質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
86.12%
Laravel

LaravelとはTaylor Otwellによって開発された、オープンソースなPHPフレームワークです。Laravelはシンプルで表現的なシンタックスを持ち合わせており、ウェブアプリケーション開発の手助けをしてくれます。

PHP

PHPは、Webサイト構築に特化して開発されたプログラミング言語です。大きな特徴のひとつは、HTMLに直接プログラムを埋め込むことができるという点です。PHPを用いることで、HTMLを動的コンテンツとして出力できます。HTMLがそのままブラウザに表示されるのに対し、PHPプログラムはサーバ側で実行された結果がブラウザに表示されるため、PHPスクリプトは「サーバサイドスクリプト」と呼ばれています。

Laravel 5

Laravel 5は、PHPフレームワークLaravelの最新バージョンで、2014年11月に発表予定です。ディレクトリ構造がが現行版より大幅に変更されるほか、メソッドインジェクションやFormRequestの利用が可能になります。

解決済

Laravel5.2 カスタムバリデーションの実装

YATORI
YATORI

総合スコア13

Laravel

LaravelとはTaylor Otwellによって開発された、オープンソースなPHPフレームワークです。Laravelはシンプルで表現的なシンタックスを持ち合わせており、ウェブアプリケーション開発の手助けをしてくれます。

PHP

PHPは、Webサイト構築に特化して開発されたプログラミング言語です。大きな特徴のひとつは、HTMLに直接プログラムを埋め込むことができるという点です。PHPを用いることで、HTMLを動的コンテンツとして出力できます。HTMLがそのままブラウザに表示されるのに対し、PHPプログラムはサーバ側で実行された結果がブラウザに表示されるため、PHPスクリプトは「サーバサイドスクリプト」と呼ばれています。

Laravel 5

Laravel 5は、PHPフレームワークLaravelの最新バージョンで、2014年11月に発表予定です。ディレクトリ構造がが現行版より大幅に変更されるほか、メソッドインジェクションやFormRequestの利用が可能になります。

1回答

0リアクション

0クリップ

4391閲覧

投稿2016/02/03 01:47

###前提・実現したいこと
Laraveのカスタムバリデーションを実装したい。

###ソースコード
◆大まかな流れ
0. Illuminate\Validation\Validatorを継承したクラスでルールを定義
0. サービスプロバイダを定義
0. サービスプロバイダを登録
0. カスタムバリデーションを使う

◆Illuminate\Validation\Validatorを継承したクラスでルールを定義
※確認のため、強制的にバリデートエラーとなるようにfalseを返しています。

PHP

// <?php namespace App\Services; class CustomValidator extends \Illuminate\Validation\Validator { public function validateFoo($attribute,$value,$parameters) { return false; } }

◆サービスプロバイダを定義
ServiceProviderのひな形を下記コマンドで作成。

artisan make:provider

PHP

<?php namespace App\Providers; use Illuminate\Support\ServiceProvider; use App\Services\CustomValidator; class ValidatorServiceProvider extends ServiceProvider { /** * Bootstrap the application services. * * @return void */ public function boot() { \Validator::resolver(function($translator, $data, $rules, $messages) { return new CustomValidator($translator, $data, $rules, $messages); }); } /** * Register the application services. * * @return void */ public function register() { // } }

◆サービスプロバイダを登録
config/app.php の'providers' 配列にプロバイダを登録

PHP

'App\Providers\ValidatorServiceProvider',

◆カスタムバリデーションを使う

PHP

<?php namespace App\Http\Controllers; use Illuminate\Http\Request; use App\Http\Requests; use App\Http\Controllers\Controller; class TestController extends Controller { public function index() { return view('valtest'); } public function store(Request $request) { $rules = [ 'text1' => 'required', 'text2' => 'foo', ]; $messages = [ 'text2.foo'=>'text2がエラーです', ]; // バリデーション実行 $this->validate($request,$rules,$messages); return view('valtest'); } }

◆view
text1とtext2のリクエストフォームを実装し、
エラーメッセージが表示されるよう

@if ($errors->any()) <div class="alert alert-danger"> <ul> @foreach($errors->all() as $error) <li>{{ $error }}</li> @endforeach </ul> </div> @endif

を@include しています。

###発生している問題
カスタムバリデーションから期待するエラーメッセージがviewに表示されない。

フォームのtext1、text2を未入力でsummitボタンを押下すると、
text1のバリデーション('required')のみエラーと判断されて
画面上に「text1は必ず指定してください。」と表示されますが、
カスタムバリデーションをルールに指定したtext2がエラーと判断されていないようです。

どこから間違っているのかも分からず・・・
どなたか、お力添え頂ければ幸いです。

###補足情報(言語/FW/ツール等のバージョンなど)
・XAMPP
・Laravel 5.2.7
・PHP 7.0.1

以下のような質問にはリアクションをつけましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

リアクションが多い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

下記のような質問は推奨されていません。

  • 間違っている
  • 質問になっていない投稿
  • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

適切な質問に修正を依頼しましょう。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

アカウントをお持ちの方は

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
86.12%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

Laravel

LaravelとはTaylor Otwellによって開発された、オープンソースなPHPフレームワークです。Laravelはシンプルで表現的なシンタックスを持ち合わせており、ウェブアプリケーション開発の手助けをしてくれます。

PHP

PHPは、Webサイト構築に特化して開発されたプログラミング言語です。大きな特徴のひとつは、HTMLに直接プログラムを埋め込むことができるという点です。PHPを用いることで、HTMLを動的コンテンツとして出力できます。HTMLがそのままブラウザに表示されるのに対し、PHPプログラムはサーバ側で実行された結果がブラウザに表示されるため、PHPスクリプトは「サーバサイドスクリプト」と呼ばれています。

Laravel 5

Laravel 5は、PHPフレームワークLaravelの最新バージョンで、2014年11月に発表予定です。ディレクトリ構造がが現行版より大幅に変更されるほか、メソッドインジェクションやFormRequestの利用が可能になります。