_secret.json"
    client_secrets = Google::APIClient::ClientSecrets.load(file_path)
    client_secrets.to_authorization
  end
end
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

まだ回答がついていません

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.82%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • トップ
  • Rubyに関する質問
  • Youtube Data APIでアクセストークンを取得した後に、リソースサーバーへAPIコールするがSSLエラーとなる