質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.48%

Rails 複数テーブルのデータを一括保存したい

受付中

回答 0

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 508

score 18

【実現したいこと】
1つの画面で、複数のテーブルを一括でDB(Postgres)に登録したいが、
1つのテーブルにしか登録されないので解決したいのですが、登録できない原因を考えても解決できなかったので、どのように実装したら解決できるのか、教えて頂けませんでしょうか。
(今後同じような質問を繰り返さないためにも、どのような思考過程を踏んだのかも合わせてご教示頂けますと幸いです)

【状況】
Rails:5.2.4.3
ruby:2.6.5
DB:postgres
Railsの学習から1ヶ月目(独学)

DB設計は下記の通り。
([]内には、今回DBに保存したいテーブルの属性を指す)

・Userテーブル(deviseでログイン機能実装)⇆Recordテーブル = [:training_date, :learning_point ]
※user_idで紐付け
・Recordテーブル ⇆ Outputテーブル = [:output_name]
・Recordテーブル ⇆ Practiceテーブル = [:practice_item, :practice_time]
・Recordテーブル ⇆ Taskテーブル = [:task_name]
※record_idで紐付け

schema.rb

ActiveRecord::Schema.define(version: 2020_05_25_064157) do

  # These are extensions that must be enabled in order to support this database
  enable_extension "plpgsql"

  create_table "outputs", force: :cascade do |t|
    t.text "output_name"
    t.bigint "record_id"
    t.datetime "created_at", null: false
    t.datetime "updated_at", null: false
    t.index ["record_id"], name: "index_outputs_on_record_id"
  end

  create_table "practices", force: :cascade do |t|
    t.string "practice_item"
    t.integer "practice_time"
    t.bigint "record_id"
    t.datetime "created_at", null: false
    t.datetime "updated_at", null: false
    t.index ["record_id"], name: "index_practices_on_record_id"
  end

  create_table "records", force: :cascade do |t|
    t.string "user_id"
    t.text "learning_point"
    t.date "training_date"
    t.datetime "created_at", null: false
    t.datetime "updated_at", null: false
  end

  create_table "tasks", force: :cascade do |t|
    t.text "task_name"
    t.bigint "record_id"
    t.datetime "created_at", null: false
    t.datetime "updated_at", null: false
    t.index ["record_id"], name: "index_tasks_on_record_id"
  end

  create_table "users", force: :cascade do |t|
    t.string "email", default: "", null: false
    t.string "encrypted_password", default: "", null: false
    t.string "reset_password_token"
    t.datetime "reset_password_sent_at"
    t.datetime "remember_created_at"
    t.datetime "created_at", null: false
    t.datetime "updated_at", null: false
    t.index ["email"], name: "index_users_on_email", unique: true
    t.index ["reset_password_token"], name: "index_users_on_reset_password_token", unique: true
  end

  add_foreign_key "outputs", "records"
  add_foreign_key "practices", "records"
  add_foreign_key "tasks", "records"
end

routes.rb

Rails.application.routes.draw do
  devise_for :users
  root to: 'records#index'
  resources :records
  # For details on the DSL available within this file, see http://guides.rubyonrails.org/routing.html
end

Controller

class RecordsController < ApplicationController
  before_action :set_user

  def index
    @records = Record.all.order(created_at: 'desc')
  end

  def show
    @record = Record.find(params[:id])
  end

  def new
    @record = Record.new
    output = @record.outputs.build
    practice = @record.practices.build
    task = @record.tasks.build
  end

  def create
    @record = Record.new(record_params)
    output = @record.outputs.build
    practice = @record.practices.build
    task = @record.tasks.build
    if @record.save
      redirect_to records_url, notice: "練習内容の登録が完了しました。"
    else
      flash[:alert] = "登録に失敗しました。"
      render :new
    end
  end

  def edit
    @records = Record.all
  end

index.htmnl.slim
※デザインはまだ実装していないです

h1 練習記録一覧
.container
  .row
    .col-sm-6
      .form-group
        #datetimepicker4.input-group.date[data-target-input="nearest"]
          input.form-control.datetimepicker-input[type="text" data-target="#datetimepicker4"]
          .input-group-append[data-target="#datetimepicker4" data-toggle="datetimepicker"]
            .input-group-text
              i.fa.fa-calendar
    script[type="text/javascript"]
      |  $(function () { $('#datetimepicker4').datetimepicker({ format: 'L' }); });

.d-flex
  .col-4.text-align: center
    = link_to '新規登録', new_record_path, class: 'btn btn-primary'
  .col-4.text-align: center
    = link_to 'リマインダー設定', new_record_path, class: 'btn btn-primary'
  .col-4.text-align: center
    = link_to 'レポートを見る', new_record_path, class: 'btn btn-primary'

table
  thead
    tr
      th 練習日
  tbody
    - @records.each do | record |
      tr
        td= link_to record.training_date, record
        td= link_to "編集", edit_record_path(record), class: 'btn btn-primary mr-3'
        td= link_to "削除", @record, method: :delete, data: { confirm: "本当に削除してもよろしいでしょうか?"}, class: 'btn btn-danger'

イメージ説明

以上です。
もし他に必要な内容があれば、開示しますので、何卒よろしくお願い致します。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

まだ回答がついていません

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.48%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る